2019年競馬予想記事

【オーシャンステークス2019】過去データ・傾向

更新日:

今回はオーシャンステークス過去データ分析となります。

今週末は中山競馬場にてオーシャンステークスが行われます。レッドファルクス、ファインニードルが引退した今、まさに今のスプリント路線は群雄割拠の時代に入っています。シルクロードステークスで圧巻のパフォーマンスを見せたダノンスマッシュ、阪急杯ではスマートオーディンが鬼のような末脚を披露してくれました。高松宮記念へ向けての前哨戦では、次々とこれからのスプリント界を背負う新星たちが現れています。では、このオーシャンステークスではどうなのか。新たな世代であるモズスーパーフレアなどが、この世代交代を告げるのでしょうか。それともナックビーナスなどが古豪の維持を見せるのでしょうか。さぁ、今後のスプリント界を占う一戦オーシャンステークス。今から非常に楽しみですね!というわけでオーシャンステークス過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



オーシャンステークス 過去データ分析

今回は中山競馬場の馬場改修後、過去4年間のデータから人気・年齢・性別・枠順・脚質の基本データに加えて、前走着差・前走クラス・前走着順・前走4角位置・所属データを見ていくことで今回のオーシャンステークスで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 1- 1- 1- 1/ 4
2番人気 0- 1- 0- 3/ 4
3番人気 0- 1- 0- 3/ 4
4番人気 0- 1- 2- 1/ 4
5番人気 1- 0- 0- 3/ 4

1~5番人気で過去4年2勝。1番人気の複勝率75%などを考えると、オーシャンステークスは人気サイドで決まりやすいレースなのではないでしょうか。シルクロードステークス、阪急杯、そしてこのオーシャンステークス。これらはその開催時期から高松宮記念の前哨戦として行われます。当然、高松宮記念を狙っている有力馬も多々出てきますから、それらが順当に結果を出しているという感じではないでしょうか。ただ、シルクロードステークスや阪急杯と比べると、やや手薄なメンバーになりやすいので、余計に紛れがづらく、人気サイドで決まりやすいのかもしれませんね。

年齢

年齢 着別度数
4歳 0- 1- 1- 9/11
5歳 3- 1- 1- 9/14
6歳 0- 1- 1- 9/11
7歳 1- 1- 0- 7/ 9
8歳 0- 0- 1-12/13

5歳の好走というのが目立ちますが、どの年齢も万遍なく来ているといっていいでしょう。ただ、流石に8歳というのは厳しいようで、連帯経験が唯一ありません。基本的にはどの年齢でもフラットに見ていいと思いますが、5歳には要注目。8歳以上はやや割引といった感じでしょうか。

性別

性別 着別度数
牡・セン 3- 2- 3-39/47
1- 2- 1-13/17

牝馬も問題なく来ていますね。むしろ連帯率や複勝率で考えると牝馬の方がいいまであります。中距離と違い、1200メートルはスピードだけでも十分に押し切れます。スタミナやパワーに欠けることが多い牝馬でも、十分に牡馬たちに割って入る余地はあるのです。さらに先日行われた京都牝馬ステークスや、後日行われる中山牝馬ステークスなど。牝馬限定重賞が数多くあるにも関わらず、わざわざ牡馬混合のココを選んでくるというのは、それだけの見込みがある牝馬でもあるのです。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 2- 0- 6/ 8
2枠 0- 1- 1- 6/ 8
3枠 0- 0- 0- 8/ 8
4枠 1- 0- 1- 6/ 8
5枠 1- 0- 1- 6/ 8
6枠 2- 0- 0- 6/ 8
7枠 0- 1- 1- 6/ 8
8枠 0- 0- 0- 8/ 8

まだ開催前半にも関わらず、外枠からの好走というのが多々見受けられます。これは何故なのか。少々ネタバレになってしまうのですが、これはペースが速くなりやすいからなのです。近5年で前後半3ハロンの平均は33.5-34,8秒。いくら開幕週といえど、これはペースが速く、前に行った馬たちがずるずる下がってくる。そこを外からズドンというのが例年の傾向なのです。これは多分、開幕前半だから前が有利!という騎手の心理が、裏目に出ているといった感じでしょうか。今年もテンが速そうな馬が揃いましたから、この傾向は当てはまると思います。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 2- 0- 2/ 4
先行 1- 1- 0-13/15
中団 3- 1- 2-17/23
後方 0- 0- 2-20/22

先程の枠順データでネタバレされたように、オーシャンステークスはペースが速くなりやすいです。上の表を見てもらえばわかるように、1200メートル戦にも関わらず、逃げ先行馬で過去4年1勝と苦戦しています。オーシャンステークスでは開幕週でも差し馬に注目しましょう。ただ、後方からでは連帯は厳しいようですから、あまりにも後ろすぎる馬というのもダメです。中団のちょうどいいポジションを取れそうな馬がわかれば、このレースはもう当たったようなものですね。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回のオーシャンステークスで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走着差

前走着差 着別度数
負1.0~1.9 0- 1- 0-10/11
負2.0~2.9 0- 0- 0- 3/ 3
負3.0~3.9 0- 0- 0- 2/ 2
負4.0~ 0- 0- 0- 1/ 1

