2019年競馬予想記事

【小倉記念2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回は小倉記念予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



小倉記念 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回の小倉記念を見ていきますね。

枠順

まずは、小倉記念の枠順を見てきましょうか。

 1- 1カフェブリッツ
 2- 2アイスバブル
 3- 3タニノフランケル
 4- 4アウトライアーズ
 4- 5アイスストーム
 5- 6ノーブルマーズ
 5- 7レトロロック
 6- 8メールドグラース
 6- 9カデナ
 7-10シャイニービーム
 7-11クリノヤマトノオー
 8-12アドマイヤアルバ
 8-13ストロングタイタン

有力馬は2枠2番アイスバブル、4枠5番アイスストーム、6枠8番メールドグラースといったところ。有力馬は内、外、中と、綺麗に分かれるような形になりましたね。小倉記念は大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 2-12/14
2枠 1- 0- 2-12/15
3枠 3- 1- 1-11/16
4枠 0- 1- 1-15/17
5枠 0- 4- 0-15/19
6枠 1- 2- 1-16/20
7枠 1- 1- 1-20/23
8枠 4- 1- 2-17/24

次は枠順データの他にも、小倉記念の過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回は過去10年間のデータから、要注目のデータをいくつか参照していきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 1- 2- 2- 5/ 10
2番人気 0- 3- 1- 6/ 10
3番人気 3- 0- 1- 6/ 10
4番人気 2- 2- 0- 6/ 10
5番人気 0- 1- 1- 8/ 10

1~5番人気で過去10年6勝。昨年も1,2番人気で決着するなど、小倉記念は夏のハンデ重賞にしては堅い決着に収まるレースと言っていいのではないでしょうか。これはフルゲートになりずらいことが関係しているのではないかと思います。先日、行われた函館記念や七夕賞はフルゲートになることも珍しくなく、小回りコースやハンデなどと相まって、ごちゃついて紛れることも多いのですが、この小倉記念はフルゲートになりずらいということで、単純に頭数による紛れというのが起こりづらい傾向にあります。たとえハンデ戦だとしても、どの馬もスムーズな競馬で能力を出し切ることができる分、他のハンデ重賞より堅い決着に収まりやすいのだと思います。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 0- 2- 9/ 11
先行 6- 3- 4- 20/ 33
中団 4- 5- 2- 48/ 59
後方 0- 1- 2- 40/ 43
マクリ 0- 1- 0- 1/ 2

開幕前半の小回りコースだから前有利!と思いきや、逃げ馬は過去10年で連対したことがありません。過去5年の前後半3ハロンの平均が34.7秒-35.8秒ということで、前傾1.1秒のハイペース。たとえ開幕前半の小回りコースだとしても、これは逃げ馬にとっては厳しいペースです。どの騎手も開幕前半の小回りコースということを意識して、前々で運ぼうとしますから、それが裏目に出ている感じですね。ただ、かといって後方一気が決まるのか言われればそうではなく、後方の馬も過去10年で勝ったことがありません。これらを考えると、ここでは先行・中団のポジションが取れそうで、かつハイペースを我慢できるような持続力を兼ね添えている馬というのがいいのではないかと思われます。

種牡馬

種牡馬 着別度数
ディープインパクト 2- 2- 2-14/20
ハーツクライ 1- 1- 1- 3/ 6
ステイゴールド 1- 0- 2-11/14
マーベラスサンデー 1- 0- 1- 0/ 2
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 3/ 4
アドマイヤベガ 1- 0- 0- 3/ 4
ネオユニヴァース 1- 0- 0- 2/ 3
タートルボウル 1- 0- 0- 0/ 1
ゼンノロブロイ 1- 0- 0- 0/ 1

