2018年競馬予想記事

【日経新春杯2018】予想と土曜馬場の傾向【最終予想】

更新日:

今回は日経新春杯2018予想となります。

記事の投稿が遅くなってしまって、すみません。
この記事を書くのに苦戦していまい、アップするのが遅くなってしまいました。
待っていてくれた方がいたら、本当に申し訳ありませんでした。

ただ、記事をアップするのは遅くなってしまいましたが、
その分、いつもより高いクオリティの内容、予想になったと思います。
ですので、日経新春杯2018の最終記事にふさわしいものとなっています。
なので最後まで、ぜひご覧くださいませ。

とまあ、前置きはこれくらいにして。

ここまで日経新春杯2018に関しましては、

人気馬診断
過去データ分析
追い切り診断
枠順見解

と、多くの予想を行ってきました。

しかし、ついに予想は大詰め。
あとは馬場傾向の分析最終予想を残すのみとなりました。
ですので、今回は馬場傾向最終予想という流れで、進めていきますね。

ということで、日経新春杯2018予想へと入っていきましょうか。

スポンサーリンク

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



日経新春杯2018 土曜馬場の傾向

今回、馬場傾向を読む上で参考にしたのは、本日行われました京都59Rになります。
どちらも、京都芝1800mのレース。日経新春杯2018とは距離が違いますが、
土曜日に行われたレースの中で、最も近い条件だったので、この2レースを選択しました。
馬場傾向を読むだけなら、この2レースは参考にしても問題ないでしょう。

では、まずは京都5Rから見ていきますね。

これを見る限りでは、内側前目の台頭が目立ちますね。
1,2着馬は上位人気馬でしたが、3着馬は12番人気の大穴。
これは、内側前目の傾向が出ているのかもしれません。

よーし。馬場傾向は内側前目が有利で決定だな!

メンドクサイけど、京都9Rも見ておくか。
まあ、どうせ内側前目が有利で決まりだろうけどね!

って、あれ!?

今度は外側差し傾向!?

台頭してきている馬は、上位人気馬だけど、
それにしても、外側が伸びている印象。1着馬なんか楽勝だったからね。

人気だから仕方ない結果だった。
馬場傾向は関係ないとは言えないはずだぞ……。

内側前目外側差し
対極する二つが、馬場傾向として出てきたけど、
これは、どうしたらいいんだ。

これじゃあ土曜馬場の傾向なんてものは見えてこない……。
なので、今回の土曜馬場傾向は「なし」ということで一つ……。

それじゃあ駄目なんです!
なんとしても、土曜の馬場傾向を見つけるのです!

心の中の天使と悪魔が戦った結果、僕は死に物狂いで馬場傾向を探しました。
今日の記事のアップが遅くなったのは、これが理由だったりしなかったりします。

そして、ついに馬場傾向らしきものを見つけたのです

こちらを見てください。

これらは京都5,9Rのレース結果をまとめたものです。上が5R、下が9Rです。

表示されているのは、1~3着までのものですが、注目してもらいたいのは後3Fの欄。
これは上り3ハロンのタイムを表したもので、数字に色がついているのがわかりますよね。
これは黄色が1位、青が2位、オレンジが3位というのを示しています。

見てください、この着色率の高さ。
6分の5で色がついています。パーセンテージにすると83%です。

唯一、色がついていないタンタグローリアでも、上り4位。
惜しくも、着色圏外という感じだったのです。

つまり、京都5,9Rにおいて、
好走してきた馬たちは、いずれも速い上りを使っていたのです。

ということは、土曜の馬場傾向として見えてくるのは……、
速い上りを使った馬たちが台頭しやすいということなのです!

