2019年競馬予想記事

【目黒記念2019】過去データ・傾向

更新日:

今回は目黒記念過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



目黒記念 過去データ分析

今回は過去10年間のデータから人気・年齢・枠順・脚質の基本データに加えて、キャリア・前走クラス・前走着差・前走4角位置・前走上り・前走馬体重データを見ていくことで今回の目黒記念で高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

目黒記念 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 1- 4- 2- 3/ 10
2番人気 0- 1- 0- 9/ 10
3番人気 1- 0- 1- 8/ 10
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10
5番人気 1- 0- 0- 9/ 10

1~5番人気で過去10年4勝。2番人気が複勝率10%など、ハンデ戦らしく荒れる余地があるレースと見ていいでしょう。東京といえば、あんまり荒れないイメージがあるかもしれないですが、東京2500メートルという舞台は、最もフェアな東京2400メートルという舞台から距離を100メートル伸ばしただけですが、求められる適正がまったく違ってくるんですよね。ハンデ戦の上に、ちょっと特殊な適正が求められることにより、荒れる余地が生まれてくるわけです。この目黒記念で求められる適正というのは、この後で紹介していくので、ぜひ最後まで見てくださいw ここでは荒れる余地もあるよということでお願いします。

年齢

年齢 着別度数
4歳 2- 1- 3- 26/ 32
5歳 3- 8- 2- 33/ 46
6歳 2- 1- 2- 30/ 35
7歳 2- 0- 2- 25/ 29
8歳 1- 0- 1- 16/ 18

普通の芝重賞であれば若い馬が有利で、高齢馬が不利というのが通例ですが、この目黒記念では4~8歳、どの年齢にも勝ち星があります。高齢馬だとしても軽ハンデを味方にして、好走することも十分に可能になっているんですよね。さらに高齢馬が好走できる要因として、先程もチラッと言った特殊な適正が関係しています。特殊な適正とはステイヤーとしての資質が問われるということです。ここが東京2400メートルとは大きく違う点です。東京2500メートルというのは2400メートルからスタート地点を100メートル下げただけのコースなのですが、そのせいでスタートしてすぐに坂があるんですよね。そして最後の直線でもう一度、坂を駆け上がります。東京2400メートルとは違い、2度の坂越えをしなければならないので、ステイヤー的なスタミナと持続力が大事になってくるのです。ステイヤー路線といえばアルバートやフェイムゲームのように、高齢馬になっても適正の高さで活躍できるみたいなところがありますよね。それと同じことがこの目黒記念でも起こっているのです。高齢馬だから~というのは割引材料にはならないよということを覚えておいてください。

枠順

枠番 着別度数
1枠 1- 2- 2-14/19
2枠 3- 1- 1-14/19
3枠 0- 2- 0-17/19
4枠 1- 0- 2-16/19
5枠 0- 2- 2-16/20
6枠 1- 1- 2-15/19
7枠 3- 0- 0-24/27
8枠 1- 2- 1-23/27

このレースの前に行われるダービーは内枠有利。しかし、この目黒記念ではそこまで内枠有利とはなっていません。大きな枠順傾向はないと見た方がいいのではないかと思います。これは枠順云々というよりも、先程も挙げたステイヤー的な適正。こちらが占めるウェイトが大きいのです。オークスの時に2400メートルをこなせる馬はどの枠順でもこなせる、こなせない馬はどの枠順でも無理みたいなことを言いましたが、それと同じような感じです。枠順云々よりも、ここでは他のバイアスを重視するべきでしょう。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 1- 0- 10/ 11
先行 3- 4- 3- 28/ 38
中団 7- 5- 5- 57/ 74
後方 0- 0- 2- 44/ 46

近5年の前後半3ハロンの平均は36.2-34.9秒。直線の長い東京らしくペースは上がりません。ただ、それでも逃げ馬が過去10年で勝ったことがないところ、差し馬が過去10年7勝というところを見ると、スローペースだから前有利という単純なレースではありません。これまで何度も言っているように、この目黒記念はステイヤー的な適正を問われる、タフなレースですから、逃げ馬が逃げ切るなんてのは至難の業なんですよね。先行・中団で脚を溜めた馬が、しっかり末脚を伸ばして上位確保というシーンが数多く見受けられます。ここはステイヤー的な差し馬を狙うというのが、攻略のポイントとなるのではないでしょうか。

目黒記念 消去法データ

ここからは消去法データ。今回の目黒記念で過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

キャリア

これまで2400メートル以上で勝ち負けしたことがない馬は過去10年で勝ったことがありません。ステイヤー的な適正を問われるレースですから、少なくても2400メートル以上ではしっかり走っている必要があるわけです。唯一、キングトップガンという馬が2400メートル以上で勝ったことがなかったのですが、この馬は2400メートルでタイム差なしの2着という経験がありました。なので、ここでは2400メートル以上で勝ち負けをしたことがない馬を軽視させてください。

前走クラス

前走クラス 着別度数
1000万下 0- 0- 1- 3/ 4
1600万下 2- 2- 0- 19/ 23
OPEN特別 4- 4- 4- 51/ 63
G3 3- 0- 2- 13/ 18
G2 0- 2- 1- 26/ 29
G1 1- 2- 2- 25/ 30

