競馬

【関屋記念2020】最終予想

投稿日:

関屋記念 予想

はい、皆さんこんにちは。アギョウです。

今回は関屋記念の予想となります。

2020年上半期はYoutubeなどで紹介した本命馬たちの複勝回収率が、なんとか100%を超えたということで、夏競馬も上半期に続いて、皆さんに渾身の予想をお届けしようと思います。

それじゃあ、さっそく本題に入っていきます。

まずは、過去データ分析から確認していこうと思います。

過去データ分析

今回は、過去10年間データから要注目のデータをいくつか参照していきます。

枠順

枠番 着別度数
1枠 1- 0- 1-15/17
2枠 1- 1- 1-15/18
3枠 0- 0- 2-16/18
4枠 0- 2- 1-15/18
5枠 0- 1- 3-16/20
6枠 0- 2- 0-18/20
7枠 5- 1- 1-17/24
8枠 3- 3- 1-18/25

関屋記念は外枠有利が顕著なレースです。1~3枠で過去10年2勝、6~8枠で過去10年8勝と、勝率でいうと4倍、複勝率では2.5倍ほど、外枠の数字が高くなっています。

関屋記念は新潟競馬場で行われる一戦ということで、向こう正面、最後の直線が長く設定されているため、枠順による有利不利が生まれにくい舞台となっています。

むしろ、内側でごちゃごちゃとなって追い出しが遅れてしまうよりは、多少のロスがあろうとも外目をスムーズに回った方が有利になってきます。

さらに、夏の新潟開催は例年、天気が不安定な中で行われるということもあり、内側の馬場が荒れているということも関係しているはずです。

今年も、先週の新潟開催が不良馬場の中で行われたということで、内側の馬場が荒れてきている可能性が高いです。データ通り、今年も、外枠に入った馬が有利になってくるのではないかと思います。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 3- 0- 1- 6/ 10
先行 3- 4- 3- 25/ 35
中団 3- 1- 4- 63/ 71
後方 1- 5- 2- 36/ 44

関屋記念は、逃げ先行馬でも十分に好勝負になるレースです。

先程の枠順データでは、長い直線のおかげもあり、外枠の方が有利という話しはしましたが、長い直線でも脚質的には差し有利とはなりません。逃げ先行馬で過去10年6勝と、むしろ前有利と言ってもいいぐらいです。上がりのデータを見ても、必ずしも速い上がりが必要でなことが分かります。

これは、どの騎手も、直線の長い直線を意識するためか、必要以上にスローペースになることが多く、その結果として前残りになっているという感じです。

今年は、前走で大逃げしたプロティガルサンと、生粋の逃げ馬であるトロワゼトワルがいるということで、この2頭の動き次第かなというところはありますが、

例年通りなら前有利になりやすいレースとなっています。

上がり

上り 着別度数
3F 1位 0- 4- 1- 6/ 11
3F 2位 2- 1- 3- 5/ 11
3F 3位 0- 1- 0- 9/ 10
3F ~5位 3- 1- 2- 17/ 23
3F 6位~ 5- 3- 4- 92/104

種牡馬

種牡馬 着別度数
ディープインパクト 3- 2- 1-15/21
アグネスタキオン 2- 0- 1- 2/ 5
スニッツェル 1- 0- 1- 3/ 5
タイキシャトル 1- 0- 0- 5/ 6
メジロライアン 1- 0- 0- 1/ 2
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 1/ 2
ゴスホークケン 1- 0- 0- 0/ 1

関屋記念は、非サンデー系の馬にもチャンスがあります。

とにかく速い上がりが要求されるが多いことで有名な新潟競馬場ですが、このレースで好走した馬を見てみると、ディープインパクト産駒も、もちろん好走していますが、スニッツェルやメジロライアン、ゴスホークケンといった非サンデー系も、意外にも好走しています。ここは、必ずしもサンデー系特有の瞬発力が必要ではありません。

先程の脚質データで、今年はプロディガルサンとトロワゼトワルと名前を出しましたが、この2頭がハイラップの逃げを打った場合は、サンデー系の瞬発力よりも非サンデー系のしぶとさが重要がなってくると思います。

直線の長い新潟競馬場でも、ここは、普段はあまり聞かないような地味な血統の馬にも外すことができないレースとなっています。

追い切り診断

ここからは上位人気に支持されそうな馬たちの、追い切り・調教を詳しく見ていこうと思います。

プリモシーン

約1ヶ月前から乗り込み開始。豊富な乗り込み量で、入念な調整を施してきたなと感じさせます。

G1仕上げだった前走ほどとは言わないですが、2走前くらいの状態には仕上がったのではないでしょうか。状態自体は可もなく不可もなくぐらいです。

この馬は関しては、僕は一貫して早熟だったかな思っていて、

それは過去の調教時計との比較をすれば分かりやすいのですが、3走前を除いて、この馬が最後に好走した中京記念はCW全体78.2秒の好時計をマークしており、それ以降は速い調教時計というのは一本もなくなっています。もう、この馬も5歳になったということでピークアウトに入っていると考えるのが妥当ではないかと思います。