こちらは過去10年の勝ち馬の種牡馬一覧です。これを見るとサンデー系の種牡馬たちが圧倒的な成績を残していることがわかります。先程の脚質データでハイペースになりやすいみたいなことは話したので、瞬発力勝負に強いサンデー系というのは、普通に考えれば疑問が浮かぶところですが、実際にはサンデー系種牡馬たちが活躍しています。おそらくこれは開幕前半の高速馬場ということで、日本の芝を席巻しているサンデー系のスピードというのが必要になってくるのではないかと思います。

母父馬 着別度数
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 0/ 1

集計範囲:父タートルボウル

唯一、非サンデー系の父を持ちながら勝ったのは、昨年のトリオンフ。しかし、そのトリオンフも母父がサンデー系という血統でした。ここまで種牡馬のデータと組み合わせて考えると、この小倉記念は、父も母父も非サンデー系という馬では厳しいのではないかと推測できます。ここでは父、母父ともに非サンデー系という馬は割引が必要ではないかと思います。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

メールドグラース【B
栗東 CW 良 7月31日(水)
84.3-67.4-52.5-38.5-11.7 一杯
キタサンブラックを鍛え上げた清水久詞厩舎の所属馬らしく、この馬も調教では長い距離をバンバン追われている馬です。2走前の新潟大賞典の時なんかは、CWで長めを距離を土曜日に一杯、水曜一杯、土曜一杯、水曜一杯と、これ以上にないハードな調教をこなしての勝利でした。前走はその反動が出てもおかしくないなと思っていたのですが、なんと前走も調教動きが抜群。見事、勝利ということで結果もしっかりと残してきました。しかし、今回は流石に前走や前々走ほどの仕上がりにあるように見えず、終いの時計こそ良かったのですが、CWで全体時計80秒台以下を1度もマークしなかったというのは、大敗した習志野特別以来です。ここまでハードな調教、厳しいレースが続いてきましたし、馬にどれくらい余力があるのかなというのが本音です。それでも良馬場では未だに馬券圏内パーフェクトという素晴らしい馬ですから、好走してしまう可能性も十分にあるんですけどねw

アイスバブル【A
栗東 坂路 良 7月31日(水)
53.1-39.2-25.3-12.5 馬なり
前走が坂路一杯で全体53.3秒、終い12.6秒。それに対して、今回は坂路馬なりで全体53.1秒、終い12.5秒。動きに素軽さもあり、前走以上の仕上がりではないかと思います。状態的には文句なしと言ってもいいかもしれません。この馬は前走のレコード決着に対応したように、どちらかというとスピード勝負が得意なタイプ。今回は距離短縮の一戦にはなりますが、問題なくスピード対応してくれると思います。小倉実績もあることから、小回り云々という心配も必要ないでしょう。脚質に幅があるのでスタート次第でどんな競馬もできるというのもいいですね。あとは、このメンバーに入って、能力が足りるかどうかという問題だけではないでしょうか。

アイスストーム【A
栗東 坂路 良 7月31日(水)
53.5-37.7-24.1-12.1 一杯
最終、1週前ともに好時計をマーク。普段は馬なり主体の追い切りをしているこの馬が、最終一杯、1週前に終い強めという調教過程を踏んできたところを見ても、勝負気配は高いのではないかと思います。仕上がり的にはこの馬も割引する必要はないのではないでしょう。ただ、この馬で気になるのは脚質が後方一辺倒というところ。この馬もかつては逃げ先行の競馬をしていましたが、脚質転換したことで好成績を出し始めてきた馬。鞍上が引き続き、武豊騎手というところを見ても、最後の直線にかける競馬をしてくる可能性が高いのではないかと思います。そうなった時に果たして、直線の短い差し届くのかという疑問があります。前走は明らかに展開が向いた感じでしたし、前々走は1000万条件の中でも低レベルなメンバーだなという印象を受けます。確かにいい末脚は持っていますが、果たしてこのメンバーにそれだけで通用するのかというのは半信半疑です。

最終予想

◎をYoutubeにて紹介していますので良かったらぜひ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.