2018年競馬予想記事

【フェアリーステークス2018】追い切り診断

更新日:

今回はフェアリーステークス2018追い切り診断となります。

昨年の追い切り診断では、散々言ってきたのですが、
キャリアの浅い2歳戦においては、追い切りは重要なファクターとなる。

年が明けて、3歳戦とはなりましたが、
まだまだキャリアが浅い、この時期の3歳戦には適用されると思います。

というわけで、今回のフェアリーステークス2018では、
いつも以上に気合を入れて、追い切り診断をしていきます。

前置きはこれくらいにして、
それではフェアリーステークス2018追い切り診断に入っていこうと思います。

 

フェアリーステークス2018 追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、
追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。

追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。

しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。

説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

スポンサーリンク

フェアリーステークス2018 有力5頭

レッドベルローズB
美浦 南W 良 1月3日(水)
71.6-55.1-40.0-13.6 軽め
外側を通っての二頭併せ馬。
道中をゆったりとしたペースで来て、直線でも抑え気味。
馬の口向きが悪くなってしまうほど、強く抑えつけていた。
それでも直線の動きは良く、しっかりと伸びていた。
軽快な動きにも好感がもて、力強い踏み込みもいい。
この馬なりに好調のはずで、レースへの準備は万端だろう。

プリモシーンA
美浦 南W 良 1月3日(水)
55.8-40.1-12.7 やや強め
真ん中を通っての三頭併せ馬。
力強い踏み込みで、とても好感が持てる。
スピード感も申し分なく、直線ではいい伸びを見せていた。
併せ馬にも、しっかりと先着しており、ポテンシャルの高さが窺い知れる。
レベルの高い追い切りで、ここでもこのメンバーに入っても通用するはず。
ここでも楽しみな存在だと思います。

サヤカチャン【D】
栗東 CW 良 1月3日(水)
80.5-65.9-52.2-39.0-13.2 直線一杯
道中は単走で来ていたが、直線では隣馬と競る形に。
あまり動きが良いとは言えず、緩慢にさえに見えた。
ムチへの反応もイマイチで、ここではどうなのか。
連戦の疲れがないとは言い切れず、ここに向けてのメイチ度は微妙のように思える。

トロワゼトワルA
栗東 CW 良 1月3日(水)
89.1-71.8-55.8-39.9-11.9 馬なり
内側を通っての二頭併せ馬。
道中をゆったりとしたペースできて、直線では鋭く伸びを見せていた。
強く追われてもいないにも関わらず、あの伸びは高く評価できると思う。
追い切りからは非凡な素質を感じ、このメンバーでも素質上位のはず。
好仕上がりのように思え、ここで期待してもいいでしょう。

テトラドラクマS
美浦 坂路 良 1月3日(水)
52.1-37.7-24.5-12.2 馬なり
坂路で二頭併せ馬。
力強い踏み込み、スピード感の走り。好気配を感じる。
全身を使っての走法にも好感がもて、これで調子が悪いというはずがない。
ここに向けての上積みも感じられ、高いメイチ度も伺えた。
追い切りからは文句のつけようがない。

スポンサーリンク

フェアリーステークス2018 全頭

ここからは時計と簡単コメント、追い切りランクのみの評価となります。

アントルシャB
栗東 坂路 良 1月3日(水)
53.6-39.0-24.8-12.0 強め
スピード、踏み込みともに問題ない。
この馬に好調のはずで、力は出せる仕上がり。

グランドピルエットC
美浦 南W 良 1月3日(水)
69.7-54.7-40.5-13.9 馬なり
直線での伸びには、目を見張るものがある。
ただ、時計平凡で、終いにバテ気味だったのはどうか。

ジーナスイートC
栗東 坂路 良 1月3日(水)
54.2-39.1-25.1-12.3 やや強め
あまり目立たない動き。走りに若干の幼さも残る。
今回、このメンバーに入ってしまってはどうか。

シスル【D】
美浦 南W 良 1月3日(水)
71.1-55.2-41.2-13.0 馬なり
ややスピードに欠ける感じがする。
レースに向けて、万全とはいえない。
このメンバー、このレースではどうか。

ジョブックコメンB
美浦 南W 良 1月3日(水)
54.9-40.4-12.9 やや強め
時計以上のスピードが感じれる。
時計平凡でも、しっかりと準備はできているだろう。

スカーレットカラーC
栗東 CW 良 1月3日(水)
85.4-68.6-53.4-38.7-12.6 馬なり
あまり目立つような動きではない。
このメンバーに入ってしまってはどうか。

デュッセルドルフC
美浦 南W 良 1月3日(水)
53.9-39.1-12.6 直線強め
併せ馬に先着を許す。
直線ではイマイチ伸びを欠いていた。
頭の高さも気になり、ここではどうなのか。

ハトホルA
美浦 南W 良 1月3日(水)
69.6-54.1-39.9-13.2 直線強め
直線で併せ馬を突き放す、素晴らしい伸びを見せていた。
これで調子が悪いということはなく、好調といっていいはず。
前走からの上積みはありはずで、素質もこのメンバーに入っても劣らない。

フィルハーモニーC
美浦 南W 良 1月3日(水)
86.4-70.4-55.9-41.2-13.6 直線やや強め
あまり目立たない動き。
時計、動きともに平凡で、ここではどうだろうか。

ライレローズC
美浦 南W 良 1月3日(水)
69.0-53.7-40.4-13.5 馬なり
直線では、緩やかな伸びを見せていた。
しかし、あまり目立つ動きとはいえず、平凡な印象を受けた。
時計もそこまで目を見張るものではなく、この相手関係ではどうか。

レネットB
美浦 南W 良 1月3日(水)
55.1-40.5-13.1 馬なり
直線に入って、すぐに鋭い伸びを見せていた。
しかし、その後は伸びを欠き、併せ馬に徐々に詰め寄られていた。
一瞬の伸びはよかったのだが、それ以降が微妙。
判断に難しいが、力は出せる仕上がりにあるということにしておきましょう。

スポンサーリンク

フェアリーステークス2018 追い切り診断まとめ

以上が、フェアリーステークス2018追い切り診断でした。

今回のフェアリーステークス2018有力馬そうでない馬で、
状態の良しあしが、ハッキリ別れたかなという印象です。

追い切りが良いと思った馬は、有力馬に多かったですし、
フェアリーステークス2018「堅いレース」になりそう予感がしてきました。

では、そんな堅いレースになりそうな、
フェアリーステークス2018で、最も堅そうな馬はどの馬なのか。

今回はその最も堅そうな馬というのを「推奨馬」として紹介させてもらおうと思います。
また推奨馬と合わせて「危険な人気馬」というのも紹介させてもらいます。
どちらも人気ブログランキングの方で公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
前走も、中々いい競馬を見せてくれてたのだが、
今回に至っては、追い切りから前走以上の好気配を感じた。
となれば、このメンバーでなら上位の存在となるはず。
鞍上の評価も高い馬で、数いるお手馬の中からこの馬を選んでくれた。
追い切り万全、騎手万全、能力万全。
フェアリーステークス2018で、最も堅いのはこの馬だと思います。

【危険馬】
ここまで連戦連闘で、すでに7戦も消化している。
この時期で、これだけ使っていれば、使い詰めと言わざるを得ないだろう。
上積みなんてものはあるはずがなく、追い切りからは調子が下降線に入っているようすら見えた。
これまでの実績から、結構な人気にもなっていますし、ここでは危険な人気馬になると思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.