【天皇賞秋2020】好調教3頭をピックアップ!調教評価Sは1頭のみ!

競馬

はい、皆さんこんにちは。アギョウです。

今回は天皇賞秋の追い切り診断となります。

この動画では、出走馬全頭の調教を確認してきます。前走との比較してどうか、状態の評価など分かりやすく皆さんにお伝えするつもりです最後には今回、最も調子がいい好調教を3頭ピックアップしていますので、ぜひ最後まで御覧ください。

それでは、さっそく天皇賞秋の追い切り診断に入っていきます。

天皇賞秋2020の追い切り診断

まずは今回、人気に集めそうな上位3頭の追い切り・調教から詳しく見ていこうと思います(↗は上昇、→は平行線、↘は下降線を意味します)。

天皇賞秋2020 有力3頭

天皇賞秋2020で予想される上位人気3頭はアーモンドアイ、クロノジェネシス、ダノンキングリーの3頭です。

アーモンドアイ【S(↗)】

1週前、最終と南Wで64秒台を連発。ヴィクトリアマイルや昨年の天皇賞秋と比べても、遜色ない時計です。

2週前には秋華賞2着のマジックキャッスル、1週前には菊花賞3着のサトノフラッグを相手に、併せ馬で楽々先着するなど、動きも申し分ありません。

間隔が詰まっていて、あまり調教が出来なかった前走と比較すると、間違いなく今回の方が上の状態です。それどころか、これまでで一番、いい仕上がりかも?と思わせるほど、今回の時計や動きは優秀なものでした。ここは、この馬の能力全開となる状態だと思います。

クロノジェネシス【B(↘)】

この馬は2週続けてCWで、長めから速い時計をマークしてきました。このパターンは前走の宝塚記念と同様で、

大阪杯の時は最終追い切りを短めの距離で、京都新聞杯の時は、速い時計は1週前からという感じで、少しだけ調教負荷を軽くしていたようなところがありました。それが今回は宝塚記念と同じ2週続けての好時計。勝負気配としては宝塚記念と同等のものがあるでしょう。

ただ、前走との比較では最終追い切りの終いの動き、時計がやや気になるところで、前走は楽に終い11秒台をマークしていましたが、今回は終い12.2秒。やや終いにバタつき気味です。陣営の勝負気配としては高いものがありそうですが、状態自体はやや休み明けの感じが残っています。一度、使ってからの方がいいのではないかと思います。

ダノンキングリー【C(↘)】

2週前にこそ南Wで全体80秒の速い時計をマークしたものの、終いは13.1秒。

1週前も一杯に追ったにも関わらず終い13.0秒。最終追い切りも終い強めで12.5秒。前走や前々走は12秒台前半の時計を楽にマークしただけに、今回の終い時計の遅さというのは引っかかります。

今回はザ・休み明けという感じで、まだ仕上がり切っていないのかなというのが正直な感想です。

天皇賞秋2020 出走予定馬

それでは、ここからは、あまり人気はないであろう馬を見ていこうと思います。人気薄の馬たちについては、簡単な短評と調子の良し悪しだけを、簡潔にお伝えします

フィエールマン【C(↘)】

この馬は元々はオールカマーを使う予定でしたが、熱発のため回避。今回はそこから立て直しの一戦ということで、実質的に今回の調教を始めたのが10月16日からで最終追い切りを含めても3本しか調教がありません。まだ本当に良かった頃の時計や動きにはなく、今回は急仕上げと言わざるを得ません。

キセキ【A(↗)】

前走が一杯に追われて坂路52.8秒、終い12.7秒。今回は馬也で全体53.0秒、終い12.4秒をマークしてきました。一度、使われた上積みはありそうです。

ダノンプレミアム【A(↗)】

3週続けて終い11秒台をマーク。休み明けから動ける仕上がりになっているでしょう。前走やマイルチャンピオンシップではマイル対応のためか、最終追い切りは坂路でしたが、今回はCW。最終追い切り坂路ではイマイチ結果が出ていなかったため、CWに戻すのはプラス材料だと思います。

ブラストワンピース【B(↘)】

前走や前々走は1週前に速い時計をマークしていましたが、今回はそれと比べると、やや遅くなっています。最終追い切りも1週前同様に遅めです。今回は休み明けという感じで、一度、使ってからになりそうです。

スカーレットカラー【B(→)】

近走、この馬は1週前に南Wで全体79秒台の速い時計をマークしているのですが、今回は2週前に速い時計を出して、1週前、最終と徐々に緩めていくような調教をしてきました。なぜ、こうなっているのかは分かりませんが、近走の好走パターンとは違う調教であることは明らかです。個人的にはチグハグな調教になっているのかなという感じで、あまり評価していません。

ダイワキャグニー【B(→)】

前走の調教は、去勢明けの効果もあったのか、この馬にしては珍しく調教でよく動いていたのですが、今回は、その反動か、あまり目立たない調教になりました。休み明けは一度、叩いた効果はあまり見られません。

ウインブライト【B(→)】

昨年のこのレースは最終、1週前ともに一杯調教という、高い負荷がかけられた調教でしたが、今回は馬也オンリー。その代わりに併せ馬を多くこなすようにするなど、近走の不振ぶりを抜け出すために、陣営が色々と工夫している様子が見受けられます。仕上がりとしては素軽い動きが目立っており、昨年よりは良い状態だと思います。

ジナンボー【C(↘)】

1週前にビッチリやって、最終追い切りを軽く流すというのは、この馬のいつもどおりの調教パターンです。最終追い切りの全体時計が遅いのは、別に気にする必要はないですが、終いに13.4秒も掛かってしまったのは気になるところです。さらに、この最終追い切りでは併せ馬にも遅れており、動きも平凡なものでした。夏に2回使ったということもあり、馬の余力がないかなという感じがします。

カデナ【B(→)】

前走はテンから飛ばして、終いにバタつき気味になっていたのですが、今回は全体時計を控えめにして、終いを伸ばす形に徹する調教にしてきました。前走はレースでも流れになっていく競馬をしましたが、今回は終いに賭ける競馬をする可能性が高そうです。

【まとめ】天皇賞秋2020の好調教馬

というわけで、ここまで2020年、天皇賞秋の出走予定全頭の追い切り診断をしてきました。文句なしの調教S評価、好状態のA評価を獲得した馬を、もう一度おさらいしておきますね。

・アーモンドアイ
・キセキ
・ダノンプレミアム

これらの馬を、今回の調教推奨馬にしたいと思います。

改めて、簡単な短評を言っておくと、アーモンドアイは史上初のG18勝を目指す陣営の高い勝負気配を感じさせる完璧な調教でした。他の有力馬がジャパンカップや有馬記念、香港遠征などを見据えて、ある程度の余力残す調教の中、アーモンドアイは明らかにここがメイチです。状態面の心配はまったく必要ないでしょう。アーモンドアイと比べると、やや見劣りしますが、キセキ、ダノンプレミアムも悪くない仕上がりで、キセキは休み明けを一度、叩いた上積みは十分です。ダノンプレミアムも得意の休み明けで見直せると思います。調教からはアーモンドアイ、キセキ、ダノンプレミアムの3頭です!

というわけで、今回はこの辺で終わらせてもらいます。

最後まで、ご覧いただきありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました