2017年競馬予想記事

【有馬記念2017】予想と土曜馬場の傾向【最終予想】

更新日:

今回は有馬記念2017の予想となります。

ついに、有馬記念2017の前日となってしまいましたか。

これまで有馬記念2017に関してましては、

有力馬診断
一週間前追い切り診断
過去データ分析
キタサンブラックの弱点
穴馬診断
追い切り診断
枠順見解

と、多くの予想記事を投稿してきました。

ですが、有馬記念2017の予想はついに大詰めを迎え、
あとは土曜馬場の傾向読みと最終予想を残すのみとなりました。

今回の記事ではこの二つをやっていこうと思うのですが、
その前に、有馬記念2017の関連記事に目を通させれることを推奨します。
最終予想でなぜこの馬を重視したのかが、より伝わりやすいと思いますので。

さて、それでは本題に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

土曜馬場の傾向

今回、馬場傾向を読むうえで参考にしたのは、本日行われました中山4、11Rになります。
中山11Rは芝2500の有馬記念と同舞台、同条件。
中山4Rは有馬記念の舞台に近いということで選びました。
なので、この2レースは参考にして問題ないでしょう。

では、まずは中山4Rから見ていきますね。

これは4コーナーを周った時の、各馬の位置となります。
赤い丸が1着馬、青が2着、緑が3着、ピンクが4着馬です。

これははっきりと傾向が出ているのではないでしょうか。

内側前有利

1着、2着、4着馬は前目のインに位置をとっていることがわかりますよね。
これらの馬はどれも人気薄の馬で、この中で実力上位とは言えない存在の馬ばかりでした。
特に4着馬は、14番人気という超人気薄でした。これは内側前目に利があったといっていいはずです。
唯一、外側後方から追い込んできた3着馬は、2番人気の実力馬でした。
なので、3着馬は強すぎたということで、度外視できるのかなと考えております。

しかし、1レースだけで結論づけるのは早計。

今度は中山11Rを見ていこうと思います。

こちらの場合は直線に向いたときに先団にいた馬で決まっているのがわかると思います。
内外は関係なく、とにかく前目のポジションにつけていた馬たちが台頭しています。
1番人気、6番人気、4番人気の決着ですから、中山4Rほどの強烈さはないものの、有利があったと見ていいはずです。

これと、

これ。

聡明な皆さんなら、もう馬場傾向はお気づきですよね?

 

土曜馬場の傾向 まとめ

というわけで、土曜の馬場傾向からは前有利の傾向があるということがわかりました。
中山11Rで内外が関係なかったので、横位置取りについてはそこまで極端な傾向はないと思います。
とにかく前。前を買うことが有馬記念2017の的中につながる。そう覚えていただければ結構です。

では、どの馬が前で競馬できそうなのか。

僕はキタサンブラックではないかと思います。
1枠2番、周りに先行馬も見当たりませんし、すんなりと前に行くことができると思います。
他の前に行きたい馬は、全部外目の枠に入りましたし、ここはこの馬しかいないはず。
枠順を味方につけ、馬場傾向をも味方につける。キタサンブラックは本当に恐ろしい馬ですね。

というわけで、土曜馬場傾向の分析は、この辺で終わらせてもらいます。

いよいよ次項は、有馬記念2017の最終予想へと入っていきます!

スポンサーリンク

 

有馬記念2017 最終予想

今回の最終予想では◎、○、▲、△、★、そして危険な人気馬の6頭を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
本命はキタサンではなく、この馬にした。
というのも、おそらく今回はこの馬に展開が向くのではないかとみています。
キタサンブラックは先行してからのラスト4F勝負という、いつもの必勝パターンに持ち込もうとするはず。
もちろんそれは他の騎手も理解しているので、後方の各馬は早めに捲っていくはずです(特にデムーロ騎手とムーア騎手)。
となれば、ラスト4F前から速いペースになってしまい、キタサンには厳しいペースになるでしょう。
捲っていった各馬も、厳しいペースで走らされていますから、終いにバテてしまうはず。
そこで、この馬に勝機が巡ってくるのです。
インの後方でじっくり構えていたこの馬が、末脚一閃。
バテててきた有力馬たちを、ラスト1Fでこの馬が抜き去るのです。
昨年の有馬記念で見せたような競馬ができれば、勝ち負けになる可能性が高いでしょう。

