2019年競馬予想記事

【マーチステークス2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はマーチステークス予想となります。

今週末は中山競馬場にてマーチステークスが行われます。前日段階での1番人気はテーオーエナジー。前走の地方交流重賞こそ3着と敗れてしまいましたが、マーチステークスが行われる中山1800メートルでは無類の強さを見せていますからね。舞台適正という意味ではこの中でも随一のものがあると思います。能力的には大混戦の一戦ですから、適性の差で1番人気に推されるというのもわかります。相手候補筆頭はハイランドピーク。昨年はこのレースで1番人気に推されながらも敗れてしまいましたが、あれは名物ノリポツンが発動してのものでしたからねw 前走は太め残りでしたし、それらを除けば非常に安定した走りを見せています。この大混戦でもそう大崩れはないのかもしれませんね。さぁ荒れる重賞を制するのはどの馬なのか。今から非常に楽しみな一戦です!というわけでマーチステークス予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



マーチステークス 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のマーチステークスを見ていきますね。

枠順

まずは、マーチステークスの枠順を見てきましょうか。

 1- 1アルドーレ
 1- 2マイネルオフィール
 2- 3ジョーダンキング
 2- 4ロードゴラッソ
 3- 5アスカノマロン
 3- 6ヒラボクラターシュ
 4- 7ハーベストムーン
 4- 8テーオーエナジー
 5- 9エイシンセラード
 5-10サトノティターン
 6-11リーゼントロック
 6-12ロンドンタウン
 7-13ハイランドピーク
 7-14グレンツェント
 8-15サンマルデューク
 8-16センチュリオン

有力馬は2枠4番ロードゴラッソ、4枠8番テーオーエナジー、7枠14番ハイランドピークといったところ。有力馬は内、外、中に分かれるような形になりましたね。マーチステークスは内枠有利と見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0- 8/ 8
2枠 2- 1- 1- 4/ 8
3枠 0- 0- 1- 6/ 7
4枠 1- 0- 1- 6/ 8
5枠 0- 0- 0- 8/ 8
6枠 0- 0- 0- 8/ 8
7枠 0- 1- 1- 6/ 8
8枠 1- 2- 0- 5/ 8

次の項では枠順データの他にも、マーチステークスの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回は中山競馬場の馬場改修後、過去4年間のデータから要注目のデータをいくつか参照しておきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 0- 1- 1- 2/ 4
2番人気 1- 1- 1- 1/ 4
3番人気 0- 0- 0- 4/ 4
4番人気 0- 0- 0- 4/ 4
5番人気 0- 2- 0- 2/ 4

1~5番人気で過去4年1勝。マーチステークスは荒れるレースと見ていいでしょうね。ハンデ戦ということでハンデキャッパーがいい仕事をしているといってもいいかもしれませんw さらにこのマーチステークスは、ハンデ以外にも荒れる要素が満載。まずフルゲートになりやすいということ。馬群に飲まれてしまい、本来の能力を出せずに終わってしまいやすいということ。ハンデ戦の恒例みたいなものですが、最後の直線はもうごちゃごちゃになりやすく、その上にフルゲートということですから、もう最後の直線はカオスですw さらにさらに中山1800メートルという舞台はスタートして、すぐに急坂。JRAのダートコースでは最大となる4.4メートルもの高低差があります。中山1800メートルは日本一といってもいいほど、タフな舞台ということも関係しているのだと思います。最後にもう一つだけ荒れる要素があるのですが…、これは脚質データでお話しするのでお楽しみに! とにかくマーチステークスは荒れやすいレースだということを覚えておいてください。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0- 8/ 8
2枠 2- 1- 1- 4/ 8
3枠 0- 0- 1- 6/ 7
4枠 1- 0- 1- 6/ 8
5枠 0- 0- 0- 8/ 8
6枠 0- 0- 0- 8/ 8
7枠 0- 1- 1- 6/ 8
8枠 1- 2- 0- 5/ 8

マーチステークスは枠順が大切なので解説を付け加えさせてもらいます。これは内枠有利といっていいのではないでしょうか。人気薄の好走というのは内枠から目立つ感じになっています。先程の人気データで、中山1800メートルは日本一といってもいいほどタフな舞台であるという話しはしましたが、それだけに少しでもロスの少ない内枠というのがいいのだと思います。でも、最後の直線じゃカオスな状態になるんでしょ? じゃあ内枠はダメじゃないって思った方もいるかもしれませんが、それは次に話す脚質データと組み合わせることで納得してもらえると思います。それは、いよいよ先程から大事だと話している脚質データに入っていきましょうか。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 0- 4/ 5
先行 2- 2- 2- 9/15
中団 1- 2- 2-19/24
後方 0- 0- 0-19/19

