2019年競馬予想記事

【根岸ステークス2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回は根岸ステークス過去データ分析となります。

今週末は東京競馬場にて根岸ステークスが行われます。先日行われた東海ステークスはインティの完勝。強い4歳世代に対抗する新星として素晴らしい走りを見せてくれました。フェブラリーステークスへ向けて完璧な前哨戦だったと言っていいでしょう。さてそのフェブラリーステークスへ向けて、もう一つの前哨戦となる根岸ステークス。こちらは昨年の勝ち馬ノンコノユメを輩出するなど、ここの結果がそのまま本番に直結する超重要なステップレースです。今年もサンライズノヴァやコパノキッキング、マテラスカイなど昨年のダート界を沸かせてくれた馬、そして芝からケイアイノーテックが参戦してきました。ここを勝って、本番となるフェブラリーステークスへ挑戦するのはどの馬なのか。今から大注目の一戦です!というわけで根岸ステークス過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



根岸ステークス 過去データ・傾向

今回は過去10年間のデータから人気・年齢・性別・枠順・脚質の基本データに加えて、前走距離・前走着差・前走4角位置のデータを見ていくことで今回の根岸ステークスで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います

人気

人気 着別度数
1番人気 3- 3- 0- 4/ 10
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10
3番人気 0- 2- 0- 8/ 10
4番人気 3- 0- 2- 5/ 10
5番人気 1- 1- 2- 6/ 10

1~5番人気で過去10年8勝。人気サイドで決まるレースと見ていいでしょう。ダート戦自体が堅く決まりやすいというのもあるのですが、根岸ステークスはその開催時期から、ダートの大一番フェブラリーステークスの前哨戦としても名高いレースです。昨年もここを勝ったノンコノユメがそのままフェブラリーステークスで勝ちました。フェブラリーステークスを狙っているようなダート界きっての実力馬がここを使ってくるわけですから、堅い決着になりやすいというのも頷けますよね。根岸ステークスではフェブラリーステークスでも活躍の見込みがありそうな実力馬を狙うのがいいでしょう。

年齢

年齢 着別度数
4歳 2- 2- 1- 11/ 16
5歳 4- 4- 2- 21/ 31
6歳 3- 2- 2- 38/ 45
7歳 1- 1- 1- 27/ 30
8歳 0- 1- 4- 14/ 19

根岸ステークスの中心は4~5歳なのではないでしょうか。4歳~5歳は勝率、連帯率、複勝率。すべてにおいて高水準。次点で高い6歳の2倍以上の好走率があります。いくらダート戦でもここは一線級のメンバーが集うハイレベルG3です。競争馬としては陰りが見え始める6歳以上の馬というのは、ある程度の割引が必要なのではないでしょうか。ここでは脂がのっている4~5歳の若い馬を重視するべきです。

性別

性別 着別度数
牡・セン 10- 10- 10-120/150
0- 0- 0- 7/ 7

やはりダートは牡・セ馬の土壌です。牝馬というのは牡馬よりもパワーやスタミナという点で劣っていますから、ダートでは好走率が下がる傾向にあります。根岸ステークスもその例にもれず、牝馬は苦戦するということでしょう。根岸ステークスに限らず、ダートでは牝馬は割引が必要なのです。

枠順

枠番 着別度数
1枠 1- 0- 2-16/19
2枠 1- 2- 1-15/19
3枠 2- 3- 0-15/20
4枠 2- 1- 1-16/20
5枠 1- 3- 0-16/20
6枠 1- 0- 2-17/20
7枠 0- 1- 4-15/20
8枠 2- 0- 0-17/19

枠順に大きな偏りはありませんね。東京ダート1400メートルは最初のコーナーまで442メートル。最初のコーナーまでの距離は十分にあります。さらにコーナーを周るのも一回だけですから、枠順によるバイアスはないに等しいといっていいでしょう。ただ、これはネタバレになってしまうのですが、根岸ステークスはハイペースになりやすいレースなので、先行馬した馬がずるずる下がってくるリスクを考えると、外からスムーズに立ち回れそうな馬がいいのではないでしょうか。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 0- 0- 10/ 10
先行 2- 3- 3- 32/ 40
中団 3- 5- 3- 47/ 58
後方 5- 2- 4- 37/ 48

ダートの1400メートルという普通に考えれば、前有利の条件。しかしこの根岸ステークスでは過去10年で逃げ馬が1頭も馬券絡みしたことがないという有様です。枠順データでもちょこっとだけ触れましたが、東京ダート1400メートルというのは最初のコーナーまで442メートルと、先行争いをするには十分すぎるほどの距離があります。しかもこの間のほとんどは下り坂。ペースが速くなりやすいコース体系なんですよね。この根岸ステークスもハイペースになりやすい傾向にあり、その結果として差し追い込みが決まるという感じです。ここでは中団・後方からの馬を重視しましょう。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回の根岸ステークスで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走距離

前走距離 着別度数
同距離 3- 5- 4- 48/ 60
今回延長 1- 3- 1- 51/ 56
今回短縮 6- 2- 5- 27/ 40

根岸ステークスはハイペースになりやすい傾向にあることは先程も話しました。その結果としてスタミナが1400メートルという距離以上に要求され、最後は我慢比べとなります。今回延長となった馬(コパノキッキング、キタサンミカヅキなど)は主にスプリント路線を使ってきた馬。ここではスタミナ不足になってしまいます。根岸ステークスはスプリンターというよりはマイラーを重視するべきです。

前走着差

前走着差 着別度数
負1.0~1.9 0- 0- 2- 25/ 27
負2.0~2.9 0- 0- 1- 1/ 2
負3.0~3.9 0- 0- 0- 1/ 1
負4.0~ 0- 0- 0- 0/ 0

前走1.0秒以上負けてしまった馬(サンライズノヴァ、メイショウウタゲなど)というのは過去10年で連帯したことがありません。ハイレベルG3として名高い根岸ステークスではクラスに関係なく前走1.0秒以上負けてしまった馬というのは、ここでは能力的に微妙なのでしょう。前走でも好勝負を繰り広げてきた馬というのを、ここでは中心視するべきでしょう。

前走4角位置

前走4角 着別度数
2番手以内 0- 3- 1- 30/ 34

前走4角2番手以内という馬(マテラスカイ)は過去10年で勝ったことがありません。逃げ馬の苦戦は先程も話した通り。前走で逃げていたような馬はここでは厳しいということでしょう。ここでは色々なデータを紹介してきましたが、それらのデータから導き出される馬とはどの馬なのか。この後紹介するのでお楽しみに!

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは5頭。その中から差し・追い込み馬、今回距離短縮となった馬が活躍しているというデータからこの馬を選ばせてもらいました。この馬はいつも末脚確実。ここも展開さえ向けば十分に期待が持てると思います。1400メートルという距離は初めてですが、前々走の感じを見ていれば十分に対応可能のはず。これまで再三に渡って重賞で好走してきましたが、未だに重賞未勝利。フェブラリーステークスに出るならば賞金加算が必要なはずです。同厩舎のインティの使い分けから考えても、ここは狙っているのでしょうね。勝負気配も高いと見て、この馬を推奨させてもらいます。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・ケイアイノーテック、サトノファンタシー、ユラノト、ラブバレット

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.