【菊花賞2020追い切り診断】好調教4頭をピックアップ!

競馬

はい、皆さんこんにちは。アギョウです。

今回は菊花賞の追い切り診断となります。

菊花賞2020の追い切り診断

まずは今回、人気に集めそうな上位3頭の追い切り・調教から詳しく見ていこうと思います(↗は上昇、→は平行線、↘は下降線を意味します)。

菊花賞2020 有力3頭

菊花賞2020で予想される上位人気3頭はコントレイル、ヴェルトライゼンデ、バビットの3頭です。

コントレイル【→(A)】

1週前、最終ともに目立たない時計となっていますが、今の栗東坂路、CWという時計のかかる馬場コンディションになっています。前走と比較しても微妙な調教時計になっていますが、これはそこまで気にしなくていいでしょう。

ただ、休み明けを一度、叩いた効果というのは感じられず、ここは前走と平行線ぐらいの状態。あくまで好調キープに留まる感じになると思います。皐月賞からダービーの臨戦過程では叩き2走目の上積みもあったと見ているだけに、今回の調教に引っかかるところがないといえば嘘になります。

絶対的な能力値の高さは疑う余地がありませんが、絶好調とまではいかない状態なのではないでしょうか。

ヴェルトライゼンデ【↗(B)】

調教時計自体は前走と大きく変わった感じはありませんが、前走との馬場差を考えれば、上々の時計をマークしたと言って良さそうです。

そもそも前走が一頓挫明けのレースで、万全の状態ではなかったと見ているだけに、ここは相対的に叩き2走目の上積みに期待できるでしょう。

ただ、最終追い切りでは初めて併せ馬に遅れてしまうなど、まだ万全とは言えない感じです。本当に状態の良かったダービーなどと比べると一息です。

バビット【↗(S)】

1週前にCWで全体82.6秒、終い11.9秒の猛時計をマーク。その時の動きは非常に目立っており、誰の目にも状態の良さを伺わせる好調教でした。

その分、最終追い切りはサラッと流す感じになりましたが、1週前の時計、動きを見ると状態が良いのは間違いありません。

1週前にビッチリやって、最終追い切りを流すだけというのも、この馬のいつもの調教パターンですし、調教からは文句なしと言ってもいいでしょう。

菊花賞2020 出走予定馬

ここからは、あまり人気はないであろう馬を見ていこうと思います。人気薄の馬たちについては、簡単な短評と調子の良し悪しだけを、簡潔にお伝えします

サトノフラッグ【↗(S)】

1週前に南W64.2秒の好時計をマーク。前走の調教も良かったなと思っていましたが、今回はそれ以上です。これは状態が良いのはもちろんですが、ひと夏を越しての成長力も十分な証拠です。ここは、これまでで一番の状態です。

ガロアクリーク【↗(C)】

本当に状態が良かった春と比べると、この秋は今ひとつな状態が続きます。前走からの上積みは感じますが、皐月賞やダービーほどの状態にはなさそうです。

ディープボンド【↗(S)】

この馬は、前走の予想動画で叩き台仕上げという話しをしましたが、やはりその通りだったようで、1週前にCW79.7秒と一気に時計を詰めてきました。ここは叩き2走目の上積みはかなりのものだと思います。

サトノインプレッサ【→(B)】

中1週と間隔が詰まっているため、調教も1本のみですが、テンから飛ばしてバタつき気味になっていた前走から一転して、今回は全体時計を抑えめにして、終いだけ伸ばす調教に変更してきました。この調教パターンの変化でどこまでという感じでしょう。

ビターエンダー【→(B)】

前走も休み明けながら調教で良い動きを見せていた分、前走から大きく変わった感じはありません。時計、動きともに平行線といった感じで、ここは好調キープになると思います。前走同様の状態で、どこまで通用するかといった感じになりそうです。

レクセランス【↘(C)】

前走は休み明けながら坂路52.5秒の時計を出していたのですが、今回は一杯調教で坂路54.3秒。今の栗東坂路がタフな馬場であることを差し引いても物足りません。この馬も叩き2走目になりますが大きな変わり身はなさそうです。

ヴァルコス【↗(A)】

最終追い切りの時計こそ平凡ですが、中間に一度も併せ馬で遅れなかったことを評価したいです。この馬は調教で動かないタイプということもあり、いつも調教で併せ馬に遅れを取っていたのですが、今回は一度も遅れることはありませんでした。これは叩き2走目の上積みがあってもいいはずです。

