競馬予想

【札幌記念2020】最終予想

投稿日:

札幌記念 予想

はい、皆さんこんにちは。アギョウです。

今回は札幌記念の予想となります。

2020年上半期はYoutubeなどで紹介した本命馬たちの複勝回収率が、なんとか100%を超えたということで、夏競馬も上半期に続いて、皆さんに渾身の予想をお届けしようと思います。

それじゃあ、さっそく本題に入っていきます。

まずは、過去データ分析から確認していこうと思います。

過去データ分析

今回は、過去10年間データから要注目のデータをいくつか参照していきます。

枠順

枠番 着別度数
1枠 3- 0- 1-10/14
2枠 0- 2- 0-13/15
3枠 1- 3- 4-10/18
4枠 1- 1- 1-17/20
5枠 1- 1- 0-18/20
6枠 1- 1- 3-15/20
7枠 2- 1- 0-17/20
8枠 1- 1- 1-17/20

札幌記念は、近年は内枠有利が顕著なレースです。

1~3枠で過去10年4勝、6~8枠で過去10年4勝と、過去10年で見る限りでは枠順傾向というのはイマイチ見えてこないのですが、過去5年で見てみると1枠が過去5年3勝ということで、近年になって内枠有利が目立つようになってきたレースです。

これは、函館記念でも同じような傾向が見られたのですが、近年は洋芝の高速化が進み、外々を回っていては物理的に間に合わないようなケースが多くなったためです。

去年のこのレースなんかは近年の洋芝の象徴するようなレースで、勝ったのはうまく内から馬群を割ったブラストワンピースで、外々を回ったフィエールマンは差し損ねるという感じでした。

ここまでの札幌開催を見ていると、今年も内側を通った馬が有利なのは間違いないですし、うまく内を捌いてこれそうな馬に要注目ではないかと思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 3- 0- 1- 3/ 7
2枠 0- 1- 0- 7/ 8
3枠 0- 2- 2- 5/ 9
4枠 0- 0- 0-10/10
5枠 0- 0- 0-10/10
6枠 1- 1- 1- 7/10
7枠 1- 0- 0- 9/10
8枠 0- 1- 1- 8/10

脚質

脚質 着別度数
逃げ 2- 0- 0- 9/ 11
先行 3- 5- 4- 30/ 42
中団 4- 2- 4- 39/ 49
後方 0- 2- 2- 39/ 43
マクリ 1- 1- 0- 0/ 2

札幌記念は、大きな脚質傾向は見られないレースです。

先程の枠順データでは、馬場の高速化が進むにつれて、内枠有利になったという話しはしましたが、脚質については馬場の高速化が進んでも大きな影響はありません。

むしろ、過去5年では差し追い込みの方が高い数値を残しているくらいです。

イン前、外差しというのがセオリーではありますが、ここでは昨年のブラストワンピースのように、内にこだわった立ち回りさえできれば、差し馬でも十分にチャンスがあるレースだと思います。

小回りの札幌競馬場ということで、先行力のある馬に目が行きがちですが、特段、逃げ先行馬が有利なわけではありません。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 0- 5/ 6
先行 1- 1- 1-17/20
中団 3- 2- 2-17/24
後方 0- 2- 2-20/24

前走クラス

前走クラス 着別度数
2勝 0- 0- 0- 2/ 2
3勝 0- 0- 0- 7/ 7
OPEN非L 0- 0- 0- 15/ 15
OPEN(L) 0- 0- 0- 1/ 1
G3 5- 3- 2- 52/ 62
G2 1- 1- 0- 8/ 10
G1 4- 5- 7- 23/ 39

前走重賞以外を走っていた馬は過去10年で勝ったことがありません。

この札幌記念といえば、G1に格上げされるのも時間の問題と言われている、ハイレベルになりやすいG2です。ここまで行われきた夏のローカルハンデ重賞とはワケが違います。

そんなレースということもあり、前走オープン特別や条件戦を走っているような馬では能力不足になってしまいます。

ここでは、前走でも重賞を走っていたような実力馬を、素直に評価すべきレースです。

追い切り診断

ここからは上位人気に支持されそうな馬たちの、追い切り・調教を詳しく見ていこうと思います。

ラッキーライラック

1週前や2週前の段階では終い1ハロンが12秒台後半で、重さが残るかなという調教でしたが、最終追い切りではラスト3ハロン33,7秒ということで、レースさながらの上がりを披露していました。

やや急仕上げ気味な感じもありますが、最終追い切りの時計や動きを見る限りでは、少ない本数の中でも、それなりに仕上がったのではないかと思います。流石に、G1だった前走ほどとは言わないですが、動ける仕上がりにはなっていると思います。

今回、この馬は初の北海道での競馬になるわけですが、最終追い切りで楽にラスト3ハロン33.7秒をマークしたところを見ると、洋芝への適正は高いのではないかと思わせます。

大阪杯やエリザベス女王杯の競馬を見てもらえば分かるように、この馬の最大の武器はインに突っ込んでいっても怯まない勝負根性、そして馬群の間を一瞬で抜けてくる瞬発力です。札幌記念は、過去データ分析のところでも言ったように、内をうまく捌いてこれる馬が上位台頭しやすいレースということで、調教で見せた洋芝適正の高さと合わせて、この馬にピッタリのレースと言えそうです。適正面に関しては文句のつけようがないと思います。

