2018年競馬予想記事

【ジャパンカップ2018】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はジャパンカップ予想となります。

今週末は東京競馬場にてジャパンカップが行われます。前日段階での1番人気はアーモンドアイ。圧倒的なパフォーマンスで牝馬3冠を成し遂げた当馬ですが、ここでも単勝1倍台にまで推されています。正直ここまでの人気を被ると思っていなかったので驚きですが、それほど競馬ファンの期待が大きいということでしょうね。スワーヴリチャードを始めとした古馬一線級相手にどこまでやれるのか。今から非常に楽しみな一戦です。さてそれではジャパンカップの予想に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ジャパンカップ 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のジャパンカップを見ていきますね。

ジャパンカップ 枠順

まずは、京都2歳ステークスの枠順を見てきましょうか。

 1- 1アーモンドアイ   牝3 ルメール
 2- 2ハッピーグリン   牡3 服部茂
 3- 3サトノダイヤモンド 牡5 モレイラ
 3- 4サトノクラウン   牡6 ビュイック
 4- 5ミッキースワロー  牡4 横山典
 4- 6サンダリングブルー セ5 Fベリー
 5- 7サウンズオブアース 牡7 田辺
 5- 8キセキ       牡4 川田
 6- 9シュヴァルグラン  牡6 Cデムーロ
 6-10ガンコ       牡5 蛯名
 7-11スワーヴリチャード 牡4 Mデムーロ
 7-12カプリ       牡4 ムーア
 8-13ノーブルマーズ   牡5 高倉
 8-14ウインテンダネス  牡5 内田博

有力馬は1枠1番アーモンドアイ、3枠3番サトノダイヤモンド、7枠11番スワーヴリチャードといったところ。内と外と綺麗に分かれるような形になりましたね。ジャパンカップは内枠有利の傾向が強いだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 3- 2- 3-12/20
2枠 1- 0- 2-17/20
3枠 2- 1- 2-15/20
4枠 1- 0- 0-19/20
5枠 0- 3- 0-17/20
6枠 0- 1- 0-18/19
7枠 1- 0- 2-22/25
8枠 2- 3- 1-23/29

次の項では枠順データを他にも、ジャパンカップの過去データを見ていこうかなと思います。

ジャパンカップ 過去データ

今回の過去データ分析では、過去10年間のデータから要注目のデータをいくつか参照しておきます。

ジャパンカップ 性別データ

性別 着別度数
牡・セン 5- 8- 8-128/149
5- 2- 2- 15/ 24

牝馬が過去10年5勝と好成績。ショウナンパンドラ4番人気→1着、デニムアンドルビー7番人気→2着、レッドディザイア6番人気→3着など、人気薄からの馬券絡みというのも目立ちますね。東京開催も後半なのですが、JRAの造園課がジャパンカップへ向けて、絶好の馬場コンデイションに仕上げてくる→スピード決着が目立つというメカニズムなのではないでしょうか。牝馬は牡馬よりパワーでは劣っていても、スピードならば互角以上であることが多いですからね。ジャパンカップの1週前からCコースへ変わっているというのも関係があるかもしれません。

ジャパンカップ 馬齢データ

年齢 着別度数
3歳 2- 3- 2- 21/ 28
4歳 5- 3- 2- 41/ 51
5歳 3- 4- 4- 36/ 47
6歳 0- 0- 0- 24/ 24
7歳 0- 0- 2- 12/ 14
8歳 0- 0- 0- 9/ 9

6歳~8歳以上の馬は過去10年で連対なし。ジャパンカップの主役は3~5歳と断言してよさそうですね。6~8歳以上というのは競争馬としてピークアウト。G1の舞台では厳しいということでしょう。ここでは脂がのっている3~5歳馬を重視しましょう。

ジャパンカップ 前走アルゼンチン共和国杯データ

前確定着順 着別度数
前走1着 1- 0- 1- 1/ 3
前走2着 0- 0- 0- 2/ 2
前走3着 0- 0- 0- 1/ 1
前走4着 0- 0- 0- 1/ 1
前走5着 0- 0- 0- 2/ 2
前走6~9着 0- 0- 0- 4/ 4
前走10着~ 0- 0- 0- 0/ 0

前走アルゼンチン共和国杯で負けた馬というのは過去10年で馬券になったことがありません。アルゼンチン共和国杯で負けてしまうような馬は、やはりジャパンカップでは足りませんよね。2016年のシュヴァルグラン6番人気→3着や、2008年のスクリーンヒーロー9番人気→1着など。アルゼンチン共和国杯組はたびたび穴を開けてくれていただけに残念です。

