2019年競馬予想記事 地方競馬予想

【関東オークス2019】予想

投稿日:

今回は関東オークス予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



関東オークス 予想

枠順の確認→過去データ分析→有力馬診断→そして最終予想という流れで、今回の関東オークスを見ていきますね。

枠順

まずは、関東オークスの枠順を見ていきましょうか。

 1- 1アークヴィグラス
 2- 2ダバイダバイ
 3- 3リトミックグルーヴ
 3- 4ゼットパッション
 4- 5グローリアスライブ
 4- 6トーセンガーネット
 5- 7ナインシュヴァハ
 5- 8エリーバラード
 6- 9ローザノワール
 6-10キタサンベッキー
 7-11アブソルートクイン
 7-12タイムゴールド
 8-13マドラスチェック
 8-14ラインカリーナ

有力どころは6枠9番ローザノワール、8枠13番マドラスチェック、8枠14番ラインカリーナなど。有力馬は中~外にかけて集中するような形になりましたね。関東オークスは大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 (1着-2着-3着-着外)
1枠 1-1-1-7
2枠 1-0-0-9
3枠 1-1-2-12
4枠 1-0-5-12
5枠 2-5-0-13
6枠 0-2-2-16
7枠 2-0-0-18
8枠 2-1-0-17

は枠順データの他にも、関東オークスの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回の過去データ分析では、過去10年間のデータから要注目のデータをいくつか参照していきます。

人気

人気 (1着-2着-3着-着外)
1番人気 5-1-1-3
2番人気 3-1-2-4
3番人気 1-1-2-6
4番人気 0-2-0-8
5~9人 1-5-4-40
10人以下 0-0-1-44

1~3番人気で過去10年9勝。関東オークスは地方交流重賞らしく勝ち馬は人気サイドから出やすいレースでしょう。ただ、複勝率に目を向けてみると地方交流重賞にしては、人気サイドの複勝率がやや物足りない感じがします。3番人気、4番人気辺りの複勝率40%、20%というのは、ガチガチ決着がザラにある地方交流重賞では低水準の値となっています。ヒモ荒れには期待できるレースでしょう。これは2100メートルという、確実にこれまでに経験したことがないであろう距離、さらに中央勢は初のナイター競馬や、地方遠征など、この時期の特有の不確定要素が満載だからです。さらに、走るのが繊細な牝馬たちということで、もうちょっとしたことでアッサリ馬券圏外なんてのも珍しくありません。人気サイドから1頭は地力で押し切って見せるのですが、2,3着ならば多少の地力不足でも、経験や適性の差などで紛れることがある、これが関東オークスというレースなのではないでしょうか。

所属

所属 (1着-2着-3着-着外)
美浦 4-3-1-10
栗東 5-2-2-11
地方 1-5-7-83

美浦と栗東の比較ではほとんど互角。所属データから中央馬について云々ということはできないでしょう。ただ、特筆すべきは地方馬の馬券圏内馬の多さですよね。過去10年で馬券になった30頭中、約半数の13頭が地方馬というのは、他の交流重賞ではなかなか見られない傾向です。これは先程の人気データの繰り返しのような内容になりますが、初のナイターや地方遠征などで、中央馬がパフォーマンスを下げたところに地方馬が割って入る。これが例年の関東オークスです。地方馬だから~という理由で消してしまうと痛い目を見ることになりやすいレースだということは忘れないでください。

枠順

枠番 (1着-2着-3着-着外)
1枠 1-1-1-7
2枠 1-0-0-9
3枠 1-1-2-12
4枠 1-0-5-12
5枠 2-5-0-13
6枠 0-2-2-16
7枠 2-0-0-18
8枠 2-1-0-17

スタートしてから最初のコーナーまでの距離が長めに設定されているので、枠順による有利不利というのはほとんどありません。ただ、川崎競馬場は南関東で最もコーナーのきついコースで、どの馬もコーナーでは減速せざるを得ません。急コーナーのおかげでペースは早くなりようがないんですよね。その結果として逃げ先行馬の圧倒的有利が構築されてしまいます。この辺もこの関東オークスが紛れる理由だと思います。枠順による差はほとんどないけども、圧倒的に逃げ先行馬が有利だよということでお願いします。

