2019年競馬予想記事

【レパードステークス2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はレパードステークス予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



レパードステークス 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のレパードステークスを見ていきますね。

枠順

まずは、レパードステークスの枠順を見てきましょうか。

 1- 1メスキータ
 2- 2アヴァンセ
 2- 3ブルベアイリーデ
 3- 4ヴァイトブリック
 3- 5ワシントンテソーロ
 4- 6ハヤヤッコ
 4- 7ブラックウォーリア
 5- 8ハヤブサナンデクン
 5- 9トイガー
 6-10デルマルーヴル
 6-11エルモンストロ
 7-12ロードリバーサル
 7-13サトノギャロス
 8-14アッシェンプッテル
 8-15ビルジキール

有力馬は3枠4番ヴァイトブリック、6枠10番デルマルーヴル、7枠13番サトノギャロスといったところ。有力馬は内、外、中と、綺麗に分かれるような形になりましたね。レパードステークスは大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 1- 9/10
2枠 1- 0- 1-15/17
3枠 1- 3- 2-12/18
4枠 2- 2- 1-15/20
5枠 2- 2- 1-15/20
6枠 1- 0- 3-16/20
7枠 3- 1- 1-15/20
8枠 0- 2- 0-18/20

次は枠順データの他にも、レパードステークスの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回は過去10年間のデータから、要注目のデータをいくつか参照していきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 5- 1- 3- 1/ 10
2番人気 3- 1- 1- 5/ 10
3番人気 0- 3- 0- 7/ 10
4番人気 0- 1- 0- 9/ 10
5番人気 1- 0- 0- 9/ 10

1~5番人気で過去10年9勝。1番人気の複勝率90%というところを見ても、レパードステークスは人気サイドで決まりやすいレースと見て間違いないでしょう。中央で行われる3歳ダート重賞というのは、先日行われたユニコーンステークス、そしてこのレパードステークスの2つのみ。この時期のダート馬というのは、たとえG1級の素材だとしても、このレパードステークスを使ってくるというのも珍しくありません。3歳ダート路線というのは番組が少なすぎるので、他に使うレースがないんですよね。ですので、ここは後のG1馬と条件戦に留まり続ける馬とが一同に会すわけですから、後のG1馬が人気になって、しっかり結果を残していくという感じです。近年は荒れる決着というのも目立つようになりましたが、基本的には堅い決着になるレースと見て大丈夫なのではないかと思います。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 4- 0- 5/ 10
先行 6- 4- 6- 19/ 35
中団 3- 2- 1- 51/ 57
後方 0- 0- 3- 39/ 42

逃げ先行馬で過去10年7勝。逃げ馬の連対率50%というところを見ても、レパードステークスはダート重賞らしく前有利のレースと見ていいでしょう。新潟ダート1800メートルというのは、他のダート1800メートルのコースと比べて、道中の起伏が少なめ。ほぼ平坦のコースとなっているので、逃げ先行馬がバテづらいんですよね。さらに、コーナーもきつくなっていますので、マクリもなかなか決まりづらい。新潟ダート1800メートルというコースは、他のダート1800メートルよりも前が有利なダートであるというのは覚えておいて損はないと思います。このレパードステークスは前有利の一戦ということでお願いします。

キャリア

キャリア 着別度数
3戦 0- 0- 0- 8/ 8
4戦 0- 0- 0- 7/ 7
5戦 0- 3- 1- 11/ 15
6戦 4- 2- 3- 13/ 22
7戦 2- 1- 1- 15/ 19
8戦 2- 2- 1- 13/ 18
9戦 1- 0- 1- 17/ 19
10戦 1- 0- 3- 12/ 16

キャリア5戦以下という馬は過去10年で勝ったことがありません。近年は強い馬ほど数を使わないという風潮が出てきましたが、芝と違ってダートではキャリア不足というのは致命的になることがあります。まず、ここまで5戦以下という馬は、そのキャリアの浅さ故に、初めて砂を被ることになると、てんで駄目というのも珍しくありません。さらにダートは芝より先行争い、ポジション争いが激しくなりますから、当然、馬群は芝よりも、かなりタイトなものになります。当然、芝より揉まれる可能性というのは高く、そこのところでもキャリア不足が露呈してしまう可能性があるのです。もちろんクリソベリルほどの、大外ぶん回しの強引な競馬でも勝てるような、圧倒的な能力があれば話しは別ですが、今年の出走メンバーをざっと見た感じ、そんな馬はいないですし、ここはある程度のキャリアを積んできた馬というのがいいのではないでしょうか。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

