【天皇賞秋2020】最終予想

競馬

天皇賞秋 予想

はい、皆さんこんにちは。アギョウです。

今回は天皇賞秋の予想となります。

有力馬診断

ここからは有力馬診断です。有力馬を能力、適正の2項目について評価させてもらいます。

アーモンドアイ

この馬に関しては説明不要ですよね。今回、史上初のG1八勝に挑む現役最強馬です。よくこの馬に関しては衰えがどうとか言われているのですが、前走の負けは中2週の強行ローテはすべてです。この時は調教も控えめで、いつもの調教過程を踏めないなど、明らかにヴィクトリアマイルの激走の反動が出ていました。結果的にグランアレグリアには負けてしまいましたが、グランアレグリアが素晴らしい馬だというのは、先日、行われたスプリンターズステークスを見れば明らかですし、これだけ評価は下げるのは早計です。むしろ本調子でない中、春秋マイル王のインディチャンプには先着したというのを評価したいくらいですね。あの安田記念を見て、どこが衰えているのか、僕にはちょっと分かりません。今回は、別にグランアレグリアがいるわけでもありませんし、しっかり休養を取ってからの参戦でもあります。アーモンドアイらしい走りはできる下地は揃っています。この馬が衰えているかどうかは、このレースを見て初めて分かることです。もちろん、能力評価は文句なしのS評価です。

適性についても、この馬は東京でしか走らないみたいなところがあり、国内の古馬混合G1での勝利はすべて東京です。有馬記念の大敗に象徴されるように、パワーやスタミナといった点では並みで、この馬は武器は瞬発力とスピードの2点です。この2つだけなら、おそらく歴代でもトップクラスのものがあるでしょう。先週までの東京は、連日の雨によりタフな馬場状態でしたが、今週は一切、雨が降っておらず、普通の良馬場ぐらいまでは回復しています。舞台もアーモンドアイのすべてを出し切れるものが揃いました。適性も、もちろんS評価です。

能力、適性ともにS評価ということで、月並みな予想ですが、僕はアーモンドアイが本命です。死角らしい死角は、特にないかなと思います。

クロノジェネシス

この馬は、前走の勝ちで一気に評価を上げた馬ですね。確かに、宝塚記念のパフォーマンスは衝撃的と言ってもいいものでしたが、あのレースの再現性がどこまであるかというのは疑問なところです。詳しい話しは適性評価の方で話しますが、前走の勝ち方を見て、能力を過信するのは禁物です。実際に大阪杯やエリザベス女王杯では、どちらもラッキーライラックに先着を許しています。この馬は適性が極端であるため、一概に能力を評価するのは無粋ですが、能力評価はAとしておきます。

さて、適性の話しをしようと思うのですが、まず、この馬の高いパフォーマンスは前走、そして京都新聞杯、秋華賞といずれも雨の影響を受けた馬場でのものです。良馬場での勝負では桜花賞でシゲルピンクダイヤ、オークスでラヴズオンリーユー、カレンブーケドール辺りにも先着を許しているような感じです。やはり、お父さんが凱旋門賞馬バゴ、母の父が日本のダートを席巻したクロフネという血統構成からも、タフな馬場の方が歓迎である可能性が高いです。今回はパンパンの良馬場を想定した予想をしていますので、そうなるとこの馬の魅力は半減です。適性評価はCですね。

去年のリスグラシューと違って、この馬の前走は再現性に乏しい馬場状態で行われたということで、この馬にリスグラシューの影を重ねるのはどうかなと見ています。

ダノンキングリー

この馬は、未だにG1未勝利。結論から言いますと、個人的にはG1を勝ち切るだけの能力は、この馬にはないのかなと見ています。前走の安田記念で7着というのが、この馬のすべてを物語っているかなというところで、この時にアーモンドアイが本調子にはなかったというのは、先程も話した通りです。さらに、この時に先着されたアドマイヤマーズも、海外遠征中止の影響で本調子にはなかったようなところがありました。本調子ではないアーモンドアイ、アドマイヤマーズに負けている時点で、G1では役不足なのは露呈してしまったかなと思います。能力はB評価です。

ただ、適性面に関しては悪くないかなと見ていて、東京競馬場特有の高速上がり勝負が得意なのは間違いありません。瞬発力勝負はどんとこいのタイプです。前走の負けは、ややハイペースを先行してしまったところもあるかなと見ているだけに、毎日王冠のように脚をジックリ溜める競馬。スローからの瞬発力勝負にならば、前進がありそうです。適性はA評価です。

