2018年競馬予想記事

【神戸新聞杯2018】予想と追い切り診断【最終予想】

投稿日:

今回は神戸新聞杯予想追い切り診断となります。

皐月賞馬エポカドーロvsダービー馬ワグネリアン。同日に行われるオールカマーと併せて、非常に楽しみな一戦ですよね。エポカドーロとワグネリアンに追随するのはダービー4着のエタリオウが筆頭でしょう。一戦ごとに力をつけている印象のある馬でこのひと夏を越して、成長しているようであれば逆転も十分に可能な馬だと思います。さてクラッシック最後の冠、菊花賞王者に一番近いのはどの馬なのか。というわけで神戸新聞杯の予想と追い切り診断に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



神戸新聞杯 追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

神戸新聞杯 有力馬

エポカドーロ【
栗東 芝 良 9月19日(水)
69.8-53.3-38.3-11.9 馬なり
馬なりオンリーの調教。軽めにサラっと流すという感じ。最終追いが芝というのも軽めを意識してのことでしょう。動きは休み明けとして悪くないですが、調教過程を見る限りではここは明らかなたたき台。次を見据えての仕上がりなのは間違いないと思います。まあ前走のような調教でも走ってしまう馬ですから、これでもそんなに大きなマイナス材料にはならないかなとは思います。ただ使い込んでパフォーマンスを上げていった馬ですから、そこだけが不安。陣営的にも勝負気配は低めですし、1番人気になってまで買うべき馬かと言われれば微妙だと思います。

ワグネリアン【
栗東 坂路 良 9月19日(水)
53.6-39.1-24.5-11.9 馬なり
こちらも馬なりオンリーの調教。ビシバシ追っていたダービーの仕上げと比べると一息なのは否めません。この馬も先々を見据えての仕上げでしょう。ただこの馬に関しては馬なりオンリーの調教でも好走が多数ありますが、やはり気がかりなのは鞍上変更。この馬は気性的に難しい馬なので、乗りなれた騎手からテン乗りの騎手になるのは大幅なマイナスだと思います。勝負気配も低めですし、地力だけでどこまでやれるかといったところ。

エタリオウ【
栗東 坂路 良 9月19日(水)
53.5-39.0-25.2-12.4 一杯
一方でこの馬は中間からハードに追われている。併せ馬も数多く行い休み明けを感じさせない動きです。賞金的に微妙なこの馬は菊花賞権利を確実に取りに来た感じでしょうか。ここへ向けての勝負気配の高さが伺えました。調教過程にも大きな変化はありませんし、休み明けでこれなら文句なしといってもいいかもしれません。時計も調教駆けしないタイプですから問題ないと思います。同厩舎のワグネリアンとの兼ね合いを考えても、今回のレースではこちらの方に分があるのではないでしょうか。

タイムフライヤー【
栗東 坂路 良 9月19日(水)
51.6-36.7-23.7-12.1 一杯
最終追いを坂路で51.6秒、中間も好時計を連発しており復活の兆しが見られる動きだったと思います。追い切りだけで見ればこの馬が一番良く見せました。ただ若葉ステークスがそうだったように調教での好時計が好走に繋がらないタイプ。この調教は信頼できるのかと言われれば答えに困るところです。ただそれでも皐月賞やダービーから良化しているのは間違いなさそうですし、前走や前々走からは見直せるのかなと思います。ただ人気になってまで買いたい馬かと言われれば…。

ステイフーリッシュ【
栗東 坂路 良 9月19日(水)
53.8-39.0-24.9-12.5 終い強め
これまで坂路を中心とした調教をしてきましたが、今回は一週前にCW追いを敢行。これは新馬戦以来の調教パターン。結果もしっかり残っていますし、これはそこまで気にすることではないかなと思います。時計も好時計といっていいものでしたから、この馬は仕上がり良好といって良さそうです。ただこの馬も調教時計と結果がリンクするタイプではないのでそこには注意が必要かなと。追い切りからは取捨選択が難しい馬ですが、G2勝ちがあることを考えるとここは叩きかなーと思います。

以上が、神戸新聞杯の追い切り診断でした。

やはりこの時期の重賞は、叩き台の実績馬とここを目標にしてきた上り馬が入り乱れる一戦。先週のサトノワルキューレなどがそうだったように、先を見据えている実績馬たちがコケるということは往々にしてあります。そんな中でも信頼できそうな馬はどの馬なのか。それを追い切りからの推奨馬とさせてもらいます。

推奨馬はこちら→人気ブログランキング

というわけで、ここからは神戸新聞杯の最終予想に入っていきましょうか。

スポンサーリンク

神戸新聞杯 最終予想

最終予想の公開前に、僕の予想理論についてお話しさせてください。

ここまで過去データや調教がどうだという話しをしてきましたが、僕は「馬キャラ理論」という独自の理論を重視した予想します。もちろん過去データや調教についても考慮していますが、最も重視するのは馬キャラです。馬キャラとはなんぞや馬キャラ理論とはなんぞやという方は、僕の最終予想を見る前にぜひ馬キャラ理論について目を通していただけると幸いです。下記の記事にてまとめてあります。馬キャラ理論を使った予想実績なども公開しています。

馬キャラ理論とは

というわけで、神戸新聞杯の印付き予想を公開させてもらいます!

神戸新聞杯 印付き予想

今回の予想では◎と◯(穴推奨)の、ご紹介とさせてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
神戸新聞杯のレースキャラは中速瞬発です。とにかく瞬発力を要するレースで瞬発力勝負を勝ってきたような馬を中心視したいと思います。今回のメンバーで中発瞬発タイプは一頭のみ。ただその馬は速い上りが使えるというタイプではなく、先行してそこそこの瞬発力を使うタイプのでここでは不適かなと。そうなってくると後方から速い上りが使える中速加速タイプを重視するべきかと。この馬は前走で切れる脚があるところを見せてくれていますし、ここでも十分にチャンスがあると思います。

◯ゴーフォザサミット【穴推奨】
この馬が唯一の中速瞬発タイプ。そこまで切れる脚があるわけではないので割引きましたが、本来ならば本命でもいいくらいです。というわけで、今回の神戸新聞杯は本命と対抗で実質のダブル本命とさせてもらいます。札幌記念を一度叩いたというのは好材料ですし、古馬一線級相手でも大差ないところを見せてくれました。そこまで速い上りが使えるタイプではないものの今回は最内枠を引いたということでロスなく立ち回ることができればチャンスありと判断しました。

その他の馬たちの馬キャラや指数、印などは中央競馬プレミアムにて公開中です。

こちらの中央競馬プレミアムではおすすめ予想も公開しているのですが、なんと先週は10万以上の払い戻し。阪神10R◎キラーコンテンツ(9番人気)から〇ラヴィングアンサー(2番人気)★レッドルドラ(10番人気)で回収率1000%超えのホームランを打つことができました。今日も渾身の予想をお届けしていますのでよろしければぜひ!

また、神戸新聞杯は過去データ分析も行っています。ご覧になっていないようならぜひ!

【神戸新聞杯2018】過去10年間のデータ・傾向

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.