有力馬診断

ここからは上位人気に支持されそうな馬たちについて、細かく見ていこうかなと思います。

・ローザノワール
この馬のポイントとしては2点。まずは砂を被っては駄目な馬だということ。2走前、3走前、そして5走前はいずれも砂を被って嫌がっている素振りを見せていました。3走前は道中で松若騎手が砂を嫌がっているのを見て、うまく外に出したことで勝ち負けまで持ち込むことができましたが、終始、砂を被るような展開だと2走前のような感じになってしまうでしょうね。砂を被らないポジションを確保することができるか。これがまず第一の関門だと思います。次の関門としてはハナを切れるかどうか。この馬はどうも前の馬を抜こうとしない嫌いがあるんですよね。それが出ていたのが3走前、4走前です。3走前は道中で少し砂を被ってしまったこともありましたが、後述するマドラスチェックに完敗している、メイショウアステカに負けています。未勝利戦でも直線の手応え的に楽勝だなと思ったのですが、結果的には逃げた馬に盛り返されるような形になり大接戦。これら2戦はいずれも最後の直線で、前に馬を置いた状態。レース映像を見る限りではどうも前を抜こうとしないみたいなんですよね。その証拠としてハナを切って、前に馬がいない状態だとあの大楽勝。ここでの勝ち負けには砂を被らないこと、そしてハナを切ることが絶対条件になってくると思います。おそらくこの枠順ですから砂を被る心配はないと思いますが、2番手以下の競馬になってしまった場合に、勝利を逃すというのは大いにしてあり得ると思います。この馬を頭固定で買う場合は、ハナが切れるのを前提にした予想になってくるでしょう。

・マドラスチェック
ダートに替わってから2連勝。おそらくこの馬が1番人気になるのではないかと見ています。ただ、個人的にはこの馬の2連勝というのは懐疑的なところがあります。まずダート初戦となった2走前は前半1000メートルの通過タイムが64.3秒。それに対して同日に同舞台で行われた未勝利戦の前半1000メートルの通過タイムが64.4秒。逃げたこの馬が勝って、当然の流れなんですよね。前走の鳳雛ステークスも前半1000メートルの通過タイムが63.8秒。これは過去の鳳雛ステークスの中で2番目に遅い通過タイムでした。これも前が残って、当然の流れだったと思います。3着馬には8馬身もの差をつけましたが、着差ほどの評価できる内容かは微妙なところです。この鳳雛ステークスは強風の影響が出て、時計が掛かっていたという話しも聞くのですが、僕は風の影響というのは、あんまり関係なかったかなと思っています。というのも、この時は確かに風は強かったのですが、風向きは東南東。これはレース中の競争馬たちに対して、横から吹いてくる風なんですよね。向かい風もしくは追い風ならばレースに風が影響するというのは分かりますが、横風はついてはあまり関係ないだろうというのが持論です。確かにこの日、同舞台で行われた500万条件、1000万条件は時計が掛かっていましたが、未勝利戦については並み以上の時計が出ていました。僕は500万条件、1000万条件、そしてこの鳳雛ステークスは単純にレベルが低くて、時計が掛かっただけ。体のいい理由として風が強かったことを持ち出しているだけなのかなと思います。話しはやや逸れてしまいましたが、僕は額面ほど、この馬の2連勝は評価していないということは言っておきます。血統面から距離もギリギリ持つかどうかという感じなだけに、単勝1倍台とかまでになってしまうと疑問符が浮かびますね。

・ラインカリーナ
この馬も砂を被るとダメな馬です。唯一、砂を被った4走前のカトレア賞は、道中では走りづらそうにしていましたからね。あと、この馬が凡走した3走前のはこべら賞は超ハイペース。はこべら賞が1400メートルに替わってから、なんと重馬場などを通しても最も速い前半3ハロンでしたからね。あれで逃げ先行馬に残れというのが無理な話しです。このレースで逃げて勝ったケイアイターコイズ、2番手から2着を確保したレッドルゼルは、かなりのポテンシャルが高い馬なのではないかと見ているぐらいです。もう一つ、大きく負けてしまったダリア賞は芝のレースなので言うまでもないでしょう。ここまで名前を挙げてこなかったレースというのは、いずれも馬券圏内を確保したレースなのですが、これらがどれもとても評価できる内容だったのではないかと見ています。まず、前走は勝ったのがデアフルーグ、2着がマスターフェンサー。この2頭は言うまでもないですよね。牡馬でも世代トップレべルを張っている2頭です。それらに先着を許してしまったことよりも、淡々と流れた厳しい流れでノーヴァレンダやゴールドラグーンを競り落としたことを評価したいです。さらにプラタヌス賞というのが、この馬を語る上では外せないレースです。このレースはこの馬が逃げようとしたところを、外から引っかかりすぎたダイシンインディーが被せるような形になり、思わぬハイペースとなったレースでした。ダイシンインディーが沈む中で、付き合わされるような形になった、この馬は3着を確保したのですから大したものです。先着されたのも全日本2歳優駿で1番人気になったガルヴィハーラ、デビューから連対を外していないリープリングスターの2頭です。牡馬一戦級を相手に、これだけ善戦をしている馬なのですから、地力はこのメンバーでもトップクラスなのではないかと見ています。

最終予想

◎と〇をYoutubeにて紹介しています。良かったら見てください!

関東オークスのすべての印、買い目は地方競馬メルマガで配信予定ですが、こちらの方でも公開しています。非会員の皆様はこちらのURLからどうぞ。買い方に一工夫入れています。

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事, 地方競馬予想
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.