デルマルーヴル【A
美浦 P 良 7月31日(水)
65.2-51.0-37.9-12.1 馬なり
前走は海外帰りということもあってか、最終追い切り、1週前追い切りともに目立った時計がなかったのですが、今回は全体65.2秒、終い12.1秒を馬なりでマークしてきたということですから、これは明らかに前走より調教時計は上です。状態は前走以上と考えていいのではないかと思います。今回、鞍上が戸崎騎手から吉田隼騎手に乗り代わったということで、勝負気配としては微妙かなと思わせられますが、この馬は非ノーザン馬ですからね。戸崎騎手が選んだヴァイトブリックは、ノーザンファーム生産馬ということで、ルメール騎手などと違って戸崎騎手はノーザンファームとの関係が約束された立場ではありませんから、このレースだけでなく、今後のことを考えるとノーザンファーム生産馬を選んでしまうのも仕方ないかなと思います。戸崎騎手の本心としては、どちらに乗りたかったのかというのは分からないところです。確かに、この乗り替わりというのは引っかかるところですが、それで必要以上に人気が落ちるようならば、逆に狙ってみるのも面白い1頭ではないかと考えています。

ヴァイトブリック【A
新潟 ダート 良 7月31日(水)
66.7-51.5-38.0-12.3 馬なり
外厩から直接、新潟に輸送しての滞在調整。デルマルーヴルに戸崎騎手も譲らず、ここにかける勝負気配というのはかなりのものでしょう。実際に新潟のダートではありますが、追い切りで見せた動きというのも、なかなかのものでした。こちらも好気配といって差し支えないと思います。この馬は前走の大敗が気になるところかなと思いますが、前走は前半3ハロン33.9秒。前半3ハロンがかなり速かった一戦でした。この馬はその速い流れについていくことができず、追いかけるだけで手一杯。最後の伸びにも欠いたという、中距離馬が短距離戦に出たときの典型的な負け方でした。前走の大敗というのは、この馬が中距離馬であることを示した、ここに繋がる良い負け方だったのではないかと見ています。勝負気配と距離延長を考えると、ここは巻き返し必至の場面なのではないかと思います。

サトノギャロス【B
栗東 坂路 良 7月31日(水)
55.9-39.2-24.9-12.4 終い強め
最終追い切りこそ、軽めであまり目立たない時計でしたが、1週前追い切りで坂路51秒台の好時計をマーク。近走同様の仕上がりにはあるのではないかと思います。この馬は距離延長を心配する人が多いと思いますが、調教過程からも距離延長というのは気がかりです。たとえば、今回の距離延長に合わせて、ウッドなどで長めの距離などを追うなどをしていれば、本質的には短距離馬でも、なんとか距離が持つということもあるのですが、あいも変わらずの坂路で好時計をマークする、スピード調教ではどうかなというのが本音です。状態自体は悪くないと思いますが、舞台適正は微妙だと思います。

最終予想

ここまでの予想を総合して、今回、僕が買いたいと思っているのは―

ブラックウォーリア

前走の勝ちっぷりの素直に評価して、この馬を本命にしたいと思います。前走は残り1000メートルの辺りからスパートを開始して、最後まで大きくバテることがありませんでした。この時期としては、破格の持続力・スタミナを見せた一戦だったと思います。このメンバーでも持続力・スタミナという点では1番ではないかと思います。今のパサパサに乾いたダートというのにピッタリの1頭ではないでしょうか。ここも前々で運ぶことができれば、まず上位争いになるのではないかと思います。問題は調教などを見てもらえばわかるように、かなりズブイ馬なので如何にして先行させるかといったところだと思いますが、陣営もそれを十分に分かっているようで、リアンヴェリテなど、ズブイ馬を無理矢理に先行させることに定評のある、国分恭介騎手を配してきました。おそらく出ムチを入れてでも、前に行ってくれると思います。調教の遅れに関しては先程も言ったように、ズブイ馬なので問題なし。むしろ休み明けを1度使ったことで、あれでも前向きさが出ている方だと思います。前走の調教時計はかなりお粗末なものでしたからねw 今のパサパサのダートならば、この馬が最も好走する確率が高いのではないかと思います。

アギョウ
◎以外の印、買い目などは「中央競馬プレミアム」にて公開とさせてもらいます。平場のおすすめ予想なども掲載していますので、よろしければぜひ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.