2018年競馬予想記事

【愛知杯2018】予想オッズと人気馬診断

更新日:

今回は愛知杯2018予想となります。

みなさん、新年一発目の競馬はどうでしたか。
個人的には予想も絶好調で、大満足の競馬となりました。

しかし、新年一発目が終わっても、まだまだ競馬は続きます。
来週も大満足の競馬で終われるように、気合を入れて予想をしていきたいと思います。

というわけで、愛知杯2018の予想となります。
今回の記事では愛知杯2018予想オッズ人気馬診断をしていきます。

若干、ネタばれにはなるのですが、
ざっとメンバーを見た感じでは「混戦ムード」の漂ってきます。

果たして、本当に愛知杯2018混戦なのでしょうか。

というわけで、愛知杯2018予想へ入っていきましょう。

スポンサーリンク

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



愛知杯2018 予想オッズ

  1. クインズミラーグロ 2.8
  2. マキシマムドパリ 3.7
  3. キンショーユキヒメ 4.9
  4. ゲッカコウ 6.2
  5. エテルナミノル 13.9
  6. サンタフェチーフ 16.4
  7. アンドリエッテ 16.9
  8. コパノマリーン 22.6
  9. タニノアーパンシー 23.6

ここまでが愛知杯2018で上位人気に推されそうな馬たちです。

牝馬限定重賞の常連どころが揃った感じではないでしょうか。
クインズミラーグロマキシマムドパリなんかは、牝馬重賞のたびに名前を見るような気がします。

愛知杯2018はハンデ戦でもあるのですが、
まだハンデが決まっていないので、なんとも言えないのですが、
おそらく、昨年の覇者マキシマムドパリがトップハンデということになるでしょう。

この予想オッズは、それを見越してのものでしょうね。
実績的には、マキシマムドパリが一番上位のはずですから。

果たして、この予想オッズの見解は正しいのか。
マキシマムドパリは二番人気が妥当なのか。妥当じゃないのか。

そこら辺を人気馬診断として見ていこうと思います。

スポンサーリンク

愛知杯2018 人気馬診断

・クインズミラーグロ
近走はイマイチな結果が続いていますが、
G3、牝馬限定戦、ハンデ戦となれば話しは違うはず。
昨年の愛知杯でも好走しているように、今回の条件でなら通用するでしょう。
格上といえる相手はマキシマムドパリぐらい。
マキシマムドパリがトップハンデとなるようなら、納得の一番人気です。
問題はマキシマムドパリとの斥量差がどれくらいかですが、
こればっかりは決まっていない現段階では何とも言えません。
マキシマムドパリとの斥量差がカギとなる。こう覚えていただければ幸いです。
斥量差1.5キロ以上あれば、十分に勝機はあります。

・マキシマムドパリ
おそらく愛知杯2018はトップハンデとなるでしょう。
問題はどれくらいの斥量となるかですが、結構な重斥となると思います。
クインズミラーグロを基準として、斥量差1キロ以下ならいいのですが、
おそらく2キロ程度の斥量差が出てくるのではないかと思っております。
能力的には申し分ない馬ですが、今回は斥量に泣く結果となりそうな気がします。

・キンショーユキヒメ
愛知杯2018が行われる舞台、中京2000m。
おそらく、この馬にとってはベストな条件なのではないでしょうか。
過去の実績を見てみると、中京2000での好走が目立ちますからね。
後方からの競馬するこの馬にとって、直線が長いのはプラスなのでしょう。
前々走は6着と敗れてしまいましたが、ここでの巻き返しは十分に可能なはず。
斥量次第では、とても面白い存在となるのではないでしょうか。

・ゲッカコウ
前走は2着と好走しましたが、今回はどうでしょうか。
というのも、この馬が小回り巧者である可能性が、非常に高いです。
この馬の実績を見てみると中山、福島、札幌。どれも小回りコース。
今回の愛知杯は中京競馬場、広めのコースで行われます。
小回り巧者のこの馬にとってすれば、厳しい条件といえるのではないでしょうか。

・エテルナミノル
実績を見てもらえば分かるのですが、この馬に2000mは長いはず。
ここまで使ってきたレースは、ほとんどが1600~1800mでしたし、
前々走の2200mは、最後の方で脚が止まっていました。
おそらく2000mでも厳しいはずで、守備範囲内にあるとは考えにくい。
距離的に厳しく、よほど斥量に恵まれない限り、上位争いは難しいはず。

スポンサーリンク

愛知杯2018 人気馬診断まとめ

以上が、愛知杯2018予想オッズ人気馬診断でした。

ここまで愛知杯2018の人気馬たちを見てきたわけですが、
牝馬限定戦、ハンデ戦らしく「混戦ムード」が漂ってきます。
そして、そんな混戦ムードの決め手となりそうなのが「斥量」です。

斥量一つで、どの馬が台頭してきてもおかしくないですし、
極端に斥量に恵まれた馬がいれば、それだけでレースが決まってしまいそうな感じがします。
ここはハンデキャッパーのいい仕事に期待したいですね。

なので、斥量が決まっていない現段階では、
なんとも言えないというのが、正直な感想です。

だから、オススメしたい馬も危険な人気馬もあったものではないと思いましたが……。
予想オッズの段階で、明らかに過小評価されている馬過大評価されている馬がいます。

なので、今回はそれらを推奨馬危険馬として紹介させてもらいますね。
どちらも人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
前走、前々走は大敗してしまった。
しかし、どちらにもハッキリとした理由がある。
前走は大きな出遅れ、前々走は出遅れ+休み明け。
元々、スタートはうまい馬で、今度こそスタートを決めてくれるだろう。
スタートさえ決まれば、強い競馬ができるのは3走前以前の実績が証明している。
にも拘わらず、前走と前々走が影響して、かなり人気を落としていた。
スタート五分ならやれるはずで、このオッズは過小評価といっていいだろう。

【危険馬】
オープン戦で2着の実績が買われて、人気になっている。
しかし、前走は展開に恵まれたところが大きく、舞台設定も申し分なかった。
それだけの条件が揃っていたにも関わらず、2着ではどうなのか。
前走の競馬が過大評価されて、斥量も見込まれるでしょう。
人気的にも、ハンデ的にも過大評価のこの馬は、避けて買うべきだろう。

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.