その他のデータ分析は別記事にて行っております。詳しいデータを見たいよっていう方はぜひご覧くださいませ。

【ジャパンカップ2018予想】過去データ・消去法データ

ジャパンカップ 追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

ジャパンカップ 有力馬

アーモンドアイ【
美浦 南W 良 11月21日(水)
83.5-67.4-52.9-38.7-12.6 終い強め
前走の秋華賞の時は坂路でソフトな仕上げ。能力の違いで勝ちはしたものの+14キロで太目残りでした。それが今回はビシバシ追われて、なんと負荷のかかる南Wオンリーで仕上げてきました。ここへ向けてのメイチ度の高さが伝わってきます。動きも素軽く、前走以上は間違いないと思います。あとは力関係の兼ね合いだけだと思います。

スワーヴリチャード【
栗東 CW 良 11月21日(水)
85.2-68.4-53.1-39.2-12.6 馬なり
3週前に速い時計を出してから、最終まで速い時計なし。今年は速い時計がない場合でも好走している問題はないかと思います。ただ前走はスタートで挟まれたしても不甲斐ない結果。4コーナーの進入時に追われていたのですが、反応が微妙すぎます。馬の気持ちが切れていたとしか思えません。前走がそんな状態だったわけですから、今回は精神的な面で大丈夫かなと不安がありますね。

サトノダイヤモンド【
栗東 CW 良 11月21日(水)
52.9-38.0-11.7 馬なり
1週間前追い切りが好時計。モレイラ騎手が騎乗したということを差し引いても徐々に良くなってきている印象です。1週前追い切りを見る感じでは、モレイラ騎手との手綱も合っている印象。前走より上積みがあってもおかしくないと思います。ただ全盛期の時と比べてしまうと微妙な感じ。あくまで近走の中では良いということです。現状の力でどこまでやれるでしょうか。

以上が、ジャパンカップの追い切り診断でした。

一番よく見えた好調馬を追い切りからの推奨馬とさせてもらいます。

推奨馬はこちら→人気ブログランキング

というわけで、ここからはジャパンカップの予想に入っていきましょうか。

ジャパンカップ 最終予想

今回の予想では◎と△(穴推奨)のみの、ご紹介とさせてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
アーモンドアイがここまで一本被りのオッズになるなら、僕はこの馬の本命にしたいと思います。前走こそ逃げる競馬でしたが、逃げようと思って逃げたようには見えませんでした。ほかに行く馬がいなかったので仕方なくハナという形だったと思います。その結果うまく脚が溜めることができず、終いに甘くなったかなという感じ。今回はウインテンダネスという逃げ馬もいますし、2走前のような好位で溜める競馬ができると思います。さらにジャパンカップは例年、内伸びが顕著なレース。今年も馬場傾向を見る感じでは例外ではないと思います。脚質的にインの好位で脚を溜められそうなのがプラスに働くと思います。さらにデータ的な後押しをするなら、近5年の勝ち馬5頭の内、4頭が4コーナーを4番手以内で回っています。前が有利になりやすいということですね。アーモンドアイはそこまでポジションが取れそうにもないですし、取りこぼしがあってもいい場面のはず。

△ミッキースワロー
穴で狙うのならこの馬でしょう。近走はやや物足りない結果が続いていますが、どれも理由があってのもの。札幌記念、大阪杯は、この馬の所属である菊沢厩舎の輸送技術のなさが原因。マイルチャンピオンシップのアエロリットを始めとして、菊沢厩舎は輸送がまったく駄目。この馬も重賞連対はいずれも中山。輸送がない場面です。3走前のAJCCは展開の不向き。逃げたマイネルミラノが3着に残るような展開では、後方に構えていたこの馬は差し届きませんよね。それらを除けば、この馬がまともに競馬をできたのが、セントライト記念。アルアインをまったく寄せ付けなかったあのレースです。初の左回りという点に心配は残りますが、今回は好走条件に当てはまる場面。人気もないですし、狙ってみてはどうでしょうか。

その他の印馬や馬キャラ、予想に使っている指数などは中央競馬プレミアムにて公開中です。こちらの中央競馬プレミアムでは、平場のオススメ予想や最終レースの予想も公開しているので下記のボタンからぜひご一読くださいませ。

 

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.