2018年競馬予想記事

【東京新聞杯2018】予想と枠順見解

更新日:

今回は東京新聞杯2018予想となります。

東京新聞杯2018意外と混戦ではない

人気馬診断、過去データ分析、追い切り診断。
様々な予想を重ねてきましたが、それでも軸馬候補はハッキリしていました。
依然として、自信度の高いレースでした。

(軸馬候補がどの馬なのかは、人気馬診断を見てね!)

なので、今回の東京新聞杯2018枠順見解につきましても、

枠順的に軸馬候補は間違いないのか
また、枠順的に危険だと思われる人気馬はどの馬なのか

この辺を中心に見ていくことで「自信を確信」に変えたいと思います(←松坂選手、頑張れ!)
というわけで、東京新聞杯2018枠順見解に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



東京新聞杯2018 枠順見解

こちらが東京新聞杯2018の確定した枠順となります。


引用元:netkeiba様

人気馬たちの配置は、

4枠7番 クルーガー
4枠8番 リスグラシュー
5枠10番 ダノンプラチナ
8枠15番 ダイワキャグニー
8枠16番 グレーターロンドン

という感じになりました。

人気馬たちは、外目の枠に集中するような形になりましたね。
過去データでは、内枠有利だと見ていてだけに、
データ的に人気馬たちは、厳しい枠順となったと思います。

ただ、馬たちには、各馬ごとに枠の得手不得手というものがあります。
この馬は内枠の方が、外枠の方がいいという、個別スキルのようなものですね。

では、果たして人気馬たちは枠順的にどうなのでしょうか。

過去データ通り、不利をこうなるような形になったのでしょうか。
それとも、外枠に入ってよかったのでしょうか。有利になったのでしょうか。

この辺を人気馬を個別に見ていくことで、解き明かしていきたいと思います。

スポンサーリンク

東京新聞杯2018 人気馬たちの枠順見解

・クルーガー
近走は、外枠からの競馬ばかりでしたが、
過去の実績を見てみると、内枠からの好走歴もあります。
ということは、馬群に揉まれることは問題ないはずで、
中枠の4枠7番も、苦にしないでしょう。
むしろ、近走は大外枠からばかりの競馬でしたから、
内側に近づいて、前進まで見込めるのではないでしょうか。

・リスグラシュー
どの枠順からでも、しっかりと自分の競馬をしてくれます。
鞍上も武豊騎手ですし、どの枠順でも問題なく、こなしてくれるでしょう。
ただ、器用な馬ですから、どちらといえば内枠が欲しかったところです。
物理的に考えて、内枠有利なのは間違いないですからね。
枠順的には、可もなく不可もなくといったところでしょうか。

・ダノンプラチナ
オープンクラス以上での好走は、一桁馬番ばかりとなっています。
二桁馬番だった、前々走は8着。二桁馬番の時はイマイチな結果が続いています。
実績だけを見ると、馬番二桁がマイナスなのは間違いないと思います。
ただ、初めての鞍上変更となる今回。このデータはどこまで通用するか。
個人的に枠順というのは、鞍上にも左右されるものだと思っていますからね。

・ダイワキャグニー
前々で競馬をしたいこの馬にとって、大外枠は間違いなくマイナス。
他の先行馬たちが内枠に入ってしまったのも、運が悪い。
これでは先行できたとしても、外目を周らされる形になりそうです。
枠順には見放されたといって、差支えないと思います。

・グレーターロンドン
この馬の持ち味は、みなさんご存知だと思います。
直線での豪脚一閃。非凡な末脚を使っての追い込みです。
下手に内枠を引いて、詰まってしまうよりは、
自分の競馬に専念できるという意味で、大外枠はプラスでしょう。
初の騎乗となる川田騎手も、これなら迷うこと騎乗できるでしょうしね。
個人的に、この大外枠はプラスだと捉えています。

スポンサーリンク

東京新聞杯2018 枠順見解まとめ

以上が、東京新聞杯2018枠順見解となります。

ここまで人気馬たちを見てきましたが、
枠順に恵まれた馬もいれば、見放されてしまった馬もいる。
一概に外枠といっても、評価が別れるような形になりました。

東京新聞杯2018軸馬候補がハッキリしていたのですが、
この枠順のせいで、狙っていた軸馬に、やや陰りが……。
ここまでと一転して、枠順的には混戦ムードを漂わせてきました。

うーん、東京新聞杯2018は難しくなってきたな……。

さて、それでは枠順からの「推奨馬」ということですが……。
今回も、人気ブログランキングで発表中ですので、ぜひご覧くださいませ。
また、枠順から危険だと思われる「危険な人気馬」も紹介させてもらいます。

推奨馬人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

ここまでご覧になってくださった皆様、ありがとうございました。

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.