ダノンキングリーは、適性は悪くないですが、そもそもG1では、やや役不足な感じが否めなく、能力的に疑問が残る馬です。

フィエールマン

アーモンドアイが衰えている何だと言われていますが、この馬こそ能力的な衰えが隠せないなという感じで、前走の天皇賞春は、中距離G1では勝負にならないようなスティフェリオを、ようやく差したという競馬内容でした。グローリーヴェイズとハイレベルの叩き合いを制した、去年の天皇賞春と見比べると、どうしても見劣ります。マカヒキやサトノダイヤモンドなどを始めとして、凱旋門賞を経てリズムを崩してしまうディープインパクト産駒が多いのですが、この馬もその例外ではないかなと見ています。この馬に、昨年ほどの勢いは感じられません。能力評価はBぐらいになってしまうと思います。

適性についても、昨年のアメリカジョッキークラブカップや札幌記念で差し遅れてしまったところを見ると、この距離は忙しいかなというところで、2000メートルは短いと思います。東京競馬場への適性はまずまずかなというところですが、距離適性を考えると、適性評価はCとどうしても低くなってしまいます。

フィエールマンは、個人的にはここに出てきたこと自体が謎なのですが、陣営としてここを叩いて、ジャパンカップか有馬記念狙いといった感じでしょう。高い評価はできない馬です。

ダノンプレミアム

この馬は、前走の安田記念で大敗してしまいましたが、結果的に海外帰りのダメージがあったのかなという感じで、さらに、レースもハイペースの中を先行してしまうという最悪の形でした。前走13着と大敗していますが、これがこの馬の能力ではありません。ただ、だからといって衰えがまったくないかといえば嘘になりそうです。今回、この馬はブリンカーを着用しての出走になるとのことですが、ブリンカーに頼らざるを得ないような状況であることは確かです。調教の動きは、本当に良かった頃のキレはないかなという感じで、ここはやや衰えを考慮しなければならない場面ではないかと思います。現状の能力を予想するのは難しいところですが、ここはB評価にぐらいにしておきますね。

ただ、適性面については、昨年のこのレースもアーモンドアイに次いでの2着。同じ左回りでスローからの瞬発力勝負となった金鯱賞では、あのリスグラシューに完勝したような経験もあります。この舞台、展開への適性に関しては申し分ないでしょう。適性評価はAです、

ダノンプレミアムは、ブリンカーの着用がどう出るかといったところですが、ブリンカーに頼らざるを得なくなってしまったかというのが個人的な感想で、昨年同様の走りを望むのは難しいのではないかと考えています。

本命馬

不動の対抗は、キセキです。

まず、この馬は前走内容が素晴らしいの一言です。今年の京都大賞典は逃げ馬不在のメンバー構成で、ゆったりとしたペースで流れたのですが、そんな中をこの馬は最後方からの競馬。普通の馬ならこの時点でアウトなのですが、この馬の持続力は並ではありません。

すでに前がペースアップしている4コーナー付近から、無理やりマクリ気味に上がっていくような競馬で、最後まで長く長く脚を使いました。結果的にグローリーヴェイズには負けてしまいましたが、競馬の内容としてはキセキの方が強い内容でした。

最近は出遅れがどうとか言われていますが、なんだかかんだで大きく崩れたのは2500メートル以上での距離のみで、2400メートル以下では非常に安定した走りをしています。ここも出たなりでキセキの競馬ができれば大崩れはないでしょう。

さらに、前走なんかは見ても、4コーナー付近で抑えきれないといった感じの走りを見ると、今は気性的に2400メートルでも少し長かったかなというところもあります。今回の距離短縮は、気性的にはプラスだと思います。

調教を見ても、前走を一叩きした効果はてきめんかなといったところで、前走より時計、動きともに良化しています。状態的な上積みにも期待できます。

今回の出走メンバーを見てみると、アーモンドアイ以外は、クロノジェネシスは良馬場では魅力半減、ダノンキングリーはG1では能力的に疑問なところで、フィエールマンとダノンプレミアムは衰えなど、何かしらマイナス材料を抱えています。そうなれば、キセキが繰り上がりような形で上位になるはずです。

前走の競馬や調教を見ると、すでに6歳になるキセキですが、まだまだやれるぞというところを見せています。ここも、そのシルバーコレクターぶりで、無難に2,3着を確保してくれるのではないでしょうか。

天皇賞秋、不動の対抗はキセキです!

3番手以下の印や買い目についてはアギョウトレセンの方で限定公開とさせてもらいます。動画では一切、公開していないオリジナル能力指数や、血統を数値化した血統値という理論も見ることができます。また、平場の予想や皆さんの予想力、馬券力、回収率の向上のためのコラムも配信しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

すでにトレセンメンバーの方は、下にパスワードを入れて、予想をご確認ください。

アギョウトレセンのご案内はこちら

トレセンメンバー限定

閲覧にはパスワードが必要です

タイトルとURLをコピーしました