【マイラーズカップ2024】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは、アギョウです!

今回はマイラーズカップの追い切り診断となります。

それでは早速ソウルラッシュから見ていきましょう。

▼当ブログ実績▼

ソウルラッシュ

最終1週前ともにCWで終い10秒台。併せ馬を置き去りにする動きを連発していました。元々調教では速い時計が出るタイプですが、今回も相変わらず素晴らしい動きを見せています。

ただ近走は1週前までCWでしっかりやって、最終追い切りは坂路で軽めに流す程度でしたが、今回は最終追い切りまでCWでキッチリやる形に変わっています。

追い切りでの動き自体は良いですが、今回の調整過程を見ると前哨戦らしく少し重めが残る感じなのかもしれません。

追い切り評価「A

セリフォス

1週前にCWの自己ベスト更新。この時は馬場の大外を回りながら終い10秒台も出すなど、文句のつけようがない内容でした。最終追い切りでは遅めの時計でシッカリ折り合いがついていましたし、これはかなり良い状態に仕上がっていそうです。

1週前にCWでしっかりやって最終追い切りは坂路というのは、同じ前哨戦だった富士ステークス以来です。最終追い切りが坂路で軽く流す程度になったのは1週前でシッカリ仕上がっている証拠。状態的な不安がないからこそでしょう。

今回は富士ステークスに近い状態で、前哨戦としては万全と言ってもいいでしょう。

追い切り評価S

トランキリテ

最終1週前ともに併せ馬で先着。最終追い切りはCW3ハロン36秒台を始めて出すなど、この馬としては良い動きが出来ていました。

好走続きの勢いそのままといった印象です。まさにしっかり好調キープといった感じで、今回も前走ぐらいは問題なく走れそうです。

追い切り評価「A

アリストテレス

良かった頃は遅い時計でも折り合いを欠くことなく、スムーズな走りが出来ていましたが、不振続きの近走は調教の段階から折り合いを欠いてしまうことが多くなっています。

今回は近走と比べると比較的マシにはなってきましたが、それでも最終追い切りでは口向きが悪くなってしまうなど、相変わらず気難しいところを見せていました。

今回も近走から大きく変わった様子はありません。

追い切り評価「B

エエヤン

中2週のためそこまで速い時計こそ出していませんが、最終追い切りではかなり前を走っていた併せ馬に追いて、ゴールまで優勢の手応えで進めるなど、時計以上に良いなと思える動きが出来ていました。

流石に前走からの上積みまでは感じませんが、今回も悪くない仕上がりにありそうです。

追い切り評価「A

エアロロノア

最終1週前ともに坂路51秒台をマーク。昨年のこのレースの時も坂路51秒台を出すなど、元々調教ではよく動くタイプですが、今回も相変わらず調教では良い動きが出来ていました。

久々になりますが、今回も決して悪くない仕上がりでしょう。いきなりから能力を出せそうな状態です。

追い切り評価「A

コレペティトール

1週前の坂路で一杯に追って終い13秒台など、調教ではあまり動けていない印象ですが、勝った前走も一杯に追って終い13秒台になるなど、元々調教では動かないタイプです。

調教での動きを見るとスピードというよりもパワースタミナが武器で、開幕週のスピード勝負になった時にどうかという印象はありますが、状態的には前走ぐらい走れていいかもしれません。

追い切り評価「A

スパイダーゴールド

調子が良かった頃は最終追い切りや1週前追い切り以外にも、日曜日や火曜日なども時計を出す入念な調整をしていましたが、今回は最終追い切りと1週前追い切りだけで仕上げる形になっています。

やはり以前ほどの状態にはないのかなという印象で、今回も良かった頃というよりは近走同様でどこまで勝負になるかです。

追い切り評価「B

セッション

中2週のため今回の最終追い切りは軽めに流す程度となりました。同じ中2週でも未勝利戦を勝った時はCWで速い時計を出して併せ馬もするなど、攻めた調教が出来ていたことを考えると、これはどうでしょうか。

前走からの上積みどころかココは良くて前走同様までかなという印象です。

追い切り評価「B

ソーヴァリアント

1週前に終い10秒台をマーク。馬場の内側を通ったとはいえラスト3ハロン35秒台も叩き出すなど、速いラップを刻むことが出来ていました。併せ馬にこそ遅れていますが、この馬もかなり動いています。

最終追い切りでも楽な手応えで終い11.1秒を出すことも出来ていましたし、これは一度使っての上積みがあってもおかしくありません。前走も調教での動きは良かったと思いましたが、今回はそれ以上の動きです。

気難しいところがありレースでアテにしずらいところもありますが、今回も状態自体はかなり良いと見ています。ここへ向けて万全の仕上がりでしょう。

追い切り評価S

トゥードジボン

この馬で一番良かったと見ている3勝クラスを勝った時は、CW6ハロン80秒を切る時計を出しつつラスト3ハロン35秒台でまとめるなど、まさに全体良し、終い良しの動きが出来ていました。それが今回は全体時計、終いともにそこまで動けていません。

3走前や4走前辺りが状態的なピークだったのかなという印象で、今回は前走なんかと比べると少し物足りない感じがします。

追い切り評価「B

ニホンピロキーフ

1週前のCWで併せ馬を置き去りにする動きが出来ていました。この時はこれまでで2番目に速い全体時計を出しながら、ラスト3ハロン36秒台でまとめるなど、時計的にもこの馬としては高水準なものでした。

前走は坂路で終い11秒台。前々走はラスト3ハロン35秒台を出すなど、ここに来て調教で動くようになっており成長を感じる1頭です。今回も前走や前々走のような走りに期待できそうです。

追い切り評価「A

ノースザワールド

中3週で追い切り6本。間隔が詰まっての出走ですが入念な乗り込みをしています。そこまで速い時計こそありませんが、最終追い切りは良い手応えで回ってくるなど、時計以上に良いなと思わせるものです。

今回もこの馬としては悪くない状態になっているでしょう。

追い切り評価「A

ビーアストニッシド

最終追い切りの坂路で一杯に追いましたが終い12秒台後半が精々といった感じでした。この馬で状態が良かったと見ている3歳春頃は、終い12秒台前半を楽々出すような動きが出来ていただけに、これはどうでしょうか。

良かった頃と比べると今回も物足りない印象です。ここも近走同様までになりそうです。

追い切り評価「B

フリームファクシ

1週前追い切りで併せ馬をしましたが、全く併せ馬に追いつく様子がありませんでした。最終追い切りもしくは1週前追い切りの併せ馬で遅れるのは新馬戦以来となります。ラスト1ハロンも大きく失速する形になっていましたし、これはどうでしょうか。

状態的には前走より少し下ぐらいかなと思います。

追い切り評価「B

ボルザコフスキー

1週前にCW3ハロン36秒台。土曜日に35.0秒。最終追い切りでも35秒台を出すなど、この中間は速いラップを連発しています。中3週でも手を緩めることなくシッカリ攻めた調教をこなしてきました。

最終追い切りは併せ馬に遅れていますが、時計を見るとこの馬が駄目というよりは併せ馬が動きすぎた印象ですし、今回もこの馬なりに悪くない状態にありそうです。前走ぐらいは走れるでしょう。

追い切り評価「A

リューベック

最終追い切りでフリームファクシに併せ馬で遅れていました。1週前追い切りもCWで軽め。単走で流す程度になるなど、この中間は比較的軽めの調教負荷になっているのも気がかりです。

前走からの上積みがあるようには感じず、今回は良くて前走同様までになりそうです。

追い切り評価「B

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...