2018年競馬予想記事

【京成杯2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回は京成杯過去データ分析となります。

キャリアの浅い馬たちが揃い「混戦ムード」が漂う京成杯2018
先日、行われたフェアリーステークスやシンザン記念のように、難しいレースとなりそうです。

なので、ここで過去データ分析をキッチリすることで、
少しでも、難解なレースを的中へと近づけていきたいところです。

というわけで、京成杯過去データ分析に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



京成杯 過去データ

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・性別。大きく分けてこの4つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが京成杯過去10年「人気別データとなります。

うーん、あまり顕著な傾向はありませんね。
強いて挙げるとするなら、順当な結果に収まるということでしょうか。
特段、人気薄が好走が目立つわけでもありませんし……。
1~4番人気がほぼ順当に来ています。特に1,2番人気ですね。
単複回収値も優秀で、過去10年では好走していることがわかります。

京成杯の人気別データを、さらに細かく分析していくために、
今度は「単勝オッズ別データを見ていきましょうか。

やはり、こちらでも人気どころが高い数値を示しております。
中でも高い水準にあると思うのは、4.0~4.9倍でしょうか。
過去10年で10頭が出走。うち8頭も馬券になっているわけですからね。
3.0~3.9倍の一戦一勝を除けば、飛びぬけて高い複勝率です。

単勝オッズ4.0~4.9倍
京成杯においては、要注意でしょう。

枠順別データ

こちらは京成杯過去10年「枠順別データとなります。

こちらでも傾向らしいものはあまり見えてきません。
どの枠もほぼ均等に来ていて、どこかが有利ということはなさそうです。
ただ、7枠だけは冴えない結果となっています。
唯一、過去10年で複勝率が10%を切る結果になってしまっていますからね。

なので、枠順的には有利不利はないと見ていいはずです。
ただ、7枠だけは若干の割引をする必要があるかもしれません。

スポンサーリンク

脚質別データ

こちらは京成杯過去10年「脚質別データとなります。

こちらも結論に迷うようなデータが出ております。
過去10年で勝ったことがあるのは、先行と差しだけ。
しかし、複勝回収値に注目してみると、あまり冴えない数字になっています。
逆に勝利ない逃げと追い込みでも、複勝率と複勝回収値は、そこまで差がありません。

なので、これは傾向を掴む上で、非常に難しいと思うのですが、
頭まであるのは先行馬か差し馬3着以内ならどの脚質にも可能性がある

僕は脚質データからは、そのような結論を導き出しました。

一応の結論は出しましたが、脚質的にはハッキリとした傾向が見えてきませんでした。
では、上りという観点からはどうなのか。もしかしたら上りには傾向があるかもしれません。
そこで、ここからは「上り3ハロン別データ」を見ていこうと思います。

やりました。ハッキリとした傾向が出ていますね。
過去10年京成杯では、速い上りを使った馬が台頭している。
これは上のデータを見てもらえば、ハッキリとしていると思います。

過去10年で勝利した馬は、いずれも5位以内の上りを使っていますし、
1~3位までについては、複勝回収値が100を超えています。

京成杯では速い上りを使える馬が好走する。
これは絶対に覚えておいたほうがいいでしょう。

性別別データ

今回の京成杯では牝馬の登録もあるので、過去10年「性別別データ」も見ていきましょうか。

なんと過去10年牝馬は一度も馬券になっておりません
サンプル数が少ないこともあるのでしょうが、それにしても驚きの傾向です。
京成杯では、牝馬は用なしといってもいいのではないでしょうか。

最後に、京成杯過去10年「所属別データ」を確認しようと思います。

勝利数こそ、美浦と栗東でほぼ五分ですが、そもそもの分母が違います。
それは勝率、連帯率、複勝率を見てもらえば、明らかでしょう。
地方馬も一戦一勝と好走していますが、これはそこまで参考にならないと思います。

ということで、所属別データからは栗東所属(関西)馬が有利ということがわかりました。

スポンサーリンク

京成杯 過去データまとめ

ここまでのデータをまとめますと、

・1,2番人気が好走。単勝オッズ的には4.0~4.9倍
・枠順による有利不利はない。しかし7枠だけは割引必要
・頭まであるのは先行馬か差し馬。3着以内なら脚質不問
・とにかく上り。速い上りを使える馬が台頭している
・牝馬は用なしで、栗東所属(関西)馬がいい

以上の、5点があげられるかと思います。

まだ、枠順が出ていないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られるのではないでしょうか。

となると、過去データ的に有利となるのは、人気で速い上りを使える関西馬ということになります。

では、この条件にピッタリと当てはまる、過去データ的強馬とはどの馬なのか。

今回は、その馬を過去データからの推奨馬として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる危険な有力馬も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
人気どころに、あまり速い上りを使えそうな馬が見当たらず、
この馬が浮き上がるようにして、推奨馬ということになると思います。
この馬が速い上りを使えるというのは、3、4走前で証明済み。
このメンバーならば、上位の上りを繰り出すことになるはずです。
人気にもなっていて、関西馬という点もクリアしています。
となると、この馬が過去データに当てはまってくるのではないでしょうか。

【危険馬】
推奨馬同様、こちらも迷いましたが、この馬を危険馬に指定します。
今回のメンバーはキャリアの浅い馬が多く、控える競馬をしたことのない馬が多すぎるのです。
なので、控えた時にどうかというのは未知で、判断に難しいのです。
しかし、この馬は速い上りを使えることはないと思います。
新馬戦、未勝利戦の舞台でも、上位の上りを使うことができませんでしたからね。
当然、このメンバーでは速い上りを繰り出すことは難しいでしょう。
関東馬にもなりますから、ここはこの馬を危険馬ということにさせてもらいます。

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.