2019年競馬予想記事 地方競馬予想

【ジャパンダートダービー2019】予想

投稿日:

今回はジャパンダートダービー予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ジャパンダートダービー 予想

枠順の確認→過去データ分析→有力馬診断→そして最終予想という流れで、今回のジャパンダートダービーを見ていきますね。

枠順

まずは、ジャパンダートダービーの枠順を見ていきましょうか。

 1- 1グリードパルフェ
 2- 2ヒカリオーソ
 3- 3ロードグラディオ
 3- 4ミューチャリー
 4- 5デルマルーヴル
 4- 6トイガ-
 5- 7ホワイトヘッド
 5- 8サクセッサー
 6- 9メスキータ
 6-10デアフルーグ
 7-11ドウドウキリシマ
 7-12クリソベリル
 8-13ウィンターフェル
 8-14ナンヨーオボロヅキ

有力どころは3枠3番ロードグラディオ、4枠5番デルマルーヴル、7枠12番クリソベリルなど。有力馬は内、外、中と綺麗に分かれるような形になりましたね。ジャパンダートダービーは大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 (1着-2着-3着-着外)
1枠 1-0-0-11
2枠 0-0-0-11
3枠 3-0-2-8
4枠 0-0-2-17
5枠 1-4-1-13
6枠 2-4-1-11
7枠 2-0-1-15
8枠 1-2-3-14

は枠順データの他にも、ジャパンダートダービーの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回の過去データ分析では、過去10年間のデータから要注目のデータをいくつか参照していきます。

人気

人気 (1着-2着-3着-着外)
1番人気 4-2-1-3
2番人気 2-2-1-5
3番人気 0-2-3-5
4番人気 2-4-0-4
5~9人 2-0-5-43
10人以下 0-0-0-42

一見すると、そこまで荒れている感じには見えませんが、これは地方交流重賞にしてはやや波乱の決着が目立つ感じになっています。地方交流重賞特有のガチガチ決着とはいかないレースです。やはり、この時期の馬たちですから、初の大井や初のナイター、初の2000メートルなど、中央馬には何かしらの不安要素がつきまといます。その不安要素に脚を引っ張れる形で、能力上位馬が不発に終わるというのが多々あるレースとなっています。さらにダート馬というのは使える番組が少ないせいで、この時期になってもイマイチ適正がわからないようなことがあります。2017年のサンライズノヴァなどがいい例です。今ではその適正というのはハッキリしていますよね。ここではまだまだ未知なところがある、ダート馬たちの一戦ということでヒモ荒れなどにも警戒しておいて方がいいかもしれません。ただ、8番人気以下は過去10年で馬券絡みなしということですから、そこまで大荒れということはないですけどねw

所属

所属 (1着-2着-3着-着外)
美浦 2-0-1-14
栗東 6-9-6-23
地方 2-1-3-66

まず、栗東と美浦の比較では栗東優勢。美浦所属馬が複勝率17.6%、栗東所属馬が複勝率47.8%といえば分かりやすいでしょう。ジャパンダートダービーは大井で行われる一戦ということで、普通に考えたら輸送のない美浦が有利なものですが、結果的にはその逆の傾向が出ています。これは競馬界で昔から言われている西高東低の影響が出ているということでしょうね。地方馬もまずまずの馬券絡みという感じで、まったくノーチャンスという感じではありません。先程の人気データで言ったように、中央馬が初の大井や初のナイターなどでパフォーマンスを下げたところを食って掛かるといった感じでしょうね。穴で狙うなら地方馬になってくると思います。

枠順

枠番 (1着-2着-3着-着外)
1枠 1-0-0-11
2枠 0-0-0-11
3枠 3-0-2-8
4枠 0-0-2-17
5枠 1-4-1-13
6枠 2-4-1-11
7枠 2-0-1-15
8枠 1-2-3-14

大井2000メートルはスタートしてから1コーナーまで十分な距離があります。コース的には枠順による有利不利というのは起きづらいコース形態となっています。ただ、上の表を見てもらえば分かるように、内枠がやや不振という結果が残っています。過去10年で1~2枠で馬券絡みしたのは昨年のルヴァンスレーヴの1頭のみという感じです。これは、この時期特有のものでキャリアの浅い馬たちが、砂を被る、揉まれるなどの不利を受けて、思ったようなパフォーマンスを発揮できないのだと思います。それに対して、外枠というのはスタートしてから気持ちよく行けるわけです。コース自体には枠順による有利不利はないですが、馬たち自体の問題として内枠不利、外枠有利が存在するよということでお願いします。

