2018年競馬予想記事

【共同通信杯2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回は共同通信杯過去データ分析となります。

共同通信杯は、グレイルの一強ムード
前回の人気馬診断では、そのような結論に至りました。

考察すればするほど、グレイルの強さが際立ち、
よほどのことがない限り、皐月賞への出走を決めてくれるだろう。
そんなことまで言っていました。

なので、今回の共同通信杯過去データ分析では、
グレイルに死角はないのか。過去データ的に問題ないのか。

本当にグレイルの一強で間違いないのか。
過去データから浮き上がってくる、意外な穴馬はいないのか。

そこら辺を、中心に見ていこうかなと思います。

というわけで、共同通信杯過去データ分析に入っていきましょうか。

共同通信杯2018 過去データ分析

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・性別・所属。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが共同通信杯過去10年人気別データとなります。

このデータで、目につくのは3番人気の好走ですかね。
勝率などの数値が1番人気と並ぶほどで、単複回収値は100超えです。

1~4番人気の方に至っても、高水準にあり、
共同通信杯は人気どころでの決着が目立つような感じになっています。

さて、それでは人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は、「単勝オッズ別データ」の方を見てきましょうか。

単勝オッズ別データでは、2.0~9.9倍までが良い感じですね。
ここまでの人気で、過去10年で8勝。単勝回収値は100近い数字をマークしています。
人気どころでの決着というデータにも合致しますし、これは間違いないデータでしょう。

ちなみに、20.0~29.9倍の数値も悪くないので、
こちらの方の単勝オッズも、要注意が必要なのではないでしょうか。

枠順別データ

こちらは共同通信杯過去10年枠順別データとなります。

パッと見た感じでは、あまり傾向は見えてきませんが、
複勝率に注目してみると、内枠有利なのかなという感じがします。

1~4枠の複勝率は30%前後。
対して、外枠の複勝率は振るわず、
8枠に至っては、10%程度しかありません。

というわけで、共同通信杯は内枠有利傾向にある。
このような結論で、大丈夫なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

脚質別データ

次に共同通信杯過去10年脚質別データとなります。

こちらも判断に難しいところですが、先行馬が有利なのではないでしょうか。

過去10年で6勝。勝率などの数値は先行馬が圧倒しています。
差し・追い込みも悪くないですが、先行馬に比べてしまうとイマイチです。
複勝率は関しては、先行以外の脚質は平行線ですしね。

共同通信杯は、先行馬が台頭しやすい。

この裏付けを取るために、今度は「上り3ハロン別データ」を見ていきましょうか。

やはり、そこそこの上りを使った馬の好走が目立ちますね。

上り最速の馬はもちろんですが、2,3位も悪くない数値になっていて、
上り4~5位の馬も、しっかりと台頭してきていますからね。

脚質別データをまとめると、先行しつつ上りを使うことができる馬
これを買うことが、共同通信杯の的中につながるのかもしれませんね。

スポンサーリンク

性別別データ

続いて、共同通信杯過去10年性別別データとなります。

過去10年間で、牝馬の出走が少なかったため、
そこまでの信頼することができるデータではありませんが、
このデータでは、牝馬は厳しい戦いが続いていますね。
牝馬は、若干の割引は必要なのかもしれません。

性別別データのついでに「所属別データ」の方も確認させてください。

過去10年では斥量による影響はあまりない感じだと思います。

56、57キロの成績には、そこまでの差はありません。
どちらかに軍配を上げるとするなら、57キロの馬たちですが、
斥量が違うからといって、そこまで評価を変える必要はないと思います。

所属別データ

最後に、共同通信杯過去10年所属別データとなります。

こちらの場合も、過去10年では五分五分みたいな感じになっていますね。
優劣をつけるとするなら、栗東所属(関西)馬たちになりますが、
栗東だから買い、美浦だから消しというのは、必要ないと思います。

地方所属馬については、サンプル数が少ないので、なんとも言えません。

スポンサーリンク

共同通信杯 データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・3番人気の好走が目立つ。単勝オッズは2.0~9.9倍が熱い
・共同通信杯は、内枠有利
・そこそこの上りを使える先行馬が台頭している
・牝馬は厳しい。斥量による影響はあまりない
・所属別データについては、ほぼ五分

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られてきます。

となると、過去データ的に有利となるのは、
2.0~9.9倍のオスの先行馬
と、いうことになると思います。

では、この条件に多く当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回はその馬を、過去データからの「推奨馬」として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる「危険な有力馬」も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.