よって、日経新春杯2018瞬発力勝負になる可能性が高いといっていいでしょう。

スポンサーリンク

日経新春杯2018 土曜馬場の傾向まとめ

というわけで、日経新春杯2018瞬発力勝負になりやすい傾向にあることがわかりました。

おそらく、速い上りを使えない馬たちは苦戦を強いられるはずで、
速い上りを使える馬たちの台頭が目立ってくるのではないかと予想されます。

とにかく、瞬発力

速い上りを使える馬を買うことが、日経新春杯2018的中につながる。
土曜馬場の傾向からは、これだけ覚えてもらえれば大丈夫だと思います。

では、日経新春杯2018で外側後方を取れそうな馬とはどの馬なのか。
馬場傾向を味方につけた、馬場傾向からの「推奨馬」とはどの馬なのか。
いつも通り、人気ブログランキングにて発表中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

多数の候補がいたので迷ったのですが、今回の上り最速はこの馬ではないでしょうか。
前走こそ上り3位以内に入ることができませんでしたが、あれは長期休養明けの影響。
休み前までは、3戦連続で上り最速を叩きだしていました。
今回は叩き2走目になりますし、前回より切れる脚が使えるはずです。
斥量も軽ハンデで、この馬の背中を後押ししているように思えます。

というわけで、土曜馬場傾向の分析は、この辺で終わらせてもらいます。

ここからは、いよいよ日経新春杯2018最終予想へと入っていきたいと思います。

※え、雪の予報!? それじゃあこの馬場傾向が使いものにならないかも……。
京都の積雪予報は、記事を書き終えてから知りました。完璧すぎるオチだね!(泣)。

スポンサーリンク

日経新春杯2018 最終予想

今回の予想では◎、〇、▲、△、★、そして危険な人気馬の6頭を紹介させてもらいます。

◎ミッキーロケット
このメンバーでなら、不動の軸になると思います。
これまでの実績が違いますし、斥量57.5キロも許容範囲だと思います。
過去データ、追い切りともに問題なく、速い上りも使えるので馬場傾向もクリアしています。
文句のつけようがなく、馬券圏内は堅いのではないでしょうか。
ただ、あくまで軸としての評価で、頭まではどうかとみています。
この馬が連覇するようでは、何のためのハンデだという話しになりますからね。
買い方としては、この馬を2,3着付けにするのが、賢いと思います。

○ガンコ
前走が初芝で初勝利。勝ち方も強いものだったと思います。
あれぐらい走ることができれば、軽ハンデを生かして、上位争いになるのではないでしょうか。
前走がフロッグだったという可能性もありますが、追い切りを見て、フロッグではないと判断しました。
中長距離の芝で高い適正を見せてくれた、この馬を対抗に抜擢したいと思います。

人気ブログランキングにて公開中
長期休養明けだった前走が、準オープンで2着。
それならここでも十分に通用するはずで、叩き2走目の上積みもありそう。
斥量も52キロと恵まれましたし、切れる脚もあるので馬場傾向もオッケー。
このメンバー、この斥量でなら、頭まであってもおかしくないとみています。

△カラビナ
前走が後述するパフォーマプロミスと0.1秒差。
パフォーマプロミスが斥量54キロで、この馬が52キロならば、
単純計算で、逆転があってもおかしくないのではないでしょうか。
大外枠がどうかというところもありますが、この馬は控える競馬もできます。
外側後方からの追走でも、切れる脚で追い込んできてくれると思います。
また、不良馬場での実績もあり、仮に馬場が荒れることがあっても大丈夫でしょう。
むしろ、馬場が荒れるようなことがあれば、もっと評価を上げてもいいと思います。

★パフォーマプロミス
距離2400m以上では、一度も崩れたことがありません。
今回も2400m戦となりますし、その実績は大きなプラス材料になります。
ただ、斥量が見込まれた感が強い。それは前述させてもらっています。
斥量を不安視して、やや評価を落とさせてもらいました。

危険→人気ブログランキングにて公開中
過剰人気しているなというのが第一印象です。
前走こそ重賞で2着でしたが、そもそも準オープンすら勝っていない馬です。
それが斥量54キロというのは見込まれた感じがあります。
過去データ、追い切り、枠、すべてにおいて不利な感じになっていますし、
馬場傾向的にも、そこまで速い上りが使えるわけではないので、微妙なはず。
これだけの不安予想がありながら、人気にだけはなっています。
これを危険な人気馬といわずして、なんというのでしょうか。

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.