○キタサンブラック
枠に恵まれ、馬場傾向に恵まれた。
しかし、それでも不安要素を拭い去ることはできません。
キタサンブラックの弱点の項でも話したように、気になるのは疲労度合い。
これまでの激戦の疲労がないわけはなく、どこまでこの馬を信頼できるかは怪しいところです。
引退レースということで日本人騎手は忖度してしまう可能性がありますが、外国人騎手は違います。
上述しましたが、後方の有力各馬は、勝つために早めに捲ってくるとみています。
そうなるとキタサンブラックにとっても、厳しい戦いになることは間違いないでしょう。
神に愛された現役最強馬といえど、ここでは絶対の存在ではありません

▲シャケトラ
最近の成績はイマイチですが、ここでなら一発あると思います。
前走は大外枠なので度外視。前々走は極悪馬場なので度外視。
近走はいずれも度外視できる内容で、それを除けば、強い競馬を見せてくれています。
特に同舞台、同条件で行われた日経賞での走りは、有馬記念でも十分に通用する内容でした。
有力馬たちに不安が残る、今回なら一発みせてくれても不思議ではありません

△シュヴァルグラン
前走はキタサンブラックを破っての、いい競馬を見せてくれました。
元々、あれぐらいやれる馬だと思っていましたし、キタサンブラックに勝ったことには驚きませんでした。
しかし、それは広いコースの東京競馬場ならばの話し。
今回の有馬記念2017が行われる中山競馬場は、コースが狭めの小回りコースです。
小回りはこの馬には向いていないと思っており、おそらく100%の能力を出し切ることができないと思います。
また、前走がメイチだったのは明白で、前走以上の出来にあるということは、まずないはず。
さらに、今回は枠順にも恵まれませんでした。
総合的に考えて、これくらいの評価に留めておくのが妥当なのではないでしょうか。

★ミッキークイーン
馬のポテンシャルを考えると、上位に食い込んでくる可能性は高いでしょう。
前走のエリザベス女王杯では、展開不向きの中、よく追い込んできていました。
叩き2走目の上積みにも期待できそうですし、ここで勝ちきっても不思議はありません。
ただ、やはり枠順に恵まれなかったことと、馬が気分屋というところをマイナス評価にしています。
気持ちが入っているときのこの馬は強いのですが、気持ちが競馬に向いていないときは……。
さらに、土曜馬場の傾向も、この馬には味方しなかったことを考えると、これくらいまでの評価でしょうね。

危険な人気馬→人気ブログランキングにて公開中
ここは思い切って、この馬を消します。
現在、かなりの人気に推されていますが、それは大半が騎手人気によるものでしょう。
馬自体は、そこまで強いとは思えません。
前走は、実質のトップハンデを背負っての快勝でしたが、メンバーレベルが低すぎます。
前々走は、勝ち馬と着差以上の力差を見せつけられての2着。
その勝ち馬が通用しなかったのですから、このほぼ同じメンバーで勝てなかったのですから、
単純に考えると、この馬は能力がもう一つ足りないはずです。
さらにこの馬は兼ねてから言われているように、右回りがあまり得意ではなさそうです。
僕も少し前までは大丈夫だと思っていたのですが、レース映像を見返してみると……。
これまでの走りから、小回りコースもそこまで向いていないでしょう。むしろ苦手のようにさえ見えます。
今回は外枠も引いてしまいましたし、過剰人気すぎると判断して、ここは消しでいきたいと思います。

スポンサーリンク

 

まとめ

以上で、有馬記念2017の予想とさせていただきます。

念には念を入れて予想してきた、今回の有馬記念2017。
今年の集大成ともいえる良い予想できたのではないかと思います。
あとはこの予想が、どう結果として現れるですが……。

うーん、今から楽しみすぎてやっべぇぞ!(古いかな笑)

というわけで、今回の記事はこの辺で締めさせていただきます。
みなさん、有馬記念2017も頑張っていきましょう! ありがとうございました。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「アギョウの競馬ラボ~勝ち組になれる競馬予想ブログ~」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2017年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.