【菊花賞2020】最終予想

競馬

はい、皆さんこんにちは。アギョウです。

今回は菊花賞の予想となります。

それじゃあ、早速、菊花賞の予想に入っていきます。

菊花賞2020 展開予想

まず。今年の菊花賞がどんな展開になるか。個人的な展開の予想についてのお話しをします。今年の菊花賞の鍵を握るのは間違いなくキメラヴェリテとバビットの兼ね合いです。おそらく、テンのスピードの違いと枠順を考えると、バビットが先に逃げようとするはずですが、キメラヴェリテは逃げなければ話しにならないタイプということもあり、そんなのお構いなしに、外から玉砕の覚悟の逃げを打とうとしてくる可能性が高いです。

バビットのレースぶりを見ると、外から突っ込んでくるキメラヴェリテを行かせて、あっさり2番手に引けるようなタイプでもなく、おそらくキメラヴェリテが外からくると来た分だけ、騎手の意志とは関係なくバビットが勝手に抵抗してしまうはずです。この2頭が逃げ争いになると、当然、ペースは速くなるはずで、逃げ馬2頭が垂れてきても、今度はディープボンドやヴァルコスのマクリ。今年の菊花賞は、かなり厳しいペースになるのではないかと予想しています。

そんなレースになると見ているだけに、ここはスタミナ豊富な馬。もしくは展開的に恵まれそうな追い込み馬が有利になるのではないかと思います。

菊花賞2020 有力馬診断

さて、どんなタイプの馬が今年の菊花賞で恵まれそうなのか分かったところで、ここからは有力馬診断です。有力馬を能力、スタミナ勝負への適正という2項目について評価させてもらいます。

コントレイル

この馬の能力については説明不要かと思います。皐月賞、ダービー、神戸新聞杯と世代トップクラスの馬が集まったレースで、いずれも着差以上の楽勝。ダービー、神戸新聞杯なんかは、ほとんど馬也での勝利でした。同世代ではコントレイルが一枚抜けています。能力評価は文句なしのS評価です。

ただ、スタミナ勝負への適正という点に関しては、やや疑問が残るです。この馬はディープインパクトに、ダート短距離馬の母という血統構成で、適正距離は1600~2000メートルぐらい。ベストはスタミナ勝負というよりは、スピード比べの瞬発力勝負の可能性が高いです。適正という点ではイマイチかなというところで、適正評価はBです。

コントレイルが強いというのは周知の事実だと思いますが、もし、この馬に死角があるとすれば、タフな勝負になった時のスタミナ切れです。ここは適正の微妙さを、絶対能力の高さでどこまでカバーできるかという感じになりそうです。

月並みな予想ですが、僕も絶対能力の高さを評価して、素直にコントレイルが本命です。

ヴェルトライゼンデ

この馬は皐月賞こそ大きく崩れてしまいましたが、それ以外では常に安定した走りをしています。この世代のトップはコントレイル、次にサリオスですが、3番手という意味ではこの馬になるでしょう。サリオスがいないこのメンバーなら、相対的に能力上位になってくると思います。能力評価はAです。

スタミナ勝負への適正は、ハイペースからの消耗戦になった前走で上がり最速をマークしているように、まずまずかなと言ったところで、兄に昨年の菊花賞勝ち馬であるワールドプレミアを持つという血統的な裏付けもあります。ザ・ステイヤーという馬が少ないこのメンバーならスタミナ勝負への適正は高い部類になると思います。適正評価はAです。

ヴェルドライゼンデはダービー、神戸新聞杯とコントレイルに完敗の内容が続いていますが、このレースへの適正ではヴェルドライゼンデの方が上かなというところがありますから、適正差でどこまで着差を詰められるかという感じになりそうです。判断に難しいところですが、僕は逆転までは難しいのではないかと見ています。

バビット

この馬は現在、4連勝中と勢いこそあるものの、近2走の内容には、やや引っかかるところがあります。まず、前走についてですが、これは超スローペースで逃げ切って当然のようなペースでした。ラジオNIKKEI賞にしても、最内枠からスムーズな逃げを打つことができた上に、ペースもそんなに早くないという理想的な展開。近2走は恵まれたレースだったと考えています。その前の早苗賞ではロータスランドという馬と接戦で、エンデュミオンという神戸新聞杯を惨敗した馬と0.1秒差。4連勝中ではありますが、過信するのは禁物です。個人的にはそこまで能力の高い馬ではないかと見ています。能力評価はBです。

適正面に関しても、この馬もベストは1600~2000ぐらいのスピード色の強い中距離馬っぽいところを随所に見せており、スタミナ勝負の3000メートル向きとは言えないと思います。レース概要のところで言ったように、今回はキメラヴェリテとの兼ね合いも厳しいように思えますし、適正的には苦戦を強いられる可能性が高いと思います。適正評価はC評価です。

バビットは、現在4連勝中と勢いこそありますが、個人的には勢いだけかなというところで、ここで惨敗するようなことがあっても驚きません。そんなに高い評価はしてない1頭です。

