2017年競馬予想記事

【ホープフルステークス2017】過去10年間のデータ・傾向

更新日:

今回はホープフルステークス2017過去データ分析となります。

今回からG1に格上げとなったホープフルステークス
このレースがG1になってくれたおかげで、有馬記念後の楽しみが一つ増えました。

今回はホープフルステークス過去データ分析記事ということになるのですが、
G1に格上げされたことが仇となり、これまでのデータが、どこまで通用するかわかりません。
ですので、今回の過去データ分析は参考程度にご覧になっていただけると幸いです。

というわけで、本題へと入っていきましょうか。

スポンサーリンク

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ホープフルステークス 過去データ

今回は過去10年間のデータを参照して、傾向を探っていきます。
人気・枠順・脚質・所属。大きく分けてこの4つのデータを見ていこうと思います。
それでは、各データの考察に入っていきましょう。

人気別データ


こちらがホープフルステークスの過去10年人気別データとなります。

うーん、そこまで顕著な傾向はありませんね。
強いてあげるなら、2番人気の複勝率の高さでしょうか。
1番人気を上回る70%で、複勝回収値も100を超えています。

これだけではなんとも言えないので、単勝オッズ別データを見ていきましょうか。


こちらで目につくのは、15.0~19.9倍の好走でしょうか。
単複回収値も100超えですし、勝率なども上位人気並みにありますからね。
穴を狙うなら、これくらいのオッズがいいのではないはずです。

人気馬に関しては……やはり、なんとも言えません。
人気通りの順当な結果となっているというべきでしょうかね。

枠順別データ


続いて、枠順別データとなります。

パッとみたときに目に留まるのは、1枠の単勝回収値の高さですね。
単勝回収値292は圧倒的な数字です。これは1枠の穴馬の激走が目立つということでしょう。
穴馬が潜んでいるのは1枠。覚えておいて損のない情報だと思います。

それ以外は内外あまり偏った数値にはなっていません。
ただ、1枠の好走例から考えて、内枠有利外枠不利の傾向があると考えてもいいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 

脚質別データ


これははっきりと傾向が出ていますね。先行馬有利

先行馬有利傾向の時は、だいたい逃げ馬も良績を残しているのですが、今回に限っては駄目ですね。
10年で3着以内が、一度もないというのは強烈です。
これでは口が裂けても、逃げ馬が有利とは言えません。

差し馬もそこそこの数字を残しているものの、やはり先行馬には遠く及びません。
再度、言わせてもらいますが、先行馬有利。これは覚えておきましょう。


続いて、上り3Fの順位別データとなっています。
こちらのデータでは、上り1位よりも2,3位の方が良いというデータが出ています。

上り1位よりも2,3位の方が良績を残している理由は、
先ほどの脚質別データと照らし合わせれば、すぐに答えが出てくると思います。

ホープフルステークスでは先行して、上り2,3位の脚を繰り出している馬が台頭しているのです。

これはかなり強烈なデータなのではないでしょうか。

所属別データ


これもいい傾向が出ていますよね。関東馬有利
栗東の方が多くの馬を出しているのですが、勝ち鞍は美浦の方が多い。
単複回収値も大きく上回っており、関東馬優勢のデータは揺るがないでしょう。


今回のホープフルステークスは牝馬がいるということで、性別データも見ていきます。

牝馬の出走回数が少ないので、あまり参考にすることはできませんが、
牡・セ馬の方が有利ということでいいのではないでしょうか。
過去10年で一度も牝馬が勝っていないわけですからね。やはり斥量差1キロは厳しいですよね。

スポンサーリンク

 

ホープフルステークス データ結論

ここまでのデータをまとめますと、

・2番人気の複勝率はいい。15.0~19.9倍の穴馬が好走。
・1枠の激走が目立つ。内枠有利、外枠不利の傾向がある。
・ある程度の上りが使える先行馬の台頭。
・関東馬有利。牡・セ馬有利。

以上の、4点があげられるかと思います。

枠順が出ていないこと、人気が確定していないことを考えると、
現状で見るべきポイントは、2点なのではないでしょうか。

先行馬である程度の上りが使える、関東馬。
これを探すことが、過去データからの強馬を見つけることにつながると思います。

では、この条件にぴったりと当てはまる、過去データからの強馬とはどの馬なのか。

その馬は、過去データからの推奨馬として紹介させてもらおうと思います。
また、過去のデータ的に危険だと思われる危険な有力馬も紹介させてもらいます。
今回も、その二頭は人気ブログランキングにて発表中ですので、ぜひご覧くださいませ。

推奨馬→人気ブログランキング

危険馬→人気ブログランキング

【推奨馬】
今回のホープフルステークスは関東馬の出走が少なめ。
数少ない関東馬から、ある程度の上りが使える先行馬となると、この馬しかいない。
新馬戦では他馬と1秒以上の差をつける上り最速。差し足に関しては申し分ない。
前走は4番手からの競馬で、上り2位。先行しての上りもしっかりと使えている。
これは過去のデータ的にぴったりと当てはまるのではないでしょうか。

【危険馬】
ホープフルステークスは逃げ馬が厳しいというデータが出ている。
ここまで2連勝で勝ち上がってきたが、それはいずれも逃げのもの。
となれば、ここで逃げない理由がなく、当然逃げるでしょうね。
栗東所属馬でもありますし、ここは消しの評価がいいのではないでしょうか。

 

~追記~
最終予想を公開しました。

≪PR≫今ならJRA-VANに登録して、最大2000円のキャッシュバックがもらえる!

皆さんJRA-VANはご存知でしょうか?わからないよという方に説明すると、馬券購入に役立つオッズ情報や競馬情報をはじめ、競馬のデータを簡単に収集することができるサービスです。TARGET(ターゲット)という競馬ソフトは皆さんも一度は耳にしたことがあると思います。このTARGETもJRA-VANが提供するJRA-VANデータラボをデータ元にしているんですよ。僕もこのTARGETとJRA-VANデータラボを駆使して、競馬の予想を行っています。またJRA-VANネクストというサービスも捨てがたいですね。ここでは説明を省かせてもらいますが、こちらの説明は公式ページをご覧ください。さてこんな素晴らしいサービスが今、お申込みいただくと最大2000円キャッシュバックが得られてしまうんです!やり方はとても簡単でお申込みの際にキャンペーンコードを打ち込むだけ。ものの数十秒で終わってしまう作業です。これはもうやるしかありませんよね?

お申込みの際はこちらのクーポンコードをお忘れなく、ご記入くださいませ。

クーポンコード→ KVV23KEYVVV2VVV4

JRA-VANのお申込みはこちら→https://jra-van.jp/buy/index.html

※キャッシュバックはQUOカードでとなりますので、ご注意くださいませ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2017年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.