2017年競馬予想記事

【ホープフルステークス2017】予想オッズと有力馬診断

更新日:

今回はホープフルステークス2017予想記事となります。

みなさん、有馬記念はどうでしたか。キタサンブラック強かったですよね。
予想の際には色々とケチをつけてきましたが、やっぱり現役最強馬だなと思わせる走りっぷりでした。
文句のつけようがない、有終の美だったと思います。

キタサンブラック、お疲れ様でした。
たくさんの感動レースを届けてくれて、ありがとうございました。
元気なキタサンブラック産駒の活躍を、今から心待ちにしています!

さて、そんなわけで有馬記念が終わったわけなのですが、競馬はまだ終わっていません

そうです。中央競馬、最後のG1となるホープフルステークスが残っています。

有馬記念で負けてしまった人は取り戻す、勝った人は倍プッシュのチャンスがあるのです。
今年の最後のG1でもありますし、景気よくバシッと的中させてたいところですよね。

というわけで、今年最後を勝利で飾るために、予想していきましょうか。

スポンサーリンク

 

ホープフルステークス2017 予想オッズ

① ジャンダルム 2.7
② ルーカス 2.8
③ タイムフライヤー 4.4
④ フラットレー 6.5
⑤ サンリヴァル 10.2
⑥ シャルルマーニュ 26.7
⑦ ナスノシンフォニー 30.6
⑧ トライン 31.0
⑨ ジュンヴァルロ 54.4

ここまでが、ホープフルステークス2017で上位人気に推されそうな馬たちです。

阪神JF、朝日杯FSと比べてしまうと、やや劣ってしまうかなというような印象です。
これくらいの距離で、圧倒的なパフォーマンスを発揮していたワグネリアンがいませんからね。
現状の、2歳1800~2000mでは、抜けた存在だと思っていただけに残念です。

しかし、逆にワグネリアンがいないことで、混戦ムードを漂ってきています

予想オッズで、1番人気に推されているジャンダルムは、ここまでマイルを使ってきた馬ですし、
2番人気のルーカスは、ワグネリアンに力差を見せつけられており、どこまで力を信用していいのか。
タイムフライヤーとフラットレーも、前走で負けていますしね。

予想オッズも割れ加減で、非常に難しい一戦であることを示していると思います。

そんな難しいレースではありますが、その中でも一番チャンスがありそうな馬は、どの馬なのか。
そこら辺を、有力馬診断として見ていこうかなと思います。

スポンサーリンク

 

ホープフルステークス2017 有力馬診断

・ジャンダルム

2戦2勝の無敗馬です。
2戦のうち、1戦は重賞でのものですから価値ある、無敗といっていいでしょうね。
ただし、それらはいずれもマイルでのもので、ここではあまり信頼を置くことはできないでしょう。
前走、前々走の走りを見ていると、2000mでも問題ないではないとは思いますが……。
前走はゴール板を過ぎても、まだいい脚を使っていましたからね。
しかし、これはあくまで憶測の域を出ません。
ここまで人気していますし、軸として据えるのはどうかなと思ってしまいます。

・ルーカス

新馬戦で見せた走りから、非常に評判となっていた馬です。
ですが、前走はワグネリアンに完敗。影すら踏ましてもらうことはできませんでした。
この結果から、この馬をどこまで評価するかですが、僕は依然として高い評価にしています。
というのも、前走はズブイ面を見せており、それは休み明けが影響していたとみています。
さらに、直線では内から外へ大きく進路を変更しており、かなりのロスがありました。
それでも終いには追い込んできて、2着だったのですから、非常に高いポテンシャルを感じました。
今回は一叩きして、前走よりも反応は良くなっているでしょうし、直線もスムーズなら違うでしょうね。
スタートがあまり早くない、この馬にとっては距離延長もプラスで、距離も苦にしないはず。
現時点では、重視したいと思っている一頭で、このメンバーなら能力上位は明白です。

