【ファンタジーステークス2020】最終予想

競馬

ファンタジーステークス 予想

はい、皆さんこんにちは。アギョウです。

今回はファンタジーステークスの予想となります。

レース概要

まず、阪神芝1400メートルに替わった、今年のファンタジーステークスが、例年と比べて、どんな違いがあるかを説明するために、前走馬体重のデータを取り上げたいと思います。

2歳における阪神芝1400メートルのデータを見てみると、前走馬体重が重ければ重いほど、勝率を始めとした好走率が高くなっている傾向にあります。やはり、阪神競馬場の特徴といえばゴール前の急坂。急坂を苦にすることが少ないパワー型の馬が、ここでは有利になるわけです。今年の出走馬を見てみると、前走馬体重420キロ台や430キロ台の馬が半数以上で、小柄な馬が非常に多くなっていますから、この前走馬体重のデータは、ある程度、有用なデータになってくるでしょう。ここは、ある程度、馬格がある馬に要注目ではないでしょうか。

有力馬診断

さて、どんなタイプの馬がファンタジーステークスで狙い目なのか分かったところで、ここからは有力馬診断です。有力馬を能力、適正、調教の3項目について評価させてもらいます。

ヨカヨカ

この馬の前走や前々走は九州産限定レースで相手が弱かったため、特に評価できるような内容ではないのですが、新馬戦でモントライゼを退けたというのは高評価できるものです。モントライゼは小倉2歳ステークスでも2着。同日に行われる京王杯2歳ステークスでも有力視されるような馬です。ヨカヨカも小倉2歳ステークスに出走いれば、おそらく勝ち負けになっていた可能性が、非常に高いです。小倉2歳ステークスの勝ち馬であるメイケイエールが人気になりそうなこのメンバーなら能力上位の存在でしょう。能力評価はAです。

ただ、適性に関しては純粋なスプリンターっぽいなというところがあり、血統的にお父さんのスクワートルスクワートは、アメリカダートのスプリンター。お母さんのハニーダンサーも芝1200を中心に走ったスプリンターです。ヨカヨカも1200メートルで非常に強い競馬をしているところを見ると、血統通りの純粋なスプリンターではないでしょうか。例年の京都芝1400メートル外回りよりは、今年の阪神芝1400メートルは内回りの分、マシだと思いますが、それでも距離延長はマイナスになるかなと思います。適性評価はBです。

調教も、1週前追い切りがCW95.8秒、終い13.2秒で、かなりバタついた調教になっており、この時にデビュー以来、初めて併せ馬にも遅れてしまいました。最終追い切りこそ、ある程度の格好はつけましたが、1週前追い切りの、あの動きを見ると、今回は急仕上げ気味と言わざるを得ません。すでにオープン特別で2勝ということで、この後、どのレースに出るにしても賞金的には問題ないでしょうし、ここはある程度の余力残しになると思います。調教評価はCですね。

メイケイエール

この馬は新馬戦、小倉2歳ステークスでも折り合いに難しいところを見せながら、最後は持っている素質だけで差し切ったという感じの、非常に強い内容で2連勝中。能力という意味では間違いなく非凡なものがありそうで、精神的な成長さえあれば、一気に世代トップの座になってもおかしくないだけのものがあると感じています。能力は、個人的にはS評価にしてもぐらいのものがあると思います。

ただ、適性に関しては先程、折り合いに難しいところを見せていたと言ったように、1200メートルでも前進気勢が強すぎて抑えが効かない感じです。血統的にはマイルぐらいまでならこなせそうだと思いますが、前走までのこの馬のままでは、距離延長には厳しい壁があると思います。適性評価はBです。

調教は、最終追い切りで終い11.5秒という時計をマークしているように、状態自体は間違いなくいいと思うのですが、1週前にCWで全体78.5秒という、この時期の2歳にしては速すぎる時計をマークしており、調教でもスピードに任せた走りをしているなという印象を受けます。状態自体は良いので、調教はA評価しておきますけと、折り合いの難しさは健在で、調教からも距離延長の不安を感じさせます。

告知

この度、無料メルマガを始めました。こちらの方では厳選1レースと称して、僕が厳選に厳選を重ねた1レースの予想を配信しています。先週はメイショウサンガを推奨して、見事1着入線も…降着という、色んな意味で会員の皆様から反響いただくなど、大好評のメルマガとなっています。登録がまだの方はぜひご登録ください。リンクは概要欄に張っておきます。

また、京王杯2歳ステークスの予想は、すでに公開済みですので、こちらの方も合わせてお願いします。

というわけで、ここで2020年、ファンタジーステークスの自信の本命を発表させてもらいます。今回、僕が最も買いたいと思ったのがコチラの馬です。

本命馬

本命は、サルビアです。

まず、レース概要のところで前走馬体重が重い方が有利という話しはしましたが、この馬は出走メンバー中3位タイの重さです。今回の出走メンバーの中では馬格のある方で、相対的に阪神の急坂も、そこまで苦にならないのではないかと見ています。

さらに、この馬は1400メートルという距離を一貫して使われているというところも高評価できるポイントです。有力馬診断のところでヨカヨカ、メイケイエールが距離延長に不安があるという話しはしましたが、サルビアはまったくその心配が必要ありません。

新馬戦では先行する競馬、前走では差す競馬で勝ってきており、レースぶりに注文がつくタイプではないというのも大きなプラス材料です。

前走は確かに弱いメンバーで、あのメンバー相手に0.8秒差で勝ったところで、別に高い評価はできないのですが、ラップ面で見ると、4ハロン目からゴールまで、ずっと11.8秒というレースラップになっており、ゴールまで減速するようなことがありませんでした。これは0.8秒差という着差を抜きにして考えても、非常に評価できる内容です。まだまだ能力的な底は見せていません。

今回は、ヨカヨカと同じ馬主さんの2頭出し。枠順も隣になったということで、ヨカヨカに先行してもらって、その後ろを付いていくような競馬をすれば、自ずと進路は確保できるはずです。

これまで主戦を務めていた福永騎手が、ヨカヨカの方に乗るということもあり、想定オッズでは、ヨカヨカやメイケイエールとは差の開いた3番人気という形になっていますが、このオッズほど上位2頭と差があるとは思えません。乗り替わりで、不当に人気を下げているかなという感じで、ここは絶好の狙い目になりそうです。

ファンタジーステークス、自信の本命はサルビアです!

対抗以下の印や買い目についてはアギョウトレセンの方で限定公開とさせてもらいます。動画では一切、公開していないオリジナル能力指数や、血統を数値化した血統値という理論も見ることができます。また、平場の予想や皆さんの予想力、馬券力、回収率の向上のためのコラムも配信しています。ご興味のある方はぜひご覧ください。

すでにトレセンメンバーの方は、下にパスワードを入れて、予想をご確認ください。

アギョウトレセンのご案内はこちら

トレセンメンバー限定

閲覧にはパスワードが必要です

タイトルとURLをコピーしました