2019年競馬予想記事

【毎日杯2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回は毎日杯過去データ分析となります。

今週末は阪神競馬場にて毎日杯が行われます。今年の牡馬クラシック路線は混戦。弥生賞、スプリングステークスともに波乱の結果に終わっており、未だに牡馬クラシックで間違いないと言われる馬が出てきていません。未知数のサートゥルナーリアが押し出されるようにして人気になるのでしょうが、この馬もまだ半信半疑ですよね。絶対的な存在だとは言い切れません。しかしまだ春クラシックの前哨戦は終わっていません。この毎日杯も毎年有力馬を多数輩出するレースです。ここから春クラシックへと羽ばたいていく強い馬は現れるのか。それともまだ大混戦のままなのか。春のクラシックを見据える上で、非常に重要な一戦となりそうです!というわけで毎日杯過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



毎日杯 過去データ・傾向

今回は過去10年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走クラス・前走着差・キャリア・種牡馬のデータを見ていくことで今回の毎日杯で高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

毎日杯 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 5- 1- 2- 2/ 10
2番人気 2- 1- 3- 4/ 10
3番人気 1- 3- 2- 4/ 10
4番人気 0- 2- 1- 7/ 10
5番人気 1- 1- 0- 8/ 10

1~5番人気で過去10年9勝。1番人気が複勝率80%をマークするなど、人気サイドでの決着が目立ちます。この時期の世代重賞で物を言うのは素質です。ここで上位人気にも支持されないような馬では、そもそも素質不足ですよね。去年はブラストワンピース、ギベオン、インディチャンプ。一昨年はアルアイン、サトノアーサー、キセキなど。近年はハイレベルなメンバーになりやすい傾向にもありますから、余計に高いレベルでの素質が要求されます。ここでは春のクラシックでも通用するような大きな器を持った馬を見抜くというのが、予想の要になりそうです。

枠順

枠番 着別度数
1枠 2- 1- 0- 8/11
2枠 0- 3- 0- 9/12
3枠 2- 0- 1-11/14
4枠 1- 1- 2-12/16
5枠 3- 2- 1-10/16
6枠 0- 1- 1-15/17
7枠 0- 2- 3-15/20
8枠 2- 0- 2-16/20

これは大きな枠順傾向はないという感じでいいのではないでしょうか。先程の人気データで話したように、毎日杯は素質重視の一戦。強い馬はどの枠順からでも来てしまうのです。ここでは枠順云々というよりは、素直に馬の能力というのは評価するべきでしょう。枠順は気にする必要はないと思います。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 0- 0- 10/ 10
先行 3- 3- 5- 21/ 32
中団 4- 4- 1- 33/ 42
後方 3- 3- 4- 32/ 42

阪神1800メートルという舞台は最初のコーナーまでが600メートルと長め。先行争いが激しくなることは少なく、スローペースになりやすいです。その割には逃げ馬が過去10年で勝ったことがなく、後方からの馬も問題なく来ている感じです。スローペースだから前有利ということではなくて、スローからの瞬発力勝負が得意な馬が上位独占するという感じでしょう。速い上がりが使える馬がいいということですね。ここではスローペースから速い上がりを使ってこれる馬を重視するべきでしょう。

毎日杯 消去法データ

ここからは消去法データ。今回の毎日杯で過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走クラス

前走クラス 着別度数
新馬 0- 0- 0- 7/ 7
未勝利 0- 0- 0- 12/ 12
500万下 1- 5- 5- 42/ 53
OPEN特別 0- 0- 2- 9/ 11
G3 8- 4- 1- 20/ 33
G2 1- 0- 2- 4/ 7
G1 0- 0- 0- 1/ 1

