2018年競馬予想記事

【ダイヤモンドステークス2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はダイヤモンドステークス過去データ分析となります。

今回の出走メンバーを、ざっと見たところ、
ダイヤモンドステークス2018混戦となりそうです。

長距離路線の絶対王者、アルバートの登録がなく、
3000m以上の長距離を、初めて走る馬が多数がいますからね。

アルバートともに長距離路線を引っ張ってきた古豪と、
新規精鋭の勢力が入り混じる、世代を超えた一戦にもなりそうです。
もしかしたら、ここで長距離路線の勢力図が一変するかもしれません。

なので、今回のダイヤモンドステークス過去データ分析では、

そんな混戦ムードの中、過去データ的に有利な馬はどの馬なのか。
本当に混戦模様なのか。過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬をいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、ダイヤモンドステークス過去データ分析に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ダイヤモンドステークス 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・年齢・性別。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらがダイヤモンドステークス過去10年人気別データとなります。

このデータで、目につくのは1~4番人気の好走だと思います。
過去10年で、驚きの9勝。2着6回も多いといっていいはずです。
勝率、連帯率、複勝率なんかは、他に追随を許しません。

ダイヤモンドステークス人気どころでの決着が目立つレースなのではないでしょうか。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データ」の方も見ていきましょうか。

単勝オッズ別データでは、2.0~3.9倍までがいい感じですね。
サンプル数こそ少ないものの、2.0~2.9倍に至っては3戦3勝です。
3.0~3.9倍も、複勝率が70%超えと、これまた高水準な値になっています。

これらは人気サイドでの決着が目立つという傾向にも合致しますし、
これは、間違いないデータなのではないでしょうか。

枠順別データ

こちらはダイヤモンドステークス過去10年枠順データとなります。

うーん、こちらは傾向が掴むのが難しいですね……。
これを傾向といっていいのかわかりませんが、極端枠の好走が目立ちますね。
極端枠というのは、最内枠と大外枠。つまり1枠と8枠のことを指しています。
これら二つは、複勝回収値が100超え。複勝率もトップツーです。

なぜ、こうなるかというのはイマイチわからないので、
そこまで信頼することができるデータではありませんが、
1枠と8枠には注意を払っておいたほうがいいかもしれません。

スポンサーリンク

脚質別データ

次にダイヤモンドステークス過去10年脚質データとなります。

こちらも判断に難しいところですが、差し追い込みが有利なのではないでしょうか。
差し馬の6勝、2着6回というのは、特筆すべき数字だと思いますし、
追い込み馬も、通常のレースと比べれば、決まっている方だと思います。

ただ、注意が必要なのは逃げ馬です。
単複回収値が非常に優秀な値を示していますからね。
ダイヤモンドステークスでは、逃げ馬が大穴を開けることがあるようです。

この裏付けを取るために、今度は「上り3ハロン別データ」見ていきましょうか。

やはり、速い上りを使った馬の台頭が目立ちますね。
上り1、2位で9勝。これは驚異的なデータといっていいはずです。
差し追い込み馬の好走は、この傾向に裏付けされたものだと思います。

脚質別データをまとめると、
速い上りが使える差し追い込み馬

これを買うことが、ダイヤモンドステークスの的中につながるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

年齢別データ

続いて、ダイヤモンドステークス過去10年年齢データとなります。

4~5歳馬の好走、7~8歳馬の苦戦というのが、このデータの傾向でしょう。

良績が目立つ4~5歳の中でも、特にいいのが4歳馬たちです。
サンプル数はやや少なめですが、その中でもトップの4勝を記録。
勝率などの数値は、他を圧倒している感じになっています。

今回の出走メンバーを見てみると、4歳馬が多数いますから、
これらのデータは、非常に有用なものとなるのではないでしょうか。

年齢別データのほかに「所属別データ」の方も、ここで確認させてください。

こちらの場合は、過去10年では五分五分みたいな感じになっていますね。
強いて、優劣をつけるとすれば、美浦ということになると思いますが、
そこまでの差はありませんから、これは誤差程度に捉えておいて大丈夫でしょう。

性別別データ

最後にダイヤモンドステークス過去10年性別データとなります。

過去10年間では、牝馬の出走が少なかったため、
そこまで信頼することができるデータではありませんが、
このデータでは、牡・セ馬が有利ということでいいと思います。

過去10年間で、馬券になったのは、
すべて、牡・セ馬だったわけですからね。

さて、ダイヤモンドステークスはハンデ戦ということで、
仕上げとして「斥量別データ」の方を見ていきましょうか。

このデータを見る限りでは、重い斥量を背負った馬もよく来ていますね。
逆に軽ハンデの馬たちは厳しい戦いが続いて、牡馬の50キロ以下は用なしレベルです。

実力のない軽ハンデ馬よりも、実力のある重ハンデの馬の方が好走しやすい。
これは斥量別データの中では、しっかりと覚えておいた方がいいことでしょう。

その上で、実力とハンデのバランスがよく取れているのが、
牡・セ馬の55キロということになると思います。
そこそこのサンプル数がありながら、しっかりと高数値をマークしていますからね。

牡・セ馬の55キロには注目してみてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

ダイヤモンドステークス 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1~4番人気の好走。オッズ的には2.0~3.9倍が熱い
・偏った傾向は見られないが、1枠と8枠の極端枠には要注意
・速い上りが使える、差し追い込み馬の台頭が目立つ
・4~5歳の好走、7~8歳の苦戦。4歳馬は特筆すべき活躍。
・牡・セ馬が有利。ハンデは55キロの馬がいい

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
2.0~3.9倍の4歳差し追い込み馬。牡馬で斥量55キロ
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.