2019年競馬予想記事

【ニュージーランドトロフィー2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回はニュージーランドトロフィー過去データ分析となります。

今週末は中山競馬場にてニュージーランドトロフィーが行われます。翌日の桜花賞、翌週に皐月賞が行われる中、ひっそりとニュージーランドトロフィーというレースがあります。先に名前が挙がった2レースと同じく世代重賞なのですが、どうしてもその開催時期のせいで影が薄くなってしまいます。しかしこのニュージーランドトロフィーは個人的には楽しみにしているレースです。というのも少々のネタバレにはなってしまうのですが、このニュージーランドトロフィーはとにかく荒れるんですよねw 配当に期待できそうなレースということで、僕はG1同様に気合を入れていくつもりです。ここで高配当をゲットして、桜花賞。そして皐月賞へと繋げていきましょう!というわけでニュージーランドトロフィー過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ニュージーランドトロフィー 過去データ分析

今回は中山競馬場の馬場改修後、過去4年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走クラス・性別・前走馬体重データを見ていくことで今回のニュージーランドトロフィーで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

ニュージーランドトロフィー 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 0- 2- 0- 2/ 4
2番人気 2- 0- 1- 1/ 4
3番人気 0- 0- 0- 4/ 4
4番人気 0- 0- 0- 4/ 4
5番人気 0- 0- 1- 3/ 4

1~5番人気で過去4年2勝。この時期の世代重賞にしては波乱の決着というのが目立ちますね。素質がモノを言うこの時期の世代重賞で、波乱の余地を秘めているのは何故なのか。これはこのニュージーランドトロフィーが低調なメンバーになりやすいからでしょうね。同週に桜花賞、翌週に皐月賞が控えている、このクラシック戦線真っ盛りの中で、ここに出ている馬というのは、一線級の戦いでは通用しなかった馬たちばかりです。ここで1番人気になるような馬は押し出されるようなものであることが多く、当然ながらそんな馬は信頼できません。低レベル混戦というのが、このニュージーランドトロフィーというレースを表す上ではピッタリな言葉だと思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0- 7/ 7
2枠 0- 1- 2- 5/ 8
3枠 3- 0- 0- 5/ 8
4枠 1- 1- 0- 6/ 8
5枠 0- 1- 0- 7/ 8
6枠 0- 0- 1- 7/ 8
7枠 0- 0- 0- 8/ 8
8枠 0- 1- 1- 6/ 8

中山芝1600メートルという舞台は最初のコーナーまでが240メートルと短め。外枠の馬というのはどうしても距離損を強いられる舞台設定なのですが、それにしては外枠からの好走というのが目立ちます。これは中山開催が後半に入ってきているということで、内側の馬場が痛んできているんでしょうね。馬番1~3番は過去4年で連対したことがありません。中山芝1600メートルにしては外枠有利ということは覚えておきましょう。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 1- 0- 4/ 5
先行 2- 0- 1-11/14
中団 2- 1- 3-22/28
後方 0- 2- 0-14/16

こちらも先程の枠順データと同じようなことが言えます。中山芝1600メートルは前有利の舞台なのですが、それにしては差しが決まっている印象です。枠順データと合わせると、このニュージーランドトロフィーは外差しに目を向けるべきレースなのではないでしょうか。これまで話してきたのでわかると思いますが、このニュージーランドトロフィーが荒れる要因の一つとして考えられるのが、本来イン前有利の傾向であるはずの中山芝1600メートルで、真逆の外差しが決まっているからなのではないでしょうか。

ニュージーランドトロフィー 消去法データ

ここからは消去法データ。今回のニュージーランドトロフィーで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走クラス

前走クラス 着別度数
新馬 0- 0- 0- 0/ 0
未勝利 0- 0- 0- 0/ 0
500万下 0- 3- 0-18/21
OPEN特別 0- 0- 1- 8/ 9
G3 4- 1- 3-21/29
G2 0- 0- 0- 4/ 4
G1 0- 0- 0- 0/ 0

前走500万条件・オープン特別という馬(ミッキーブラック、ヴィルテルスバッハなど)は過去4年で勝ったことがありません。クラシック戦線真っ盛りのこの時期にも関わらず、前走で500万条件やオープン特別を走っていたような馬というのは、低調メンバーのここでも素質不足です。ここでは前走まではクラシック前哨戦を走っていたけど脱落して、こっちに回ってきた馬というのを狙いましょう。前走新馬・未勝利組(ワイドファラオ、カリボール)は前例こそありませんが、500万条件・オープン特別と同様でしょうね。前走重賞という馬を注目しましょう。

性別

性別 着別度数
牡・セン 4- 4- 3-46/57
0- 0- 1- 5/ 6

牝馬(メイショウショウブ、ココフィーユなど)は過去4年で連対したことがありません。牝馬でここに出てきた馬というのは桜花賞に出たかったけど出られなかった馬が大半。いくら低調なメンバーとはいえ、桜花賞に出走すらできなかったような牝馬では通用しません。それに中山の急坂というのは、パワーやスタミナで劣る牝馬には厳しいんですよね。牝馬というのは割引が必要でしょう。

前走馬体重

前走馬体重 着別度数
420~439kg 0- 0- 0- 5/ 5
440~459kg 0- 0- 1- 8/ 9
460~479kg 0- 1- 2-21/24
480~499kg 3- 2- 1- 6/12
500~519kg 1- 1- 0- 7/ 9

最後に前走馬体重のデータ。前走馬体重479キロ以下という馬(コスモカレンドゥラなど)は過去4年で勝ったことがありません。ニュージーランドトロフィーは中山競馬場にて行われます。先程の性別でもちょっと触れたのですが、中山の直線には急坂が待っています。前走馬体重479キロ以下の馬は、この急坂が堪えてしまい、最後の最後で甘くなってしまいます。ここでは前走馬体重480キロ以上の大型馬。パワーがある馬を重視するべきでしょう。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

データ◎アガラス

今回の消去法データで残ったのは1頭。ここは文句なしでこの馬です。この馬は前走こそ7着と敗れてしまいましたが、終始かかりっぱなしで競馬になっていませんでした。さらに+12キロの太目残りということで、あれで好走しろという方が無理な話しですw それまではレベルの高いと言われている東スポ杯2着。新馬戦では葉牡丹賞をレコード勝ちしたシークレットランに完勝。コスモス賞も2着ながら評価できる内容でした。このメンバーならば能力は抜けているかなとさえ思いますね。前走は初めての輸送が原因で、レースでかかってしまったり、太目残りだったと思っています。地元の関東圏でなら見直せるでしょう。陣営もルメール騎手を配してきて、初の重賞制覇へかける勝負気配の高さというのも伝わってきます。普通に競馬をしてくれれば勝ち負け必至かなと思います。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・なし

アギョウ
最終的な予想は中央競馬プレミアムで公開します。ご興味がある方はぜひ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.