2019年競馬予想記事 地方競馬予想

【名古屋大賞典2019】予想と過去データ分析

投稿日:

今回は名古屋大賞典予想となります。

名古屋競馬場にて「名古屋大賞典」が行われます。競馬界を覆う最強4歳世代たち。ダート界はもうルヴァンスレーヴが中距離を、おそらくコパノキッキングが短距離界を引っ張っていくことになるでしょう。芝のほうでも今年に入ってから4歳世代は不振だ~、実は弱い~みたいなことが言われていましたが、かつての世代王者ダノンプレミアムがそんなことはないぞ!と言わんばかりの快勝。アーモンドアイなどのことを考えても、この世代の末恐ろしさというのを、まざまざと見せつけられた感じがします。ここも、その最強4歳世代からヒラボクラターシュ、グリムが参戦。おそらくこの2頭が人気を2分するような形になるのではないでしょうか。迎え撃つ古馬勢はテルペリオン、アナザートゥルースなどの上がり馬たち。最強世代を迎え撃つには役不足か?と思われますが、新星インティのような例もあります。ここも上がり馬の古馬たちが、最強4歳世代を退けるという可能性は十分にあると思います。さぁ勝つのはどの馬なのか。今後のダート界を占うことになりそうな一戦、名古屋大賞典。今から非常に楽しみな一戦です!というわけで名古屋大賞典予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



名古屋大賞典 予想

枠順の確認→過去データ分析→有力馬診断→そして最終予想という流れで、今回の名古屋大賞典を見ていきますね。

枠順

まずは、名古屋大賞典の枠順を見ていきましょうか。

 1- 1リョーシンヒナタ
 2- 2ヒラボクラターシュ
 3- 3ラモントルドール
 4- 4テルペリオン
 5- 5エスタシオン
 5- 6ブランニュー
 6- 7キクノルア
 6- 8マイタイザン
 7- 9アナザートゥルース
 7-10カツゲキライデン
 8-11サザンオールスター
 8-12グリム

有力どころは2枠2番ヒラボクラターシュ、7枠9番アナザートゥルース、8枠12番グリムなど。有力馬は内と外に綺麗に分かれるような形になりましたね。名古屋大賞典は外枠有利と見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 (1着-2着-3着-着外)
1枠 1-0-2-7
2枠 1-1-1-7
3枠 0-0-0-8
4枠 1-0-2-7
5枠 4-1-3-8
6枠 0-5-1-13
7枠 1-3-1-14
8枠 2-0-0-18

次の項では枠順データの他にも、名古屋大賞典の細かい過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回の過去データ分析では、過去10年間のデータから要注目のデータをいくつか参照していきます。

人気

人気 (1着-2着-3着-着外)
1番人気 6-3-0-1
2番人気 0-4-3-3
3番人気 3-0-3-4
4番人気 1-3-1-5
5~9人 0-0-3-43
10人以下 0-0-0-22

1~3番人気で過去10年9勝。名古屋大賞典は地方交流重賞らしく人気サイドで決まるレースでしょう。10番人気以下は過去10年で1頭も馬券に絡んだことがないというのだから、大穴台頭の余地は皆無といってもいいほどですね。名古屋大賞典では人気馬から軸を選ぶというのが鉄則となりそうです。

斤量

斤量 (1着-2着-3着-着外)
52 0-0-0-4
54 2-2-5-49
55 3-2-2-1
56 1-0-0-18
57 1-4-2-6
58 2-2-1-3
59 1-0-0-1

名古屋大賞典は別定戦ということで斤量のデータを見ていこうかなと思います。今年は斤量52キロ、54キロ、55キロの出走してくるわけですが、その中では斤量55キロが圧倒的です。過去10年で斤量55キロの馬は8頭いて、実にそのうち7頭が馬券になっているわけですからね。複勝率で言うと88%というのだから、その凄さがわかると思います。人気データと被るところはありますが、斤量55キロという馬は実績を残して、1キロ増になっているわけですから、そもそも斤量55キロの馬は強いんですよねw ここでも斤量55キロになってしまうような強い馬に注目してみましょう。

年齢

年齢 (1着-2着-3着-着外)
4歳 5-1-3-7
5歳 1-2-1-14
6歳 3-2-2-18
7歳上 1-5-4-43

最後に年齢データ。これも一目瞭然ですよね。サンプル数が少ないにも関わらず、4歳が過去10年5勝と圧巻の数字を残しています。ダートは高齢馬でもなんとかなるようなところはありますが、それでも若い馬がいいということにかわりはないですよね。そもそも高齢になって、地方交流重賞を出ているような馬は能力的に微妙であることが多いです。4歳とかなら実績を作るために、強い馬でも出てくることはありますが。とにかく名古屋大賞典では若い馬に要注目です。