前走1000万条件という馬は過去10年で連対したことがありません。いくらハンデ戦で、特殊な適正が問われるレースだからといっても、流石に前走で1000万条件をウロウロしたような馬で、なんとかなるほど甘いレースではありません。ここではしっかり1600万条件以上で戦ってきた馬から買うべきでしょう。

前走着差

前走着差 着別度数
負0.6~0.9 3- 2- 2- 25/ 32
負1.0~1.9 0- 2- 1- 36/ 39
負2.0~2.9 0- 0- 0- 11/ 11
負3.0~3.9 0- 0- 0- 3/ 3
負4.0~ 1- 0- 0- 4/ 5

唯一、前走4.0秒以上の負けから巻き返してきたのが、2013年のムスカテールという馬なのですが、この馬が前走で走っていたのが天皇賞春。このことから、ここでは前走G1以外で1.0秒以上負けてしまった馬というのを消させてください。前走G1のようなトップレベルでの大敗ならば巻き返す余地があるのですが、前走G2やG3で1.0秒以上も負けているようでは、いくらハンデ戦でも巻き返す余地はありません。前走G1以外なら、ある程度の勝負になっている馬から選ぶべきでしょう。

前走4角位置

前走4角 着別度数
5番手以内 1- 1- 2-31/35
7番手以内 1- 2- 2-40/45
10番手以内 1- 3- 2-55/61

集計範囲:前走上り6位~

まず、前走上がり6位~で4角10番手以内という、やや難しい条件についてですが、これは要するに大した上がりが使えない先行馬ということです。脚質データで言ったように、目黒記念は中団でしっかり脚を溜めて、末脚を伸ばす馬が活躍するレース。先行粘り込みタイプが頑張れるレースではないのです。それでもって唯一、前走上がり6位~で4角10番手以内で勝ったことがあるのが、2009年のミヤビランベリ。2009年は大雨による影響で、不良馬場で開催の年でした。この時はレース上がりが38.4秒もかかる、馬場のせいで末脚不発の年だったわけです。今年はそこまで馬場が悪化しそうにもないので、これは例外として扱わせてください。前走上がり6位~で4角10番手以内という馬を消します。

前走上り

前走脚質 着別度数
3F 1位 1- 0- 0- 3/ 4
3F 2位 1- 0- 0- 8/ 9
3F 3位 0- 0- 0- 2/ 2
3F ~5位 0- 1- 0- 4/ 5
3F 6位~ 0- 1- 0- 2/ 3

集計範囲:前走1600万条件

前走1600万条件で上がり3位以下という馬は過去10年で勝ったことがありません。ここまで何度も末脚が重要なレースだということは言ってきましたが、前走1600万条件のレベルなら上がり最速もしくは2位。クラス上位の末脚を見せつけてなければ、ここで通用することはないでしょうね。前走1600万条件で上がり3位以下という馬は割引が必要です。

前走馬体重

前走馬体重 着別度数
420~439kg 0- 1- 0- 1/ 2
440~459kg 1- 0- 2- 14/ 17
460~479kg 1- 3- 0- 31/ 35
480~499kg 4- 2- 4- 43/ 53
500~519kg 2- 3- 3- 24/ 32
520~539kg 2- 1- 1- 16/ 20
540~ 0- 0- 0- 8/ 8

過去10年で最も軽い前走馬体重で勝ったのが2017年のフェイムゲーム。フェイムゲームの前走馬体重は454キロでした。なので、ここでは区切り良く、前走馬体重450キロ以下という馬を消させてください。前走馬体重450キロ以下の小柄な馬が駄目な理由としては、年齢データのところでチラっと言った2回の坂越えです。中山の急坂で小柄な馬が駄目というのは、皆さんも分かっていると思いますが、それと同じで東京2500メートルという、2回も坂を登らなければならないコースでは、小柄な馬は苦戦していまいます。ここでは2回の坂越えを苦にしないであろう、パワーに溢れる大型馬を重視するというのがいいのではないかと思いますね。

前走馬体重 着別度数
460~479kg 0- 0- 0- 4/ 4
480~499kg 0- 0- 0- 7/ 7
500~519kg 2- 1- 0- 7/10
520~539kg 0- 1- 0- 0/ 1
540~ 0- 0- 0- 1/ 1

集計範囲:前走1600万条件

前走1600万条件から勝った馬というのは、いずれも前走馬体重500キロの超えの大型馬たちでした。いくらハンデを貰っているとはいえ、古馬一線級も出てくることが珍しくない、このレースではどうしても能力的に見劣ってしまいます。そこを補完するのが適正。2回の坂越えを全く苦にしないということでしょう。前走上がりのデータと交えると、前走1600万条件組から活躍するのは、クラスで上位の上がりを繰り出していた大型馬ということになります。前走1600万条件組を取捨選択する上で、この基準というのは非常に役立つのではないでしょうか。前走1600万条件で前走馬体重499キロ以下の馬は割引が必要でしょう。

まとめ

推奨馬はYoutubeで公開中です。良かったら見てください!

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.