▶平場予想を公開しました【今だけ5日無料】

【きさらぎ賞2022】追い切り解説!ダンテスヴュー、マテンロウレオ、アスクワイルドモアの状態はどうか?調教トップ3を紹介!

追い切り

皆さんこんにちは。アギョウです!

今回はきさらぎ賞の追い切り診断となります。

それでは早速、ダンテスヴューから見ていきましょう。

ダンテスヴュー【A】

これまではそんなに調教で動かない馬でしたが、今回はいずれの併せ馬でも先着。終い11秒台の時計を連発するなど、この馬としてはよく動けていました。年が変わっての成長力に期待できると思います。本格化はもっと先にも見えますが、前走よりは間違いなく上の状態でしょう。

ただ、先程も言ったように本格化はもっと先。古馬になってからが本番というタイプで、現状では一杯に追われて、ようやく動けているような感じです。兄のヨーホーレイクもそういうところがありました。この馬も兄と同じく、現状では後ろから行って、最後にどれくらい追い込めるかという競馬になる可能性が高いと思います。

今のこの馬としては状態が良いと思いますから、ここは持っている素質でどこまで勝負になるかです。

マテンロウレオ【S】

前走の最終追い切りでも良い動きをしていましたが、今回の1週前追い切りは更にその上。格別とも行っていい動きを披露しました。とても2歳馬とは思えない動きでした。この馬はダンテスヴューと対象的に、現状での完成度は非常に高いです。状態が良いのはもちろんですが、良い意味での早熟性にも期待できるでしょう。

この馬は一瞬のキレ。瞬発力というより長く脚を使うのが持ち味の馬です。1週前の全体78.9秒をマークしながら終い11.8秒にまとめた、あの走りを見ても、それは明らかです。33秒台の上がりが必要になる瞬発力勝負では厳しいと思いますが、冬の中京。タフな馬場でのスタミナ比べはドンと来いのタイプでしょう。今の中京にも合っている馬かなと思います。

アスクワイルドモア【S】

この馬も1週前にCW79.0秒、終い11.7秒にまとめる良い動きを見せていました。この時は古馬オープン馬のギベオンに優勢の手応えで運ぶなど、こちらも現状の完成度の高さが光ります。状態は良さそうで、前走以上のパフォーマンスにも期待できそうです。

この馬もタイプとしてはマテンロウレオに似ています。速い全体時計を出しても、最後までバテないのが持ち味で、瞬発力よりも持続力が武器なのは間違いありません。マテンロウレオが突っ込んでくるような流れなら、この馬も一緒に突っ込んでくる可能性が高いでしょう。今の中京は合っていそうなタイプです。

ノーリスクで今なら「最大52000円」がもらえる。競馬資金が心許ないアナタのためにキャンペーン情報をまとめました!
【2月最新】ノーリスクで競馬資金を作る!最大102000円がもらえる!
...

エアアネモイ【S】

前走も調教でよく動いていましたが、今回はそれ以上を伺わせます。1週前は馬場の大外枠を回りながら、終い11.4秒。最終追い切りも坂路を加速ラップで駆け上がり、終い最速ラップ。時計や動きは素晴らしいの一言です。状態が良いのはもちろんですが、素質としても非凡なものがあるでしょう。個人的にはこのメンバーに入っても通用するだけのものを秘めていると思います。

シェルビーズアイ【A】

G1だった前走はCWで良い全体時計を出しながら、終いも11秒台でまとめていましたが、今回は同じような全体時計で終い12.0秒となりました。流石に前走より上ということはなさそうです。ただ、新馬戦と比べると、今回が明らかに上ですから、今回は新馬戦よりは上。前走より少し下ぐらいでどこまで勝負になるかだと思います。

ショウナンマグマ【C】

未勝利戦を勝った時は併せ馬を入念にやって、最終追い切りも一杯に追われるなど、この馬としてはハードな調教をこなしていましたが、今回は馬なり中心。併せ馬の数も少なくなっています。未勝利戦を勝った時の状態にはないかなと思います。ここは前走同様ぐらいで、どこまで勝負になるかでしょう。

ストロングヴィル【S】

2週前に調教でよく動くタイムフライヤーと互角の動きを披露し、1週前はCW79秒台で走りながら、終いも11.5秒でまとめる好内容。最終追い切りでは終い10.9秒という時計を出してきました。かなりハードに追われています。初の重賞制覇を狙ったメイチ仕上げと見て間違いないでしょう。状態面はもちろん、これだけ調教で動くなら重賞で通用してもいいはずです。

セルケト【A】

最終、1週前ともに終い11秒台。しっかり好調キープだと思います。前走は一杯に追っての終い11秒台前半。今回は軽く仕掛けただけで終い11秒台前半。全体時計の違いがあるので一概には言えないですが、主観的には今回の方が良かったかなと思います。前走より少し上のパフォーマンスに期待できる状態ではないかと思います。

トーセンヴァンノ【D】

ジャニュアリーオープン、京成杯と使い詰めということもあって、追い切りは2本のみです。最終追い切りでは一杯に追って、トーラスジェミニに着いていくのがやっとという感じの走りで、時計も終い12秒台。北海道にいた頃と比べると動かなくなっている印象です。前走同様ないし、前走からデキ落ちかなという状態の中で、どんな競馬ができるかだと思います。

フォースクエア【A】

前走は併せ馬で遅れるようなこともあったのですが、今回はいずれの併せ馬でも先着。デビュー戦を使った一度使ったことで、馬がピリッとしてきた印象を受けます。一度使っての上積みに期待できそうです。この馬なりに状態は高いレベルにありそうですから、あとは、このメンバーで能力的に足りるかどうかでしょう。

メイショウゲキリン【B】

やや間隔が空いていた前走も一杯調教を多用し、しっかり仕上げていたと見ているだけに、叩き2走目となる今回の上積みは微妙です。最終追い切りも終い11.4秒が出ましたが、前走もこれくらいは出ていましたし、ここはあくまで前走同様までになるでしょう。

まとめ

今回は調教S評価が4頭もいるので、調教トップ3として推奨馬を挙げます。

調教トップ3
エアアネモイ
ストロングヴィル
マテンロウレオ

【今なら5日間無料】過去8ヶ月で6度の回収率100%超え!調教満点の馬は単勝回収率115%!有料プランのご案内はこちら
アギョウトレセン有料プランについて
...