前走新馬・未勝利・オープン特別という馬(ウーリリ、ダノンテイオーなど)は過去10年で連対したことがありません。まず、前走新馬・未勝利という馬は、そもそも素質的に疑問です。この時期まで新馬や未勝利をウロウロしているでは、春クラシックを狙えるような大きな器にはなり得ませんよね。それに一気の相手関係強化でどうかというところもあります。前走オープン特別組についても、素質微妙なのだと思います。オープン特別よりも、下の500万条件組で勝った馬がいるじゃないか!と言われる方もいるかもしれませんが、この前走500万条件組については、次の前走着差のデータで詳しくお話しするので安心してくださいw まぁとにかくここでは前走重賞組から買うというのがセオリーとなるので、ここではそれだけを覚えてもらえれば大丈夫です。

前走着差

前走着差 着別度数
勝0.6~0.9 1- 0- 0- 0/ 1
勝0.3~0.5 0- 0- 1- 3/ 4
勝0.1~0.2 0- 2- 3- 9/14
勝0.0 0- 1- 0- 8/ 9

次に前走着差のデータ。先程、少し話題になった前走500万条件組についてです。前走500万条件だった馬というのは前走0.6秒以上の大差勝ちを収めている必要があります。これだけの大差勝ちしていれば、実質的に重賞勝ちくらいの能力があることを示していることになりますよね。逆に、前走500万条件組で0.6秒以上の大差勝ちをしていない馬(ランスオブプラーナ、ルモンドなど)は過去10年で勝ったことがありません。今年はそれだけの大差勝ちした馬はいませんから、前走500万条件組は全消しです。

キャリア

キャリア 着別度数
5戦~ 3- 3- 3- 49/ 58
7戦~ 0- 0- 2- 22/ 24
10戦~ 0- 0- 0- 3/ 3

キャリア7戦以上という馬(マイネルフラップ、コパノマーティンなど)は過去10年で連対したことがありません。近年は外厩の充実により、素質のある馬というのはレースをなるべく使わないように、馬を大事にするという傾向が出てきました。逆にここまでで7戦以上もしているような馬というのは、陣営としても期待薄。もしくは新馬や未勝利で苦しんできた馬のどちらかです。どちらにしても、ここで好走するためには素質不足であることが多いです。

種牡馬

種牡馬 着別度数
ロイヤルチャージャー系 9- 6- 9-65/89
ニアークティック系 1- 0- 0-11/12
ネイティヴダンサー系 0- 4- 1-12/17
ナスルーラ系 0- 0- 0- 8/ 8

父ロイヤルチャージャー系という馬が過去10年9勝。圧倒的な数字を残しています。父ロイヤルチャージャー系というのは主にサンデー系。脚質データのところでもちょっとだけ話したように、毎日杯はスローペースになりやすいです。それに伴ってサンデー系特有の切れる脚。高い瞬発力が必要となるのです。これらから父ロイヤルチャージャー系以外の馬(ケイデンスコール、アントリューズなど)というのは消しです。ニアークティック系が勝ったことがあるじゃないか!と思われる方もいるかもしれませんが、これは昨年のブラストワンピースです。前走着差のデータのところで500万条件を大差勝ちしたのもこの馬でした。まぁこれからも分かってもらえると思いますが、ブラストワンピースはちょっと例外的な存在だったので…w ここでは基本的には父サンデー系の馬から行くべきです。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは1頭。ここは文句なしでこの馬です。前走、前々走と奮わない結果が続いていますが、どちらも運がなかったかなという見解です。まず、前々走は最後の直線で致命的な不利。あれがなければ2着だったかなという感じのレースでした。そして前走ですが、これは雨は降ってきてしまったことと、超スローペースになってしまったことがすべてだったかなと。この馬の持ち味は直線での切れ味なのですが、前走は超スローペースだったので仕方なく道中で動いていく競馬。そのせいで最後の直線では伸びを欠いた感じでした。雨を降ったことにより、さらに切れ味が削がれてしまった感じでした。またもやこの馬の本来の能力を発揮できないレースだったわけです。今回は雨も降らない予報ですし、直線で一気でも間に合うレース。ここでしっかり巻き返してくれるのではないかと思います。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・なし

アギョウ
最終的な予想は中央競馬プレミアムで公開します。ご興味がある方はぜひ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.