有力馬診断

ここからは上位人気に支持されそうな馬たちについて、細かく見ていこうかなと思います。

・ロードグラディオ

初のダートとなった前走で快勝。着差以上に楽勝の内容でした。さらに今回は調教も前走以上。前走が坂路一杯で54秒台。それに対して今回は馬なりで坂路53秒台ですからね。前走は例の薬物事件で出走が1週ずれたの出走だったわけですし、この調教の感じから見ても、前走が万全の仕上がりではなかったのは間違いないと思います。その中で楽勝というわけですから、これはまだダートでは底を見せていないと言ってもいいでしょう。ただ、楽勝だった前走がちょっと特殊なレースで、前半3ハロン38.1秒、後半3ハロン36.8秒。そこそこ上のクラスのダート戦では珍しい後傾ラップでした。言ってしまえばどスローの一戦だったわけです。この馬はそんな中を2番手追走という感じですから、展開に恵まれていたのは言わずもがなでしょう。レースの内容としては、今回にはあまり繋がらない一戦だったと思います。僕は前走を評価していません。ここでは状態的な上積みは間違いないですが、本当のダート戦らしい消耗戦を経験していないというのは、普通に考えたら厳しいですよね。前走、騎乗したルメール騎手が夏休みでフランスに帰ったところを見ても、そんなに魅力のある馬ではないのかなという感じはします。

・デルマルーヴル

デビューからここまで4着以内を外したことのない堅実な馬。ドバイでも4着確保ということですから大したものです。ただ、この馬で気になるのはやはり距離ですよね。血統背景からは1600メートルぐらいがベストという感じがします。陣営が未勝利戦以降、日本では1600メートル以上の距離を使わなかったのがその証拠かなと。ドバイでは1900メートルをこなしていますが、ドバイというのは日本のダートより軽い砂質です。軽い馬場巧者としてマテラスカイがドバイで好走しているのが、ドバイの砂質が軽いという何よりの証拠です。軽い馬場の一戦だったわけですから、そこまで中距離をこなすパワーやスタミナは必要じゃなかったわけです。それに対して、今回は大井2000メートル。大井は中央の競馬場より砂質が重いというのは皆さんご存知だと思います。さらに今の大井は最近の天気のせいで、さらに時計がかかる馬場コンデションになっています。果たして、大井2000メートルという舞台でこれまでのような末脚が繰り出せるのかと言われれば、微妙ではないかなと思いますね。こちらもルメール騎手のお手馬でしたが、先程も言ったようにルメール騎手はフランスに帰国。全日本2歳優駿のことでの乗り替わりを考えても、ルメール騎手からの評価はそこまで高くないということもわかります。

・クリソベリル

3戦3勝。そのいずれもが圧勝ということで、まったく底を見せていません。前走は兵庫チャンピオンシップが1870メートルに替わってからダントツで速い走破時計です。馬場が軽く、時計が出る馬場だったこともありましたが、それにしても速いです。2013年に兵庫チャンピオンシップを圧勝したコパノリッキーと同等のスケールを感じさせます。このメンバーでも素質上位なのは間違いないです。さらに今回は調教での動きも抜群。前走以上の状態なのは間違いないでしょう。まぁここまで話しを聞いてもらえば分かるように、ちょっと不安要素が見当たらないなというのが正直な感想ですねw 枠順も砂を被る、揉まれる心配がない外枠を引きましたし、乗り替わりというのも前走が騎乗停止中だった川田騎手から、ルメール騎手への代打騎乗ということで問題なし。もともとは川田騎手のお手馬です。ルメール騎手がこの馬を放置してフランスに帰国したというわけではありません。唯一、この馬の死角を挙げるとするなら、今回が初の長距離輸送だということ。この馬はこれまで地元の関西圏でしか走ったことがないということで、もしもパドックなどで入れ込んでいるようなれば要注意が必要です。ただまぁ強いてケチをつけれるならという感じで、素質+能力は圧倒的だと思いますけどねw

最終予想

◎と〇をYoutubeにて紹介しています。良かったら見てください!

ジャパンダートダービーのすべての印、買い目は地方競馬メルマガで配信予定ですが、こちらの方でも公開しています。非会員の皆様はこちらのURLからどうぞ。買い方に一工夫入れています。

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事, 地方競馬予想
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.