2018年競馬予想記事

【中山金杯2018】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回は中山金杯2018過去データ分析となります。

新年一発目の重賞「中山金杯」。
今年の競馬運を占う上では、ぜひとも当てておきたいところです。

今回は中山金杯過去データ分析記事となるのですが、
これまで、馬たちはどんな結果を残して、どんなデータを見せてくれるのか。
彼らの新年一発目の走りを、しっかりと分析していこうと思います。

というわけで、本題へと入っていきましょうか。

スポンサーリンク

 

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



中山金杯 過去データ

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・年齢・枠順・脚質・斥量。大きく分けてこの5つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ

こちらが中山金杯の過去10年人気別データとなります。

ざっと見たところ、人気どころでの決着が目立つ感じになってますね。
1~4番人気の単勝回収値が100越え。複勝回収値に関しても85を超えています。
さらに、1番人気にいたっては複勝率70%。
過去10年で7回も馬券になっていますから、当然ここでも馬券になる可能性は高いでしょう。

中山金杯の人気別データを、さらに分析していくために、
単勝オッズ別のデータまで、見ていきましょうか。

やはり、人気どころでの決着となっていますね。
データからは買った方がいいオッズラインは、2.0~9.9倍でしょうか。
とりあえず、単勝一桁台の人気に推されている馬は買い
これは覚えておいた方がいいでしょうね。

年齢別データ

こちらが中山金杯の年齢別データとなります。

うーん、そこまで顕著な傾向はありませんね。
強いて言うなら、8歳馬は消しということでしょうか。
それ以外には大きな傾向はなく、どの年齢の馬も万遍なくきています。

これだけでは物足りないので、もう少しデータを見ていこうと思います。
続いては、性別別データとなります。

これは強烈なデータが出ていますね。
過去10年で牝馬は一度も馬券になっていません
出走頭数が10頭と、ややサンプルに乏しいですが、これは頭に入れておいた方がいいでしょう。

最後のおまけに所属別データも見ておきたいと思います。

やや関西馬が有利な傾向にあるでしょうか。
すべての数字において、美浦よりも栗東がいい値を示していますからね。
これもまた、参考になりそうなデータです。

スポンサーリンク

枠順別データ

続いて、こちらが中山金杯の枠順別データとなります。

ざっと見た感じでは、内枠有利傾向が強いですね。
1~3枠の勝率が10%を超えています。これは他枠と比較して高い数値になっています。
連帯率と複勝率に関しても、他枠よりやや高い傾向にあります。
6枠の連帯率、複勝率の高さも気になりますが、内枠有利ということで大丈夫でしょう。

脚質別データ

こちらは中山金杯の脚質別データとなります。

ざっと見た感じでは先行と差しがいい?と思うかもしれませんが、
僕は、逃げ先行馬が有利な傾向にあると考えます。

差し馬は過去10年で4勝こそしていますが、単勝回収値がサッパリです。
これは勝った差し馬が、実力馬だったということが分かります。
引き換え、先行馬の単勝回収値は90超え。
逃げの複勝回収値に至っては、200近い数字をたたき出しています。

これは逃げ先行有利傾向にあると見ていいのではないでしょうか。

それをハッキリさせるためにも、上り3F別データを見ていこうと思います。

やはり、ここでも逃げ先行馬が有利であるという傾向が出ていますね。

上り1位よりも2,3位の方が良績を残している。
さらに上り5位までの馬たちも、いい数値を出しています。

後方から最速の上りを使える馬よりも先行してある程度の上りを使える馬の方がいい。
これらのデータは、このことを如実に表しています。

斥量別データ

中山金杯はハンデ戦ということで、斥量別データも見ていこうと思います。

ハンデ戦なので、てっきり軽ハンデ馬が有利かなと思っていたのですが、そんなことはないようです。
~48キロから54キロまでは、非常に厳しいというデータが出ています。

さらによくデータを見ていると、ハンデが重ければ重いだけ、いい成績を残しています。
中山金杯はハンデ戦ということなのですが、ハンデにはあまり左右されない結果になる。
実力通りの決着となることが多いのかなと思います。

スポンサーリンク

 

中山金杯 データ結論

ここまでのデータをまとめますと、

・人気決着になりやすい
・8歳馬は消しで、牝馬も厳しい。
・やや関西馬に分がある。
・内枠有利
・逃げ先行馬が良績を残している

以上の、5点があげられると思います。

まだ、枠順が出ていないこととを考えると、
現状で見るべきポイントは、4点に絞られるのではないでしょうか。

となると、過去データ的に有利なのは、栗東所属の人気している逃げ先行馬

では、この条件にピッタリと当てはまる、過去データからの強馬とはどの馬なのか。

今回は、その馬を過去データからの推奨馬として紹介させてもらいます。
また、過去データからは危険だと思われる危険な有力馬も発表させてもらいます。
それら二頭は、人気ブログランキングにて公開中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
過去データ的に有利なのは、栗東所属の人気している逃げ先行馬ということでしたが、
今回の中山金杯で、それにピッタリと当てはまる馬がいない。
ならば、ここはやや有利ということに留めていた、栗東所属という部分を省いて考えてみた。
関東馬ということ以外は、ピッタリと好走条件に当てはまっており、いい感じ。
先行しての好走が多いことから、今回も間違いなく、前に行ってくれるだろう。
ややハンデが見込まれた感じがありますが、斥量はあまり関係ないというデータも出ていたので、
過去データからの推奨馬は、この馬ということにさせていただきます。

【危険馬】
逆に危ないパターンにピッタリと当てはまってしまうのが、この馬です。
差し馬の8歳牝馬。データ的には最悪の形です。
前走こそ久しぶりに馬券になってくれましたが、あれは鞍上の好判断によるところが大きい。
勝ち馬にクビ差まで迫りましたが、乗り替わりとなる今回はどうか。
データ的にも考えても、普通に考えても、中山金杯2018では厳しいのかなと思ってしまいます。

~追記~
最終予想を公開中!

≪PR≫隙間時間で!血統を勉強するなら競馬ゲームアプリ

ダービーインパクトは騎手・馬・レース場全て実名であるのはもちろん、フル3Dグラフィックのレースシーンは熱狂もの!アプリ内で実際の競馬と合わせたレース予想イベントや、『先行』や『逃げ』などの脚質に合わせたレース予想が学べるのがおすすめポイント!血統の奥深さを楽しみながら、自分だけの最強馬でG1・地方レース・海外レースを制しましょう!

さらに今なら新人オーナーログインプレゼントを実施中。有名騎手や有名馬が手に入ります!

詳細は下記のリンクからどうぞ。

ダービーインパクト

ダービーインパクト
開発元:Ateam Inc.
無料
posted withアプリーチ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.