問題は、突然走った3走前をどう考えるかですが、この時は調教時計自体は遅いながらも、最終追い切りで6ハロン追いをするなど、直前に高い調教の負荷がかけられていました。それに対して、今回は5ハロン追いということで、これは前走や前々走、大敗してしまった昨年の秋の2戦と同じ調教パターンとなります。

一昨年のこのレースや、昨年の同時期の中京記念で好走していますが、僕は、その時と比べると、調教的にもう一息なのではないかと思います。

サトノアーサー

1週前に速い時計を出して、最終追い切りを馬なりでサラッと流す形というのは前走同様。

コンスタントに使われているということもあり、ここに来て、大きく変わった感じはありません。良くも悪くも前走同様の仕上がりといったところだと思います。

この馬が怪我から復帰して来てからも安定した走りを見せていますが、そんな中で馬券圏内を外したのはキャピタルステークス、東京新聞杯、そして前走と3回あります。

このうち、キャピタルステークスと前走は、この馬の最近の調教パターンである最終、1週前、2週前と速い時計を出すという調教をせず、最終、1週前、2週前のどこかで調教を緩めていました。近走は、調教の手を緩めるのが、そのまま結果に直結しているようなところがあります。

キャピタルステークス、東京新聞杯、エプソムカップと着順的には凡走となりますが、いずれも0.5秒差ぐらいの負けにとどめており、大崩れすることはないとは思いますが、今回は前走同様で、最終追い切りを、やや緩めてしまったということで、ここ最近の調教パターンだけで考えれば、今回は凡走するパターンです。

最終予想

ここまで関屋記念の予想をしてきたわけですが、いかがでしたでしょうか。

ここまでの予想を総合して、今回、僕が最も買いたいと思ったのは―

本命は、クリノガウディーです。

ここは、1200メートルから戻ってきた、この馬を狙ってみたいと思います。この馬を推奨する上で重要な今回の展開予想について話しておこうかなと思います。

例年なら長い直線を意識して、スローペースになることも珍しくないこのレースですが、過去データ分析のところでも話したように、今年は前走で大逃げをして見せ場を作ったプロディガルサンに、ハイラップの逃げを打つトロワゼトワルと、速いペースで行く馬たちが揃いました。

先週の新潟競馬場が不良馬場で、ある程度、馬場も荒れてきていますし、今年はハイペースからのタフな勝負になるのではないかと予想しています。

そんな中で良いと思ったのがクリノガウディーです。この馬は、今年の春先はスプリント路線に挑戦して、高松宮記念でゴール板を一番、最初に駆け抜けて見せる活躍をしましたが、本質的にはマイルぐらいの適距離だと思います。というのも、今年の高松宮記念はそんなにペースが速くないにも関わらず、モズスーパーフレアの単騎逃げという特殊なレース展開で、離れた2番手以下はかなりのスローペース。スプリント戦なのに、マイル的な瞬発力が問われたような形になりました。結果的に、自分のレースに徹したモズスーパーフレア以外は、マイルでも実績のあったグランアレグリア、ダイアトニック、そしてこの馬と、上位はマイル適正もある馬たちで占められています。前走で先行することができなかったことから分かるように、本当のスプリントの流れだと、やや忙しいようなところがあります。サンデーの血が薄めということで、ベストは時計のかかるタフなマイル戦です。

今回は、先程の展開予想で言ったようにハイペースからのタフな勝負になると見ているので条件としては、この馬にピッタリ。マイル戦での課題だった折り合いもハイペースでなら付きやすいはずです。

何より、今回は中5週で5本の追い切り。1週前、最終追い切りで一杯に追われるなど、かなりハードな調教をしてきており、最終追い切りは終い重点でサラッと流す形だった前走との比較で、ここは状態的な上積みに期待できるはずです。

ハイペースかつ荒れてきている馬場でのタフな勝負、マイルへの距離延長、ハイペースでなら課題の折り合いもなんとかなりそう、状態的な上積みを考えると、ここは巻き返し必至の場面ではないかと思います。

関屋記念、自信の本命はクリノガウディーです!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-競馬
-, ,

Copyright© アギョウ競馬トレセン~アギョウの競馬予想ブログ~ , 2020 All Rights Reserved.