有力馬診断

ここからは上位人気に支持されそうな馬たちについて、細かく見ていこうかなと思います。

・ヒラボクラターシュ
オープン特別2勝、グリムとタイム差なしの2着、佐賀記念の勝利などを考えると、このメンバーでも能力上位なのは間違いないと思います。普通なら上位争い必至かなーと思うのですが、この馬には大きな弱点があります。それは砂を被るとダメということです。この馬の馬柱を見たときに気になるのは、リボン賞と濃尾特別の負けだと思うのですが、それらはいずれも内枠で砂を被ってしまってのものでした。それらの次に行われたレパードステークスでは大外枠ということで一変。10番人気2着で波乱の決着を演出して見せたのです。近走はうまく砂を被らない競馬をしているので、安定した成績を残せているのですが、ここではどうでしょうか。というのも今回は外枠に逃げそうな馬が集まってしまったんですよね。おそらくマイタイザンが徹底的に逃げて行くと思うのですが、さらに外からテルペリオンやグリム、キクノルアにアナザートゥルースも迫ってくるはず。そうなるとこの馬は砂を被る位置に押し込められてしまう可能性が高いと思います。こちらがハナを譲らない姿勢を見せれば、砂を被らずに済むのですが、福永騎手はそういうタイプでもありませんし…。ここは砂を被ってしまったことにより、馬が萎えてしまっての大敗というシーンも十分に考えられると思います。人気では買いたくないですね。

・アナザートゥルース
この馬は早くから1600万条件に上がり、重賞での活躍も期待された馬でしたが、ここまで上がってくるになかなか苦労したという印象があります。これだけ出世が遅れた原因として考えられるのが、この馬はとにかくズブイんですよね。前走なんかを見てもらえばわかるのですが、前走なんかもルメール騎手が追って追って、なんとか勝ったみたいな感じでした。近走は上がりのかかる勝負になりやすい中山に、陣営がこだわって使っていたことを考えても、この馬は切れる脚のないズブイ馬だということがわかります。そんな馬だけに地方適正は間違いなく高いはず。上がりのかかる勝負、バンザイの口だと思いますw 大野騎手もこの馬には何度か乗っていますし、ズブイ馬だということはわかっているはず。押っつけに押っつけて、しぶとい脚を使わせる競馬をさせれば、この馬でそんな大差はない能力の持ち主ではあるはず。勝ち味には薄いタイプですが、このメンバーでも上位争い必至の一頭だと思います。

・グリム
この馬もヒラボクラターシュ同様に、砂を被るのがダメなタイプ。しかしこの馬は大外枠を引くことができました。これならば砂を被る心配は必要ないでしょう。他にこの馬で気になるは近2走の負けだと思うのですが、結論から言えばどちらも悪くない内容だったのではないかと思っています。まず、前々走についてはペースが厳しすぎました。トーセンデュークやシュテルングランツがありえないようなハイペースを作り、この馬は巻き込まれるような形。僕はあれでよくぞ2着に踏みとどまったなと、逆にこの馬の底力を評価したくらいです。前走に関しては相手が強かった+距離が長かったかなと。前走で先着を許したチュウワウィザード、ミツバはその後、それぞれインティに食い下がる、ケイティブレイブを下すなどの活躍を見せましたからね。この馬の血統的に考えても、2500メートルは長いとも思いますしね。今回は目立った強敵もいませんし、距離も一気に短縮。ここは巻き返しに期待できる場面なのではないかと思います。

最終予想

これまでの予想を総合して、名古屋大賞典の◎を紹介させてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中

ここでの狙い目はこの馬でしょう。近走は勝ち切ることこそ出来ていませんが、いずれも決して悪くない内容です。おそらく今回はヒラボクラターシュやテルペリオンなどがいるので、そこまでの人気を被ることはないと思いますが、能力自体は一枚の上の馬があると思いますね。3走前の内容を考えると、ここはアッサリまであっていいのではないかと思います。

名古屋大賞典の◯~△などの印、買い目は地方競馬メルマガで配信予定ですが、こちらの方でも公開しています。非会員の皆様はこちらのURLからどうぞ。買い方に一工夫入れています。

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました。

競馬で勝ったときに読んでください

ここを読んでいるという競馬で勝ったんですね? おめでとうございます!
それじゃあ、ぱっーといきましょうか! さぁAmazonで欲しかったものを買いましょう!
また「お前の予想を参考にして当たったぞ!」っていうかたは、ぜひTwitterなどで的中報告を頂けると幸いです。
さらに、よろしければ「アギョウ場外発売所」から、僕のファングッズを買っていただけると嬉しいです!
正直に言うと、大したものは売ってませんw なので、投げ銭感覚で利用してくださいねw
また、皆さんの有益な予想をしていけるように頑張りますので、どうかよろしくお願いします!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事, 地方競馬予想
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.