こちらが脚質データです。逃げ先行馬が圧倒的です。中団からの馬も悪くない印象ですが、人気薄の好走というのはとにかく逃げ先行馬です。これは最後の直線でカオスな状態になっても、前にいればその影響をあまり受けなくて済みますからね。差し馬たちが本来の能力を出せない中で、まんまと逃げきってしまうという感じなのです。さらに先程の枠順データで内枠からの好走が目立つという話しはしましたが、内枠+逃げ先行というのがマーチステークスの好走パターンなのです。マーチステークスはハイペースにもなりやすい傾向にもあるのですが、それでも逃げ先行馬。このレースではとにかく前に行ける馬から買うべきでしょう。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

テーオーエナジー【
栗東 坂路 良 3月20日(水)
50.6-36.6-24.2-12.3 強め
坂路で猛時計をマーク。これが自己ベストとなります。状態が万全なのは言うまでもなく、ここに来ての成長というのも感じさせます。陣営が得意の舞台であるここを目標に作ってきたというのは明白でしょう。斤量57キロというのはやや見込まれた感じはありますが、それでも舞台適正の高さを考えると軽視はできないでしょう。主戦の岩田騎手はレッツゴードンキとの兼ね合いで、こちらには乗れないというのは痛いですが、これだけオッズが割れているならという感じはしますね。

ハイランドピーク【
美浦 南W 良 3月20日(水)
81.8-67.0-52.4-38.8-13.8 馬なり
中2週で2本の追い切り。順調な仕上がりなのではないでしょうか。時計も馬なりでこれくらいなら及第点にはあるでしょう。この馬の調教についてもう一つ言っておきたいのが、今回の調教過程。一週前、最終ともに南W調教だったのですが、これはこの馬の好走パターンです。前走はトラック調教オンリーという場合、2‐1‐0-0という感じですからね。今回は勝負仕上げといって何ら差支えないと思います。この馬はテーオーエナジーと違って継続騎乗。乗り難しいところがあるこの馬にとって、これは何よりのプラス材料です。昨年はポツンだったので度外視できる内容。前走も太目残りですし、ここでの巻き返し必至なのではないかと思いますね。

ロードゴラッソ【
栗東 CW 良 3月20日(水)
81.4-66.5-51.9-38.1-12.0 一杯
ダートで負けなし。前走の勝ちっぷりは鮮やかでしたよね。その前走以上の仕上がりを伺わせる動きや時計で、休み明けを叩いた上積みは大きいのではないでしょうか。今回は満を持しての重賞挑戦となるわけですが、結論から言っておくとダートでの3戦はいずれも相手関係が恵まれていたかなと。前走も勝ちっぷりは良かったですが、ハッキリ言って相手が弱いですよね。これまで強い相手と戦ったことがないだけに、このメンバーに入ってどうかというところはあります。前走のようにアッサリ抜け出せるということは、まずないでしょうし、この馬の真価が問われるのはここかなと。人気薄なら未知の魅力にかけてみるのも面白いですが、人気では…という感じですね。

最終予想

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

ここはこの馬を狙ってみたいと思います。この馬はかつては砂を被るとダメな馬でしたが、前走で砂を被っても問題ないことがわかりました。今回はローテーション的に厳しいということで、おそらく実力以上に人気がないはず。僕は前走はあまり満足に競馬ができていなかったと思うので、そこまで悪い状態ではないと思うんですよね。陣営も強気のコメントです。さらに鞍上に戸崎騎手が乗ってくれるというのも心強く、裏に高松宮記念があるここでは頼りになる騎手の一人になると思います。戸崎騎手もわざわざ裏開催に回っているわけですから、勝ち星を重ねておきたいはずです。それらから考えて、ここで望み薄の馬に乗るわけがないんですよね。これらから強硬ローテーションでも、そこまで割り引く必要はないと思います。けれども強硬ローテーションで大きく人気を落としている印象ですし、オッズ妙味を狙ってこの馬を本命にしたいと思います。

アギョウ
◎以外の印や買い目などは中央競馬プレミアムからどうぞ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.