2019年競馬予想記事

【中山牝馬ステークス2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回は中山牝馬ステークス過去データ分析となります。

今週末は中山競馬場にて中山牝馬ステークスが行われます。先日行われた京都牝馬ステークスは9番人気のデアレガーロが制し、2,3着にも7番人気リナーテ、13番人気アマルフィコーストが入ったことにより大波乱の決着となりました。これがハンデ牝馬限定重賞の醍醐味ですよねw ただでさえ能力比較が難しい牝馬たちにも関わらず、その上にハンデとなれば……ね? そんなふうに配当にとても期待できるハンデ牝馬限定重賞なわけですが、ここの中山牝馬ステークスはどうか。あのアーモンドアイ0.2秒差まで食い下がったミッキーチャーム、前走でその実力をしっかり証明したノームコアなど。ここは4歳世代が人気を集めそうですが、一体どんな結果になるでしょうか。今後の牝馬路線を占う中山牝馬ステークス。今から非常に楽しみな一戦ですね!というわけで中山牝馬ステークス過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



中山牝馬ステークス 過去データ・傾向

今回は中山競馬場の馬場改修後、過去4年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走4角位置・年齢・斤量・種牡馬データを見ていくことで今回の中山牝馬ステークスで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 0- 2- 0- 2/ 4
2番人気 0- 1- 0- 3/ 4
3番人気 1- 0- 0- 3/ 4
4番人気 1- 1- 0- 2/ 4
5番人気 1- 0- 1- 2/ 4

1~5番人気で過去4年3勝。ハンデ戦の割に堅く決まっている印象ですが、1~2番人気に目を向けてみると過去4年0勝という感じ。中山牝馬ステークスは小波乱に期待できるレースといった感じでしょうか。ローカルハンデ重賞ほどは荒れないけど、普通の重賞よりは荒れる余地があるぐらいに思ってもらえれば大丈夫だと思います。中山牝馬ステークスはハンデ戦である上に、実績上位の牝馬たちは、ここで一叩きして次という馬が多いことが関係しているのだと思います。今年も人気になりそうなミッキーチャームやクロコスミアは、ここが今年の初戦です。今年も小波乱の決着に期待できそうな感じがしますね。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 1- 5/ 6
2枠 2- 0- 0- 5/ 7
3枠 0- 0- 1- 7/ 8
4枠 0- 1- 0- 7/ 8
5枠 0- 1- 0- 7/ 8
6枠 0- 0- 1- 7/ 8
7枠 0- 1- 0- 6/ 7
8枠 2- 1- 1- 4/ 8

2枠、8枠の好走というのが目立ちますが、全体で見たときに、あまり大きな枠順傾向はなさそうです。特段、内枠がいいわけでもありませんし、外枠に目立った数字が見られるわけでもありません。2枠と8枠を除けば、どの枠順も複勝率15%前後ですからね。2枠と8枠の好走が目立つといっても、おそらくこれは偶々かなと。枠順だけで考えたときに、これらが好走する要因というのは、あまり思いつきませんからね。中山牝馬ステークスでは、枠順云々というよりも他のバイアスについて考えるべきです。では、その他のバイアスとは何なのか。それは次の脚質データでお話しするのでお楽しみに!

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 0- 3/ 4
先行 1- 1- 0-10/12
中団 2- 3- 1-18/24
後方 0- 0- 3-16/19
マクリ 0- 0- 0- 1/ 1

逃げ先行で過去4年2勝、中団で過去4年2勝。ちょうど半分ずつです。これだけ見ると、こちらも大きな傾向はないように思えますが、4角位置のデータを見てもらえば、中山牝馬ステークスがどのようなレースなのかわかりやすいと思います。

4角位置 着別度数
5番手以内 3- 2- 0-19/24
10番手以下 0- 0- 3-16/19
13番手以下 0- 0- 2- 6/ 8

こちらが中山牝馬ステークスの4角位置のデータです。4角5番手以内の馬で過去4年5連対。過去4年で連対の半分以上は4角5番手以内にいた馬たちでした。中山牝馬ステークスというのは前有利のレースなのです。その証拠に、4角10番手以下の馬というのは過去4年で連対なしという感じですからね。これは中山牝馬ステークスが、牝馬限定重賞らしくペースが上がりにくい傾向にあるからです。過去4年の前後半3ハロンの平均は37.3秒-35.5秒という感じですからね。今年は一見すると逃げ馬が多い組み合わせに思えますが、速いペースでガツガツ逃げるというタイプはいないんですよね。カワキタエンカ、ランドネはいずれもスローで逃げたいタイプ。ミッキーチャームやクロコスミアは2番手でも問題ない馬たちですからね。だから、今年もそこまでのハイペースにならないのではないかと思っています。今年もなんやかんやで前有利になるのではないでしょうか。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回の中山牝馬ステークスで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走4角位置

前走4角 着別度数
5番手以下 2- 4- 3-30/39
7番手以下 0- 2- 2-26/30
10番手以下 0- 2- 2-18/22
13番手以下 0- 1- 0-10/11
16番手以下 0- 0- 0- 4/ 4