・タイムフライヤー

前走は圧倒的1番人気に推されながら、2着に敗れてしまいました。
おそらく圧倒的1番人気に推された理由は、ロックディスタウンとアドマイヤアルバとの接戦、萩Sでの圧勝だと思います。
しかし、今になって見てれば、ロックディスタウンは阪神JFで大敗。
アドマイヤアルバも500万条件で勝ちきれませんでしたし、そこまで評価できる接戦ではないはずです。
さらに萩Sでの圧勝も、他馬のそれからの成績を見ると、ただ単にレベルが低かっただけに感じます。
前走も決して強いメンバーというわけではありませんでしたし、G1となる今回はどうでしょうか

・フラットレー

前走は、新馬戦での競馬が評価されて、圧倒的1番人気に推されましたが5着。
いくら不良馬場だったとはいえ、流石に負けすぎのように思えます。
新馬戦で走ったメンバーのその後を見ると、どの馬もイマイチぱっとしない成績です。
これは新馬戦のレベルが微妙だったと言わざるを得ないのではないでしょうか。
前走から今回で相手関係も強化されますし、ここでは厳しいとみています。

・サンリヴァル

前走は同距離、同舞台で勝ちました。
その時の相手もファストアプローチ、トゥザフロンティア、コスモイグナーツと弱い相手ではありません。
これは、プラス材料としては申し分ないのではないでしょうか。
さらに新馬戦はタイム差なしの接戦でしたが、接戦を繰り広げた馬たちは、すべて未勝利を勝ち上がっています。
これはこの馬の実力が、確かなものであるということを証明してくれています。
前走からやや間隔は空きましたが、鞍上も継続騎乗ですし、ここでの軽視は危険でしょうね。

スポンサーリンク

ホープフルステークス2017 有力馬診断まとめ

以上が、ホープフルステークス2017の予想オッズと有力馬診断でした。

ここまで有力馬たちを見てきましたが、不安を抱えている有力馬もチラホラ
これまでの2歳重賞とは違い「荒れるような予感」がしています。

うーん、これは一気に楽しみになってきたぞー。
やっぱり、競馬っていうのは荒れてナンボだと思いますからね。
今から、美味しい配当にワクワクが止まりません。

さて、今年最後のG1ホープフルステークスでは、
なんとしても、来年に向けての希望を掴みたいところですよね。

そこで、僕が現時点で軸として最適だと思っている有力馬は……。
いつも通り、人気ブログランキングで発表させてもらいますね。

さらに、なんと今回は!
現時点で、最も危険だと思っている危険な有力馬も紹介させてもらおうと思います。
年末年始の大サービスです!こちらも人気ブログランキングで発表中です。

推奨馬人気ブログランキング

危険馬人気ブログランキング

【推奨馬】
上述した有力馬診断を見てくれた人は、察しがついていると思いますが、二頭で迷いました。
ですが、僕はこれまでの実績を考えて、こちらの馬の方が安定して走ってくれるだとうと判断しました。
この馬の特徴は、おそらく相手なりに走ってくれる堅実さでしょう。
このタイプの馬はイマイチ勝ちきれないことが多いのですが、そこのところを鞍上がカバーしてくれている印象です。
ここでも、その堅実な走りで、上位争いをしてくれるでしょうね。
そして、これまで通り、鞍上の最後の一押しで見事な勝利を飾ってくれると思います。

【危険馬】
この馬に2000mは長いと思います。
前走も2000mで、終いにバテて差されていましたからね。
さらにこれまでの勝利は、相手に恵まれていた節もあり、この相手関係ではどうでしょうか。
上積みがあるようであれば、ここでも勝負になるかもしれませんが、休みなしでデビュー5戦目。
大きなリフレッシュ期間もなく、約1月おきに使っているので、上積みには期待できないでしょう。
むしろ、2歳馬でこれだけ使っているのですから、疲労も気がかりになります。
総合的に考えて、この馬はオッズとの釣り合いが取れていない、危険な有力馬とさせてもらいます。

 

~追記~
最終予想を公開しました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2017年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.