ブラックホール【→(C)】

1週前に南Wで一杯に追われたにも関わらず併せ馬遅れ。時計も強さの割に平凡なものが多く、あまり目立った感じはありません。坂路50秒をマークするなど状態の良さが目立っていたダービーと比べると一息なところがあります。

マンオブスピリット【→(C)】

休み明けを一度、使ったものの大きく変わった感じはありません。この馬が最も高いパフォーマンスを発揮した京都新聞杯時なんかは終い11秒台、全体時計でも80秒台という調教を披露していただけに、調子も平凡といったところでしょう。

キメラヴェリテ【↗(A)】

最終追い切り坂路52.5秒、終い12.5秒。全体時計こそ前走と遜色ないものですが、前走は終い12.9秒。今回の方が終いにしっかりした走りが出来ています。これは休み明け、一度使った効果がありそうです。今回は前走より粘りのある走りができる可能性が高いです。

ロバートソンキー【→(A)】

2週続けて併せ馬に大きく先着。時計こそ前走より出ていませんが、この馬なりにしっかり好調キープしていると思います。ただ、流石に前走からの上積みまではないように思えますから、ここは前走同様でどれくらいやれるかといった感じでしょう。

菊花賞2020 抽選対象馬

最後に、抽選対象ということで出られるか微妙なラインの馬たちについても軽く触れておきますね。

アリストテレス【↗(A)】

この馬はレースを使う度に馬が良くなっている印象です。1週前、最終ともに全体82.5秒前後、終い12秒台で安定した走りをしています。昨年、春の頃は調教でも一定のラップで走ることができず、ちぐはぐなところがあったのですが、今はそんなところは一切ありません。ここに来て、充実してきている証拠です。

アンティシペイト【↗(A)】

中間に5本も併せ馬をするなど意欲的な調教が施されています。1週前には南Wの自己ベストも更新し、この馬もここに来て充実しています。ここは前走より少し上くらいの水準でしょう。

ココロノトウダイ【↘(C)】

近2走は終い11秒台をマークするなど、調教からビシバシやっていましたが、今回は一転して調教時計を控えめに。この馬は関東馬ですから、長距離輸送を考えると仕方ないところはありますが、個人的に長距離輸送があるから調教を緩めるというのは嫌なところです。

ダノングロワール【↗(S)】

この馬も1週前に南Wの自己ベストをマーク。使いつつ徐々に良化して来ているなという感じがします。この馬も関東馬ですが、調教はしっかりやっており、余念のない仕上げになっています。

ターキッシュパレス【↘(C)】

1週前にCW80.4秒をマークしたものの、終い13.0秒と大きくバタついてしまいました。最終追い切りこそ終い11.9秒でまとめましたが、使い詰めということもあり、馬の余力があまりない感じがします。

ディアマンミノル【→(A)】

中1週と間隔が詰まっているため調教1本のみ。ただ、この馬は前走からしっかり好調キープしているなという感じで、馬なりで前走と遜色ない時計を出してきました。前走ぐらいの能力は問題なく出せるはずです。

【まとめ】菊花賞2020の好調教馬

というわけで、ここまで2020年、菊花賞の出走予定全頭の追い切り診断をしてきました。文句なしの調教S評価を獲得した馬を、もう一度おさらいしておきますね。

・バビット
・サトノフラッグ
・ディープボンド
・ダノングロワール

これらの馬を、今回の調教推奨馬にしたいと思います。

改めて、簡単な短評を言っておくと、バビットは誰の目にも良い状態だと分かるほどの好調教で、調子が良いのはもちろん今の充実ぶりを示す、これ以上にない調教だったと思います。前走からの上昇度といった意味ではディープボンドが一番かなというところで、一度使った上積みはかなりのものです。サトノフラッグ、ダノングロワール。国枝厩舎の2頭は、国枝先生らしい本番のメイチ調教で、前哨戦と本番でメリハリを効かせた調教をしてきました。先日、マジックキャッスルのように前哨戦から一気にパフォーマンスを上げてきてもおかしくありません。調教からはバビット、サトノフラッグ、ディープボンド、ダノングロワールの4頭です!

というわけで、今回はこの辺で終わらせてもらいます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました