2019年競馬予想記事

【日経新春杯2019】過去10年のデータ・傾向

投稿日:

今回は日経新春杯過去データ分析となります。

今週末は京都競馬場にて日経新春杯が行われます。今週末は3連休ということで新年早々から競馬が熱いですね。そんな中で日曜に行われる日経新春杯。出走メンバーも熱い競馬ウィークにふさわしい好面子が揃いました。期待の4歳馬グローリーヴェイズにメイショウテッコン。迎え撃つ古馬勢はムイトオブリガード、ガンコ、ウインテンダネスなど。これからの重賞戦線を占う上では面白いレースだと思います。昨年は明け4歳世代が競馬界を席巻しましたが、ここも明け4歳世代が猛威を振るうのか。それとも古馬の意地で跳ね返してみせるのか。今から非常に楽しみです!というわけで日経新春杯過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



日経新春杯 過去10年のデータ・傾向

今回は過去10年間のデータから、人気・性別・枠順・脚質・斥量の基本データに加えて、年齢・前走レース・前走着順のデータを見ていくことで今回の日経新春杯で高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 3- 4- 1- 2/ 10
2番人気 4- 1- 0- 5/ 10
3番人気 0- 3- 0- 7/ 10
4番人気 0- 1- 5- 4/ 10
5番人気 0- 0- 0- 10/ 10

1,2番人気で過去10年7勝。上位人気に支持されるような馬は信頼がおけるのではないでしょうか。ただ3~5番人気は微妙。中穴の馬は信頼性にやや欠ける感じがありますね。逆に10番人気、11番人気あたりの台頭が目立つ結果になっています。日経新春杯は上位人気の馬を軸にしつつ、ヒモ荒れに警戒するという形がいいと思います。

性別

性別 着別度数
牡・セン 8- 9- 8-104/129
2- 1- 2- 7/ 12

牝馬も問題なく来ていますね。むしろ勝率、複勝率などの観点から見ると牝馬がいいまであると思います。これは京都2400メートルという舞台が、全場・全コースの中でも上り順位が、最も結果に直結しやすい舞台であるということが関係しているのでしょう。牝馬は牡馬よりもギアチェンジが速く、速い上りを使うということに関して長けているので、好成績を残しているという感じなのだと思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 3- 1- 0-10/14
2枠 1- 1- 2-10/14
3枠 1- 2- 1-11/15
4枠 1- 2- 2-11/16
5枠 1- 0- 1-18/20
6枠 2- 2- 0-16/20
7枠 0- 1- 4-16/21
8枠 1- 1- 0-19/21

先週行われた京都金杯やシンザン記念ほどではありませんが、内枠有利が目立つ傾向となっています。軒並み1~4枠が複勝率25%以上なのに対して、5枠~8枠で複勝率25%以上というのは見当たりません。日経新春杯ではまず内枠。先程の人気データと合わせると、上位人気に支持されながら内枠に入った馬というのは激アツです。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 2- 1- 0- 7/ 10
先行 3- 2- 4- 27/ 36
中団 4- 6- 5- 37/ 52
後方 1- 1- 1- 39/ 42
マクリ 0- 0- 0- 1/ 1

内枠有利ならば、それと連動して前有利になるというのが競馬の基本。逃げ馬の活躍を見ると、日経新春杯もその例に漏れないと思います。ただ中団からの馬も問題なく来ている感じで、差しも十分に届く可能性があるというのがこのレースの特徴ではないでしょうか。これは性別データのところで、ちらっと話した京都2400メートルが上り至上主義のコースだということが関係しているのでしょう。過去10年で上り最速馬は5‐2‐2‐2、勝率45.5%で複勝率はなんと81.8%という数字です。日経新春杯は基本的に前有利ですがが、速い上りさえ使えれば、どのポジションからでも問題なく突っ込んできてしまうということでしょう。

