2019年競馬予想記事 地方競馬予想

【マリーンカップ2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はマリーンカップ予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



マリーンカップ 予想

枠順の確認→過去データ分析→有力馬診断→そして最終予想という流れで、今回のマーリンカップを見ていきますね。

枠順

まずは、マリーンカップの枠順を見ていきましょうか。

 1- 1エミノマユアク
 2- 2ナムラアヴィ
 3- 3オウケンビリーヴ
 4- 4べニアカリ
 5- 5チークス
 6- 6ラーゴブルー
 7- 7アイアンテーラー
 8- 8リエノテソーロ

有力どころは3枠3番オウケンビリーヴ、7枠7番アイアンテーラー、8枠8番リエノテソーロなど。有力馬は内、外に綺麗に分かれるような形になりましたね。マリーンカップは大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 (1着-2着-3着-着外)
1枠 1‐0‐1‐7
2枠 1‐1‐1‐6
3枠 0‐1‐1‐8
4枠 0‐0‐1‐12
5枠 1‐1‐0‐13
6枠 3‐2‐1‐12
7枠 2‐1‐2‐13
8枠 1‐3‐2‐16

次の項では枠順データの他にも、マリーンカップの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回の過去データ分析では、2011年は震災の影響で中止だったため、過去9年間のデータから要注目のデータをいくつか参照していきます。

人気

人気 (1着-2着-3着-着外)
1番人気 5-2-2-1
2番人気 2‐2‐1‐4
3番人気 0‐3‐2‐4
4番人気 2‐1‐3‐3
5~9人 0‐1‐2‐42
10人以下 0‐0‐0‐28

1番人気が過去10年5勝、複勝率90%。勝ち馬はすべて4番人気以内から出ていることを考えても、マリーンカップは地方交流重賞らしく堅い決着になりやすいレースでしょう。ただ、2,3着ならば荒れる余地もあるようで、ネタバレにはなってしまいますが、地方馬がヒモ荒れを演出するというケースも多々見受けられます。さらに今年はここは叩き台ですよと言わんばかりの中央馬たちが揃いました。少頭数でもヒモ荒れも十分に考慮した予想をするのがいいのではないでしょうか。

所属

所属 (1着-2着-3着-着外)
美浦 2‐1‐1‐6
栗東 7‐5‐4‐8
地方 0‐3‐4‐68

ネタバレされてしまった所属データです。地方馬が2,3着に滑り込んでくるというケースが目立ちます。栗東と美浦の比較では栗東優勢。競馬界では古くから言われている西高東低。その影響がこのマリーンカップでも色濃く出ているということでしょう。地方馬の2,3着確保に警戒すると同時に、栗東所属馬を重視した馬券を組み立てるのがいいのではないでしょうか。

年齢

年齢 (1着-2着-3着-着外)
4歳 1‐5‐3‐26
5歳 6‐1‐2‐23
6歳 1‐2‐3‐14
7歳上 1‐1‐1‐17

最後に年齢データ。5歳の過去10年6勝というのが目立ちます。ただ、複勝率で見てみると4歳~6歳までは30%前後となっており、そこまで大きな差はありません。流石に7歳以上ともなるとデータ的には厳しいですが、4歳~6歳までについてはそこまで優劣をつけなくてもいいのかなと思います。ちなみに今年はすべての出走馬が4~6歳となっていますので、年齢による差はないと見ていいでしょうね。

有力馬診断

ここからは上位人気に支持されそうな馬たちについて、細かく見ていこうかなと思います。

・オウケンビリーヴ
中央ではダート1200メートルを中心に使われてきています。この馬のベストは1200メートルでしょうね。3走前に浦和1400メートル、5走前に川崎1600メートルを使われていますが、どちらも2着と勝ち切れていませんしね。ここもベストの舞台とはいかないでしょう。ただ、この距離をまったくこなせないという馬ではありませんから、ここでも大崩れなくそれなりに走ってくれるのではないでしょうか。まぁこのメンバーでならば、能力上位は間違いないですしw 休み明けですがノーザンファーム生産馬ということで、それなりには仕上げてきているはずですし、休み明けだから~というのも無粋ですしね。初の船橋というのも同じく持続力の舞台である浦和をこなしていることから大丈夫かなと。ナイターも3走前で経験済みです。課題は距離だけでしょう。

・アイアンテーラー
初の地方交流重賞となった前々走で快勝。前走も内側しか伸びない馬場でした。大外枠から外々を回ったの敗戦でしたから、情状酌量の余地はあったと思います。このメンバーで能力的に足りないということはないでしょうね。ただ、この馬で気になるのは地方競馬場への適正です。前々走のクイーン賞を勝ってますが、あの時は不良馬場でした。あれで地方の重い馬場への適正があるというのは無理があると思うんですよね。むしろ前々走が強すぎます。これは良馬場開催濃厚で重い馬場コンディションで行われる、今回の馬場への適正はないと考えるのが自然でしょう。さらに今回は休み明けにも関わらず、追い切り本数が4本のみ。非ノーザンファーム生産馬ということで、外厩仕上げというわけでもないでしょうし、これは仕上がりに疑問符が浮かびます。そこまでスタートが速くなく、押して押してハナを奪いに行く、この馬には距離短縮というのも良くないでしょう。

・リエノテソーロ
この馬は調教の動きとレースでの結果が直結するタイプ。4走前に久々の勝利を飾ったときは坂路で好時計をマーク。HNKマイルで大穴を開けた時も坂路51秒台をマークしていました。じゃあ今回はどうなのかと言われれば、あんまり良くない時の調教でした。ここで一変するというのは難しいと思います。特に近2走はこれまでに見られなかった出遅れるシーンというのも見られるようになり、年齢を重ねて気性的にも難しくなってきている印象があります。ただ、今回はダートの騎乗には定評がある大野騎手に替わりますし、そこが救いですかね。まぁ人気では買いたくない一頭ですね。

最終予想

本命と穴推奨をYoutubeにて紹介しています。良かったら見てください!

マリーンカップのすべての印、買い目は地方競馬メルマガで配信予定ですが、こちらの方でも公開しています。非会員の皆様はこちらのURLからどうぞ。買い方に一工夫入れています。

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事, 地方競馬予想
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.