2018年競馬予想記事

【弥生賞2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回は弥生賞過去データ分析となります。

今回の出走メンバーを、ざっと見たところ、
弥生賞2018上位拮抗の戦いとなります。

ダノンプレミアム、ワグネリアン、オブセッション。
世代最強の呼び声も高い、評判馬たちが揃いぶみ。
クラッシック戦線の、前哨戦なりそうなメンバーとなりました。
これは、非常に難解なレースなるなと思っています。

なので、今回の弥生賞過去データ分析では、

そんな上位拮抗ムードの中、過去データ的に有利な馬はどの馬なのか。
本当に上位拮抗なのか。過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、弥生賞過去データ分析に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



弥生賞 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・所属。大きく分けてこの4つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが、弥生賞過去10年「人気別データ」となります。

このデータで目につくのは、5~9番人気の好走でしょうか。
過去10年で、馬券圏内を11回確保。これは高めの水準になっています。
単複回収値に目を向けると、それが顕著に出ているでしょう。

1~4番人気も、高い確率で来ているのですが、
これは他のレースと比べてしまうと、やや低めかなと思います。

弥生賞はやや荒れる傾向にあるレースなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方を確認していきましょうか。

単勝オッズ別データでは、15.0~29.9倍辺りまでが良い感じです。
それぞれ単勝回収値は200付近、複勝回収値は100くらいをマーク。
人気どころも悪くないですが、回収率を考えると15.0~29.9倍が狙い目でしょう。

やや荒れるという傾向にも合致しますし、これは間違いないデータのはずです。

枠順別データ

次に、弥生賞過去10年「枠順別データ」となります。

これもハッキリとした傾向が出ていて、内枠有利で間違いないはずです。
勝ち数こそ少な目ですが、複勝率は2枠40%超え、3枠50%ですからね。
複勝回収値も、2~4枠が100超えとなっています。

ただ、注意が必要なのは最内枠(1枠)の扱いです。
内枠が揃って良績を残している中で、1枠だけは微妙です。
弥生賞は若駒戦ですから、揉まれやすい最内枠は良くないのでしょう。

弥生賞は圧倒的な内枠有利傾向にある。ただし1枠は要注意。
これは、覚えておいた方がいいデータになると思います。

スポンサーリンク

脚質別データ

続いて、弥生賞過去10年「脚質別データ」となります。

これはやや判断に難しいところですが、先行・差しが有利といったところでしょうか。

逃げ先行、差し追い込み。どちらが有利とも言い難いです。
その代わり、中間択である先行馬と差し馬が好走している感じ。
あまり、顕著な脚質傾向はないのかもしれません。

弥生賞は、先行・差し馬の台頭が目立つレース。

この裏付けを取るために、今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

こちらの場合も、あまり顕著な傾向はありませんね。
ただ、気になったのは、上位の上りを使った馬たちの成績が微妙なことです。
上り1位や2位の馬は、他のレースでは、もっと良績を残しているもの。
しかし、このデータではそこまでの数値は残せていません。
開幕2週目ということと、中山競馬場のコース形態が影響しているのでしょうか。

これまでの脚質別データをまとめると、
ある程度の先行力と、そこそこの瞬発力を要求される
このような結論になるのではないでしょうか。

所属別データ

最後に、弥生賞過去10年「脚質別データ」となります。

過去10年では五分五分みたいな感じになっていますね。
ただ、強いて優劣をつけるとするならば、美浦所属(関東)馬に軍配が挙がるでしょう。
成績こそ少しだけ負けていますが、回収値はこちらの方が優秀ですからね。
よく穴を開けてくれていることがわかります。

スポンサーリンク

弥生賞 過去データ分析まとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・5~9番人気の好走。オッズ的には15.0~29.9倍が熱い
・内枠有利。ただ、1枠の扱いには注意が必要
・ある程度の先行力と、そこそこの瞬発力を兼ね添えた馬
・所属はやや美浦優勢。よく穴を開けてくれる

以上の、4点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、3点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
15.0~29.9倍の総合力のある関東馬
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.