アリストテレス

この馬は、未勝利戦を勝って以降、接戦の2着が続けていました。そのレース内容を見てみると、勝てそうな絶好の手応えの割に伸びなかったり、まったく手応えがない中で伸びてきたりと、明らかに相手なり。このタイプは強い相手には食い下がりますが、弱い相手では手を抜くようなところがあります。近2走はデムーロ騎手が弱い相手でも手を抜かせないようにうまく乗っていた印象です。この馬こそ、まだ底を見せてないなという感じで、能力は未知数なところがあります。判断に難しい馬ですが、能力評価はBにしておきます。

適正に関しては、同じ牝系に3000メートルの阪神大賞典を勝ったリンカーン、青葉賞を勝ったアドミラブルなどがいる血統で、お父さんもこのレースを制したエピファネイア。タフなスタミナ勝負でもこなせていい下地はあります。他の馬が苦戦しそうな分、相対的に適正はあると言って良さそうです。適正評価はAです。

この馬の評価は、非常に難しいなというところで、ここで相手なりに好走してもおかしくありませんし、相手なりでもG1のレベルでは足りないというステイフーリッシュのような馬の可能性もあります。分からないというのが正直な感想で、ここは抑え程度に買っておくのが無難かなと思います。

ヴァルコス

この馬は、能力という点では今ひとつかなというところです。青葉賞こそ好走して見せましたが、あの青葉賞の勝ち馬であるオーソリティは弥生賞でサトノフラッグ、ワーケアに完敗した馬で、3着のフィリオアレグロもセントウルステークスで大敗。今になって振り返ってみると、あの青葉賞はレベルが低いレースだったのかなと思います。この馬自身も、その後の戦績はイマイチですし、絶対能力という点では評価できません。能力評価はCです。

ただ、適正という面では、わざわざ僕が言うまでもないと思いますが高いものがあるはずで、前走のセントライト記念なんかは、ようやくエンジンの掛かったところでゴールというような脚を余し気味のレース内容で、2200メートルでも距離は短いよというとこえを見せていました。3000メートルという距離。スタミナ勝負になるのは歓迎の口です。この馬が、戦績の割に人気しているのも、この適正面によるところが大きいでしょう。適正評価はS評価ですね。

適正を重視する人は、おそらくこの馬から~という感じの人が多いと思いますが、僕は、いくら適正があっても能力的に足りるのかというのが引っかかります。適正の高さというのが、かなりオッズに織り込まれている感じが否めません。三浦騎手から急遽、岩田騎手に乗り替わるような形になってしまったのも、個人的にはマイナス材料かなと見ています。

告知

さて、ここで不動の対抗馬の紹介と入っていきたいわけですが、その前に少し告知です。

この度、無料メルマガを始めました。こちらの方では厳選1レースと称して、僕が厳選に厳選を重ねた1レースの予想を配信しています。今後は競馬に対する向き合い方や、競馬に勝つための思考法を配信していく予定です。

今月から開始しましたが、すでに登録者2000人を突破し、大好評のメルマガとなっています。登録がまだの方はぜひご登録ください。リンクは概要欄に張っておきます。

というわけで、ここで2020年、菊花賞。自信の本命を発表させてもらいます。今回、僕が最も買いたいと思ったのがコチラの馬です。

菊花賞2020 最終予想

◯サトノフラッグ

まず、この馬は推す上で欠かせないのは、前走、セントライト記念のレース内容です。

今年のセントライト記念はバビットの単騎逃げで、序盤の1000メートルは超スロー。ラスト1200メートル付近からのロングスパート勝負になったわけですが、

サトノフラッグはペースが最も早くなったラスト800メートル地点からスパートを開始し、ラスト600メートルまでの間に先団に取り付いています。この間、レースラップは11.9秒ですから、サトノフラッグは推定で11.5秒ぐらいの脚を使って追い上げた計算になります。そんな速い脚を使えば、最後に脚が上がってしまうのも当然です。むしろよく2着に粘り込んだなとさえ思います。さらに、サトノフラッグはイン前有利の馬場を、終始、外々を回ってのあの競馬だったというのですから、これは余計に価値があります。

前走のセントライト記念は一見すると、ただの2着にしか見えませんが、間違いなく弥生賞以上のパフォーマンスで、春からの成長力を感じさせた一戦でした。

今回の調教を見ると、そこから更に上昇しているようなところもあります。春の段階からマーフィー騎手や国枝先生に高い素質があると言われてきた馬ですが、ココに来て、その素質がようやく開花したのではないでしょうか。今ならコントレイルに食らいつくような競馬もできるはずです。

展開面でも考えても、スタミナのある馬。追い込み馬が有利という話しはしましたが、サトノフラッグは追い込める瞬発力がある馬です。今回はコントレイルも、外差し馬場を考えて、外から差す競馬をするでしょうし、それに付いていくような競馬ができれば勝ち負けになります。

菊花賞は関東馬が駄目だ!と言われていますが、先日の秋華賞でも同じようなことが言われて、関東馬のマジックキャッスルが2着。サトノフラッグは、そのマジックキャッスルと同じ国枝厩舎。国枝厩舎は独特のノウハウがあるのか、長距離輸送をしてもパフォーマンスを下げない馬が多いです。サトノフラッグは今回、初の長距離輸送になりますが、ここも国枝厩舎マジックのおかげで大きなマイナス材料にはならないと見ています。

菊花賞、不動の対抗はサトノフラッグです!

というわけで、今回はこの辺で終わらせていただきます。

最後までご覧いただきありがとうございました。

 

タイトルとURLをコピーしました