前走4角7番手以下という馬(ノームコア、フローレスマジックなど)は過去4年で勝ったことがありません。これは先程の脚質データでも言ったように、中山牝馬ステークスが前有利になりやすいからだと思います。前走、4角7番手以下になってしまうような馬は、ここでは先行力が足りません。ここでは前走でも、ある程度前に行けている馬を中心視するというのが、セオリーとなるでしょうね。

年齢

年齢 着別度数
4歳 2- 1- 0-11/14
5歳 2- 1- 2-15/20
6歳 0- 2- 0-17/19
7歳 0- 0- 2- 5/ 7

6歳以上の馬(クロコスミア、アドマイヤリードなど)は過去4年で勝ったことがありません。普通のハンデ重賞ならば、6歳以上の馬でも軽ハンデを味方になんとかなったりもするのですが、この中山牝馬ステークスはその名の通り、牝馬限定重賞。だいたいの牝馬というのは5歳を境にして、繁殖に上がるものなのですが、まだ競争馬としてもやれる、もしくは繁殖としては微妙(実績不足)の場合は、6歳以上になっても走っているケースがほとんどです。前者ならば実績豊富なことが大半ですから、重いハンデになりやすく、後者の場合はそもそも能力的に足りません。とにかく中山牝馬ステークスでは高齢馬は消しということは覚えておいてください。

斤量

斤量 着別度数
52kg 0- 0- 2- 6/ 8
53kg 2- 0- 1-14/17
54kg 2- 2- 0-12/16
54.5kg 0- 0- 0- 0/ 0
55kg 0- 0- 1- 4/ 5

中山牝馬ステークスはハンデ重賞ということで、斤量についてもお話ししておきます。斤量52キロ以下の馬(カリビアンゴールドなど)というのは過去4年で勝ったことがありません。こちらはいくら軽ハンデだとはいえ、そもそも能力的に足りない馬たちです。ハンデキャッパーも馬鹿ではありませんから、実力がある馬を軽ハンデにはしたりしませんよね。それじゃあハンデ戦の意味がないですからねw さらに斤量54.5キロ以上の馬(ミッキーチャームなど)というのも、過去4年で勝ったことがありません。こちらはハンデ的に見込まれていることが多く、斤量54.5キロ以上の馬は、本来の能力をなかなか出すことができていません。ハンデキャッパーがいい仕事をしていることがわかりますねw

種牡馬

チェック種牡馬 着別度数
ロイヤルチャージャー系 3- 3- 2-34/42
ネイティヴダンサー系 1- 0- 1- 6/ 8
ニアークティック系 0- 1- 1- 8/10
マンノウォー系 0- 0- 0- 0/ 0
ナスルーラ系 0- 0- 0- 0/ 0

最後に種牡馬のデータ。父ロイヤルチャージャー系もしくは父ネイティブダンサー系以外の馬(ランドネなど)は、過去4年で勝ったことがありません。父ロイヤルチャージャー系というのは、主にサンデー系。父ネイティブダンサーは、主にキングカメハメハの産駒です。脚質データのところでスローペースになりやすいということは話しましたね。中山牝馬ステークスはだいたいがスローからの瞬発力勝負となるので、それに伴って切れる脚というのが要求されます。だから、サンデーやキンカメの血を引いている馬、特有の高い瞬発力が必要になるのです。サンデーやキンカメの血が入っていない馬というのは、切れ味不足になり、ここではなかなか勝ち切ることができません。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは2頭。その中から前有利になりやすいというデータから、こちらの馬を選択しました。この馬は近走こそ良いところがありませんが、不適な条件でばかり走らされていました。この馬のベストは右回りの芝1800メートルという、ものすごく狭い範囲なんですよね。パッと見た感じでは汚い馬柱ですが、右回りの芝1800メートルという条件にだけ絞ってみてみると、デビューから未だに連対を外していないというのだから驚きです。逆に右回りの芝1800メートル以外の実績は、500万条件と1000万条件で3着、2着だけという感じになっています。どんだけピンポイントの巧者なんだよって感じですよねw 今回はこの馬の好走パターンである右回りの芝1800メートル。近走の凡走のおかげでイイ感じに人気を落としていますし、ここが狙い目なのは間違いないでしょうね。データ的にも死角はありませんし、ここでの巻き返しに期待したいと思います。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・ウラヌスチャーム

アギョウ
最終的な予想は中央競馬プレミアムで公開します。ご興味がある方はぜひ!

競馬で勝ったときに読んでください

ここを読んでいるという競馬で勝ったんですね? おめでとうございます!
それじゃあ、ぱっーといきましょうか! さぁAmazonで欲しかったものを買いましょう!
また「お前の予想を参考にして当たったぞ!」っていうかたは、ぜひTwitterなどで的中報告を頂けると幸いです。
さらに、よろしければ「アギョウ場外発売所」から、僕のファングッズを買っていただけると嬉しいです!
正直に言うと、大したものは売ってませんw なので、投げ銭感覚で利用してくださいねw
また、皆さんの有益な予想をしていけるように頑張りますので、どうかよろしくお願いします!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.