斥量

斤量 着別度数
49kg 1- 0- 0- 1/ 2
50kg 0- 0- 0- 4/ 4
51kg 0- 0- 0- 2/ 2
52kg 1- 0- 4- 13/ 18
53kg 0- 1- 0- 17/ 18
54kg 2- 1- 0- 27/ 30
55kg 3- 2- 0- 16/ 21
56kg 1- 6- 3- 15/ 25
57kg 0- 0- 0- 6/ 6

最後に日経新春杯はハンデ戦ということで、斥量データを確認しておきます。今回は49~57キロの馬が出走してくるということで、範囲内の馬を見ていきますね。これを見る限るだとどの斥量の馬も万遍なく来ているという感じで、これといった傾向は見えてきません。ハンデ云々という話しをするよりは、他のバイアス。先程も紹介した枠順データや脚質データが重要になってくるのでしょう。日経新春杯はハンデ戦ではありますが、そこまで斥量は気にする必要はないと思います。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回の日経新春杯で過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

年齢

年齢 着別度数
4歳 6- 5- 2- 20/ 33
5歳 2- 4- 5- 21/ 32
6歳 2- 1- 3- 24/ 30
7歳 0- 0- 0- 28/ 28
8歳 0- 0- 0- 11/ 11

もはや鉄板ネタといってもいい年齢データから。過去10年で7歳以上の馬(ケントオー、ダッシングブレイズ、マサハヤドリーム)が馬券になったことがありません。これまで何度か話しているように日経新春杯は速い上りが要求されるレース。競争馬は年齢を重ねるごとにズブくなり、徐々に速い上りが使えなくなっていく傾向にあります。速い上りが要求されるここでは、瞬間的な反応が悪い高齢馬は厳しいということですね。逆に明け4歳というのは競争馬として油が乗っているため、合図を出してからの反応が抜群。瞬発力勝負となれば、若い馬を重視するべきでしょうね。

前走レース

前走レース名 着別度数
JCG1 0- 0- 0- 3/ 3

前走ジャパンカップだった馬(ウインテンダネス、ガンコ、ノーブルマーズ)というのは過去10年で馬券絡みしたことがありません。前走がジャパンカップだった馬というのは、間隔的に微妙ですよね。休養にしては短いですし、連続して使うには間隔が空いています。前走がジャパンカップだった馬は、ローテーション的に割引が必要だと思います。特に今年は超レコードが出るようなジャパンカップでしたから、激走の反動というのにも警戒が必要でしょう

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 0- 0- 0- 0/ 0
前走2着 1- 0- 0- 0/ 1
前走3着 0- 0- 0- 0/ 0
前走4着 0- 0- 0- 0/ 0
前走5着 1- 0- 0- 0/ 1
前走6~9着 0- 0- 0- 2/ 2
前走10着~ 0- 0- 0- 1/ 1

集計範囲:前走菊花賞

前走菊花賞で6着以下だった馬(メイショウテッコン、アフリカンゴールド、アイトーン)は過去10年で馬券絡みしたことがありません。いくら日経新春杯がハンデG2だとはいえ、菊花賞で掲示板に乗るぐらいの能力は必要だということです。特に今年の菊花賞は瞬発力勝負になったため、日経新春杯に繋がりやすい一戦だったと思います。今年は特にこの傾向を重要視するべきなのではないでしょうか。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは7頭。その中から明け4歳、上位人気、速い上りが使えるという点を考慮してこの馬を選択しました。前走も上り最速タイで突っ込んできており、枠順がもう少し内側だったなら、馬券圏内も十分にあったかなという感じでした。とても価値のある内容だったと思います。このメンバーでも末脚上位なのは明白で、前走のような上りが使えれば勝ち負けでしょう。アイトーンやメイショウテッコン、ロードヴァンドールなどの兼ね合いを考えると、ここは展開も向きそうです。おそらく人気にはなるでしょうが、人気でも逆らいづらい一頭だと思います。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・エーティサンダー、サラス、シュペルミエール、ムイトオブリガード、ルックトゥワイス、ロードヴァンドール

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba

京成杯の過去データ分析も行っております。まだ見てないよって方はぜひ!

【京成杯2019】過去10年間のデータ・傾向

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.