前走1.0秒以上負けてしまった馬(ラブカンプー、ナインテイルズなど)というのは過去4年で勝ったことがありません。オーシャンステークスはシルクロードステークスと違って、ハンデ戦ではありませんから、前走1.0秒も負けてしまった馬が巻き返すのは至難の業。ここでは前走でもある程度の結果にまとめている馬から狙うべきでしょうね。

前走クラス

前走クラス 着別度数
1600万下 0- 0- 1- 3/ 4
OPEN特別 3- 0- 1-19/23
G3 1- 2- 1-20/24
G2 0- 1- 0- 5/ 6
G1 0- 1- 0- 2/ 3

前走1600万条件だった馬(カイザーメランジェ、イエローマリンバなど)というのは過去4年で連帯したことがありません。G2やG1も勝ってないじゃないか!と思われるかもしれませんが、こちらはおそらく偶然かなと。これらが来ない理由というのがわからないので除きます。それに連帯ならしていますしね。一方、1600万条件組というのは、ここは高松宮記念も視野に入れたような馬が出てくるレースですから、普通に考えて厳しいですよね。だから、ここでは前走1600万条件だった馬というのは消させてもらいます。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 1- 0- 0- 4/ 5
前走2着 2- 0- 0- 3/ 5
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 0- 0- 1- 2/ 3

集計範囲:前走オープン特別

先程の前走クラスデータで好走が目立った前走オープン特別組について。前走オープン特別で3着以下だった馬(エントリーチケット、ユキノアイオロスなど)というのは過去4年で連帯したことがありません。これも先程と同じようなことが言えるのですが、オープンでも勝ち負けできないような馬は、ここでは能力的に足りませんよね。前走オープン組がいいからと言って、むやみやたらに前走オープンの馬を買うのはダメです。

前走4角位置

前走4角 着別度数
4角1番手 0- 2- 2- 6/10
2番手以内 0- 2- 2-10/14

前走4角2番手以内という馬(ナックビーナス、モズスーパーフレアなど)は過去4年で勝ったことがありません。枠順データ、脚質データのところで「ペースが速くなりやすく、前が不利」という話しはしました。前走で逃げるもしくは番手にいるような馬は、ここでは展開的に厳しいのです。いきなり脚質転換をすれば話しは別ですが、仮にもここまで勝ち上がってきている馬たちですから、そう簡単に自分のスタイルを崩したりはしませんよね。前走で4角2番手以内という馬は割引が必要でしょう。

所属

調教師 着別度数
(美)星野忍 1- 0- 0- 0/ 1
(美)杉浦宏昭 0- 1- 0- 0/ 1
(美)古賀慎明 0- 0- 1- 0/ 1
(栗)森秀行 0- 0- 0- 1/ 1
(栗)清水久詞 0- 0- 0- 2/ 2

集計範囲:前走シルクロードステークス

最後に所属データ。前走シルクロードステークスだった馬で栗東所属の馬(エスティタート、ダイメイプリンセスなど)というのは過去4年で馬券になったことがありません。前走シルクロードステークスという馬は、ある程度馬券になっているのですが、そのすべてが美浦所属の馬です。シルクロードステークスは関西圏で行われる一戦。所属データ的に有利なるのは当然、地元である栗東所属の馬です。栗東の馬がシルク→オーシャンというローテーションで好転する材料というのは何一つないのです。逆に美浦所属の馬というのは地元に変わったことで条件好転。それだけ変わる余地というの十分にあるのです。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは1頭。ここは文句なしでこの馬です。今回の出走メンバーを見渡したときに、モズスーパーフレア、ラブカンプーなど。テンが速い有力馬が集まったような感じがあります。先行勢にもナックビーナスなどの強い馬がいますから、このレースは例年通りの淀みない流れになると思います。そこで差し馬であるこの馬の台頭です。この馬は中山巧者の節はあり、中山では2-1-0-2という感じ。この馬にしては良績です。さらにこの馬は3走前にあのダノンスマッシュと接戦を演じていることからも、能力的にはここでも足りるはずです。さらにこれは僕の見つけた理論ではないのですが、ハーツクライ産駒は外国人騎手に代わることで好走率アップというデータもありますし、今回の乗り替わりというのもプラス材料のはず。ここは人気もなさそうですし、思い切ってこの馬を狙ってみたいと思います。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・なし

アギョウ
最終的な予想は中央競馬プレミアムで公開します。ご興味がある方はぜひ!

競馬で勝ったときに読んでください

ここを読んでいるという競馬で勝ったんですね? おめでとうございます!
それじゃあ、ぱっーといきましょうか! さぁAmazonで欲しかったものを買いましょう!
また「お前の予想を参考にして当たったぞ!」っていうかたは、ぜひTwitterなどで的中報告を頂けると幸いです。
さらに、よろしければ「アギョウ場外発売所」から、僕のファングッズを買っていただけると嬉しいです!
正直に言うと、大したものは売ってませんw なので、投げ銭感覚で利用してくださいねw
また、皆さんの有益な予想をしていけるように頑張りますので、どうかよろしくお願いします!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.