2019年競馬予想記事 地方競馬予想

【金盃2019】予想

投稿日:

今回は金盃予想となります。

金盃2019の出走馬は、サウンドトゥルー、スギノグローアップ、ヤマノファイト、ワークアンドラブ、シュテルングランツなど計16頭。大井競馬場2600mで行われる重賞競走。今年の出走馬たちは一体どんなレースを見せてくれるのか。今から非常に楽しみです。それでは金盃予想に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



金盃 予想

今回の予想では◎~★までの印を紹介させてもらいます。

サウンドトゥルー
ここはこの馬からで大丈夫だと思います。この馬の強さは今更言うまでもないと思います。地方交流重賞で何度も好勝負をしてきた馬です。能力、地方適正ともに非の打ちどころがありません。前走の競馬を見ると、この年齢でもまだまだやれそうです。距離がどうか~というところもありますが、このメンバーですからね。後方からじっくり構えるタイプでもありますし、距離適性は能力で十分にカバーできるでしょう。斥量56キロというのもかなり恵まれましたしね。一雨降ってくれたおかげで、TCK女王盃の時のような内しか伸びない馬場はだいぶ解消されましたし、、ここはこの馬の末脚に期待できると思います。

人気ブログランキングにて公開中
◎は文句なしなだけに、ここは相手を捻りたいところ。圧倒的な能力を持つサウンドトゥルーが後方脚質であることを考えると、レースの流れとしてはゆっくり流れるのではないかと思います。どの騎手もサウンドトゥルー警戒で、意識が後方にいきますからね。展開的にここは前に行く馬に利があると思います。前に行く馬の中から、さらに2600メートルという特殊な距離への適正を重視するべきでしょう。そうなるとまずこの馬の名前が挙がると思います。前走こそ2着に負けてしまったものの、あれは外から捲るのが早すぎました。その分、終いに甘くなり差されてしまいましたが、1番強い競馬をしていたのはこの馬です。距離適性も文句なしなだけに、ここでの巻き返しに期待したいですね。

▲シュテルングランツ
前に行ける馬と言えばこの馬。南関東に転入してきてからハナを切れた時というのは馬券圏内を外していません。2400メートルで2度も強い競馬を見せているだけに、おそらく2600メートルも守備範囲内だと思います。前走、前々走と相手関係が強かった上に、前に行った馬にはかなり厳しい展開でもありました。地方馬相手で、展開に恵まれそうとなれば一変に期待できるはずです。一雨降ったことにより、やや軽くなった馬場状態というのも好走した3走を見てみるとプラス材料でしょう。ただこの馬は斥量57キロ。サウンドトゥルーとの比較で、かなり見込まれてしまいました。その分だけ割り引いて3番手に。

★ヤマノファイト
こちらは能力の高さを買って4番手評価に。これまで地方馬同士の対決で馬券圏内を外したのは1度だけと、堅実な走りが持ち味です。この中でも能力は上位の存在だと思いますが、距離適性が未知数。この馬は最近スタートがイマイチなのですが、前につけられた時は非常に強い競馬を見せてくれます。距離が長くなってテンのスピードが遅くなれば、前に行けるはずです。初の距離ですが、僕は前に行ける可能性が高まるということでプラス材料に捉えています。ただあくまで推測に過ぎないので、ここまでの評価ですね。

金盃の買い目は地方競馬メルマガで配信予定ですが、こちらの方でも公開しています

指数

最後に、僕が予想に使用している「4角指数」なるものを紹介しておこうと思います。これは各馬のポジショニングを数値化したもので、数値が高いほど前目のいいポジションが取れることを表しています。地方のダートは前有利というデータに基づいて構築した理論となっています。能力値+4角指数=総合値として各馬を評価しています。

ギリギリ印が回らなかった高指数の馬、指数と人気の整合性の取れていない馬などを狙ってみると、思わぬ高配当が狙えるかもしれません。4角指数を使って一緒に大勝利と行きましょう!

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事, 地方競馬予想
-, ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.