ただ、この馬の唯一の懸念材料は鞍上のデムーロ騎手です。デムーロ騎手はG1ではインにこだわった競馬するなど、大きなレースではタイトな競馬をしてくる騎手ですが、その一方でG2やG3など、前哨戦の意味合いが強いレースでは安全策で、外を回す競馬をしてしまう騎手です。デムーロ騎手が大阪杯のようにインにこだわった競馬をしてくれれば、間違いなく勝ち負けになると思いますが、中山記念のように前哨戦だから、安全に外を回しておこうという競馬をしてしまうと取りこぼしも十分にあります。

これを収録している段階では、枠順はまだ分からないのですが、もしも、外枠を引いてしまう形になると、魅力半減かなという感じがします。

ノームコア

3回続けて併せ馬を敢行して先着させるなど、休み明けから高い負荷をかけらています。調教本数こそ少ないものの、調教負荷は十分だと思います。

同じく叩き台仕上げだったと思われる高松宮記念よりは上の状態です。流石に前走や前々走ほどではありませんが、この馬もそれなりには動ける仕上がりになったと思います。

おそらく、この馬で皆さんが気になるのは距離延長だと思いますが、僕は流れ次第では中距離もこなせていいと考えています。

というのも、この馬は日本の芝を牛耳るサンデーサイレンスの血が薄い馬ということで、瞬発力勝負が苦手な側面があります。この馬は中距離特有の上がり3ハロンの瞬発力勝負が苦手なだけで、ラスト5ハロンぐらいからのロングスパート戦だった紫苑ステークスや、愛知杯見せ場十分の競馬をしています。マイルの方が厳しい流れになりやすいから、マイル実績が目立つだけで、生粋のマイラーという馬ではありません。

ここも、おそらく逃げるであろうトーラスジェミニがどれくらいのペースで、どれくらいのところからスパートをかけてくれるレースになるかが鍵になってくると思います。

アドマイヤジャスタ

中4週で2本のみ。調教の本数は少なめになっています。

調教内容も、前走や前々走、そして3走前なんかは最終追い切りを一杯に追われていましたが、今回は終い強め。強さも控えめになっています。都大路ステークスからコンスタントに使われているということもあり、調教負荷は全体的に軽めになったかなと思います。流石に前走以上ということはなさそうで、ここは良くても前走同様ではないでしょうか。

この馬は、ハンデに恵まれた上に、前走が展開が向いてのフロックというのが、どうやら世間的な評価のようですが、個人的には展開が向いたかつ軽斤量の恩恵があったにしても、終始、外々を回っての差し切りというのは評価できる内容だったなと考えています。

この馬は前々走からホライゾネットを装着しており、前々走が13番人気→6着、そして前走が15番人気→1着と、これまでのレース内容を考えれば、馬具の効果が明確に出たのではないかと思います。前走の好走は、たまたまではなく馬具の効果、ハーツクライ系の特有の成長力があってのものだったかなと思います。

もう少し人気がなければ面白いと思っていたのですが、今年はラッキーライラック、ノームコア以外に、近走の着順がいい馬がいないこともあって、予想オッズの段階では3番人気。僕は、これくらいのメンバーなら連続好走も十分にあると考えていますが、3番人気は流石にやりすぎかなと思います。オッズとの兼ね合いは微妙かなと思っている馬です。

最終予想

ここまで札幌記念の予想をしてきたわけですが、いかがでしたでしょうか。

ここまでの予想を総合して、今回、僕が最も買いたいと思ったのは―

本命は、ノームコアです。

ここは、マイルから距離を伸ばしてきたこの馬を狙いたいと思います。まず、この馬を推奨する上で、今週からCコースに変わった札幌競馬場の馬場について触れておこうと思います。

過去データ分析のところで、洋芝の高速化が進んだ近年は内枠有利が顕著という話しはしましたが、今年もその例外ではなさそうです。

土曜の競馬を見ていると、逃げ先行、差し追い込みについては展開次第かなというところはありそうですが、差してくるにしても、道中はインでロスなく立ち回り、直線で少しだけ外に出すという器用な競馬をする必要がありました。今年も、外枠を引いてしまった馬は厳しい戦いを強いられるはずです。そんな中でノームコアは1枠1番。今の札幌芝における絶好枠を引きました。

さらに、この馬は今回、マイルから距離を伸ばしてきましたが、僕は、これもプラスに働くと見ています。というのも、近走のレースぶりを見ると、前々走は3着という結果でしたが、あと50メートルあったら2着だったという脚色で、サウンドキアラと比較したときに、やや脚を余し気味の感じでした。さらに、前走に至ってはゴール直前の脚色は、かなり目立っており、これまた少し脚が余していました。近2走のレースぶりを見ると、エンジンのかかりが遅い感じで、今のこの馬にはマイルはやや忙しい印象を受けます。

お父さんがハービンジャーで、兄弟にクロノジェネシスという血統背景を考えても、生粋のマイラーという血統ではありません。むしろ、年齢を重ねて、字面の血統通り、距離適性が中距離へとシフトしてきている可能性が、非常に高いです。

日本競馬のスピード至上主義化に伴い、近年のマイル路線というのは非常にレベルが高く、そんな中を距離適性がいまいちかなという中で、あれだけの善戦。兄弟のクロノジェネシスにも負けない高い能力を秘めているのは間違いないと思います。追い切り診断のところでも言ったように、瞬発力勝負ではやや分が悪いかなというところはありますが、それでも、これくらいのメンバーならあっさりクリアしてくれるのではないかと思います。

札幌記念、自信の本命はノームコアです!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬予想
-, ,

Copyright© アギョウ競馬トレセン~アギョウの競馬予想ブログ~ , 2020 All Rights Reserved.