【北九州記念2024】追い切り評価《調教推奨馬はアノ馬たち》

追い切り

皆さんこんにちは、アギョウです!

今回は北九州記念の追い切り診断となります。

それでは早速ピューロマジックから見ていきましょう。

▼当ブログ実績▼

ピューロマジック

金曜日の坂路で併せ馬をして楽々先着。最終追い切りは軽く流す程度でしたが、手綱を抑えるのに苦労するほど手応えを見せるなど、遅めの時計ですが決して動きは悪くありません。

前走は坂路、CWの自己ベストを連発するなど、まさに重賞制覇へ向けてメイチの仕上げという感じだっただけに、ここに来ての上積みまではありませんが、今回も好調キープという感じです。

追い切り評価「A

サーマルウインド

美浦所属馬ですがこの中間は栗東で調整しました。栗東での調整は初めてになるため、過去との明確な比較は出来ないのですが、1週前のCWで終い11.1秒。最終追い切りの坂路でもゴールに向かって加速するラップを踏むなど、決して状態が悪いという感じはしません。

ここに来て良くなっている感じまではありませんが、前走ぐらいは問題なく走れる状態かなと見ています。

追い切り評価「A

ジャスパークローネ

1週前に楽な手応えで坂路51.2秒。終い11.7秒と素晴らしい動きを見せています。この馬は元々調教では動く馬ですが今回も相変わらずといった印象です。海外帰りの影響を感じません。

1週前の動きなんかは、ちょうど去年のこのレースと同じくらいかなといった印象で、状態としても昨年同様。重賞を勝った時と遜色ありません。

斤量がネックにはなりそうですが、仕上がり面はいきなりから万全の状態かなと見ています。

追い切り評価S

エイシンスポッター

久々の勝利となった前走は坂路の自己ベストを更新するなど、かなり調教でも動いていましたが、今回は前走ほど調教で動いていません。

間隔が詰まるので仕方ないところもありますが、前走より上の状態ということはなさそうで、ここは良くて前走同様まで。前走より少し下も考えておいたほうがいいかもしれません。

追い切り評価「B

カンチェンジュンガ

1週前に坂路50秒台を出しましたが、この時は3歳未勝利馬と互角程度の動きになっており、ラスト1ハロンで大きく失速してしまうなど、動きとしては微妙なものでした。

勝った2走前は時計こそ遅いものの、一杯に追われる併せ馬を煽るような動きが出来ていただけに、これはどうでしょうか。

勝った2走前というよりは前走に近い状態かなと見ています。

追い切り評価「B

グランテスト

1週前に坂路51.0秒の好時計をマーク。最終追い切りこそ軽く流す程度でしたが、それでもキビキビと坂路を駆け上がるなど、時計以上に良いなと思わせる動きが出来ていました。

中8週で追い切り3本と調教本数は少ないですが、前走も中8週で追い切り3本と全く同じ調整過程ですし、今回も勝った前走ぐらい走れそうです。

追い切り評価「A

ショウナンハクラク

3勝クラスを勝った時はラスト2ハロン23秒台。坂路でしっかりした末脚を見せていましたが、不振が続く近走は2ハロン23秒台というのは出なくなっています。

今回もその例外ではなく一杯に追って24秒台前半が精々といった様子で、勝った時ほど調教では動けていません。近走同様までかなと見ています。

追い切り評価「B

テイエムスパーダ

これまでは一杯に追って速い時計を出すハードな調教をするタイプでしたが、この中間は馬なり中心に乗り込む軽め調教に変わっています。

この調整内容の変更がどう出るか次第ですが、ここまで軽め調教ばかりとなると、夏を何度か使うのを見越した余力残しかなという感じがします。

追い切り評価「B

ディヴィナシオン

6月16日に坂路49秒台をマークし自己ベスト更新。坂路50秒台もしくは49秒台が出るのは、人気薄からの激走となった2023年のオーシャンステークス以来のことになります。

最終追い切りの楽々と坂路51秒台を出すなど、この中間はよく動いている印象で、オーシャンステークスの再現があっても不思議ありません。この馬なりの良い状態になっています。

追い切り評価「A

トゥラヴェスーラ

1週前に坂路51秒台。2週前には坂路で終い11秒台と鋭い末脚を見せていました。久々の競馬になりますが調教ではシッカリ動けています。

これなら、いきなりから能力は出せるかなという印象で、前走や前々走ぐらいは走れそうです。状態が悪いという感じはしません。

追い切り評価「A

ナナオ

最終1週前ともにポリトラックでの調教になりましたが、近走はいつもポリトラック中心の調教です。調教場所はそこまで気にしなくても大丈夫でしょう。

この中間はいずれの併せ馬でもシッカリ先着する動きを見せていますし、状態は前走から好調キープでしょう。

追い切り評価「A

バースクライ

1週前にCW3ハロン35秒台。楽な手応えのまま鋭い末脚を見せていました。最終追い切りこそ坂路で軽く流す程度ですが、1週前の段階でキッチリ仕上がっているでしょう。

間隔が空いての出走になりますが、1週前の動きなんかを見ると、いきなりから能力全開となる可能性が高いです。近走ぐらいは問題なく走れそうです。

追い切り評価「A

ペアポルックス

1週前の坂路で終い11秒台。併せ馬に楽々先着する動きが出来ていました。騎乗者の違いはありますが、前走が強めに追って終い12秒台後半だったことを考えれば、前走以上の状態である可能性は高いです。

この馬は好走した前走より上があっても不思議ありません。

追い切り評価「A

メイショウソラフネ

この馬は元々調教では良い動きをする馬で、駄目だった前走でさえ楽な手応えで併せ馬に先着、CWで終い11秒台前半が出ていました。

それが今回の1週前はCWで一杯に追って終い11秒台前半という感じになるなど、前走と比べてもどうかなという感じになっています。

叩き2走目になりますが前走からの上積みはなさそうで、ここは良くて前走同様といったところです。

追い切り評価「B

メディーヴァル

最終追い切りで一杯に追いましたが併せ馬で遅れていました。元々あまり調教では動かない馬ですが今回も相変わらず微妙な動きになっています。

状態的には前走同様といったところで、調教での動きを見ると本質的にはダート馬なのかなという感じがします。

追い切り評価「B

モズメイメイ

状態が良かった去年の春頃は速い全体時計を出しても、終い12秒台前半でまとめることが出来ていましたが、近走は終い12秒台後半まで失速することが多くなっています。今回もその例外ではなく、1週前に終い12.7秒まで失速していました。

ここも去年の春ほど良い状態にはなさそうで、近走同様までになりそうです。

追い切り評価「B

ヤクシマ

近走は間隔が詰まっての出走が続いているせいか、この中間も終い重視の軽め調教ばかりになっています。

前走や前々走から大きく変わった様子はなく、ここも近走同様の状態でどこまで勝負になるかです。

追い切り評価「B

ヨシノイースター

1週前に坂路51.1秒の好時計。この時は終いも11.7秒でまとめるなど文句なしの内容でした。最終追い切りこそ軽めに流す程度ですが、1週前の段階でキッチリ仕上がっています。

去年、同じ時期にあったCBC賞の時も坂路51.1秒というタイムでしたが、この時は終い12.3秒。前走も同じ坂路51秒台で終い12秒台前半だったことを考えれば去年以上、前走以上と言っていいでしょう。

ここへ向けて万全の仕上がりかなという印象で、近走の中でも一番のパフォーマンスに期待できそうな状態です。

追い切り評価S

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点評価は単勝回収率112%!
アギョウトレセン有料プランについて
...