2019年競馬予想記事

【アイビスサマーダッシュ2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回はアイビスサマーダッシュ過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



アイビスサマーダッシュ 過去データ分析

今回は過去10年間データから人気・年齢・性別・枠順・脚質の基本データに加えて、前走着順・前走人気・キャリア・間隔・種牡馬のデータを見ていくことで、今回のアイビスサマーダッシュで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

アイビスサマーダッシュ 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 6- 1- 0- 3/ 10
2番人気 0- 2- 1- 7/ 10
3番人気 1- 2- 2- 5/ 10
4番人気 0- 0- 3- 7/ 10
5番人気 0- 3- 0- 7/ 10

1~5番人気で過去10年7勝。アイビスサマーダッシュの勝利というのは人気サイドからというのが目立ちます。特に、1番人気の過去10年6勝というのは断トツの数字で、1番人気の信頼度はかなりのものとなっています。これはアイビスサマーダッシュが新潟1000メートルという特殊な舞台で行われるからでしょうね。新潟1000メートルというのは、人間で言うところの100メートル走。スタミナがどうかとか、展開がどうとかという感じにはならず、脚が速い馬が勝つという単純な勝負になりやすいからでしょう。紛れが起こりづらいということです。さらに、ネタバレにはなってしまうのですが、あまりに新潟1000メートルは外枠有利というのが知れ渡っているからだと思います。外枠に入った、脚の速い馬が1番人気になって、しっかり人気に応える。これがアイビスサマーダッシュというレースなのではないかと思います。

年齢

年齢 着別度数
3歳 0- 2- 1- 10/ 13
4歳 3- 1- 1- 7/ 12
5歳 4- 6- 4- 33/ 47
6歳 1- 1- 3- 35/ 40
7歳 2- 0- 1- 30/ 33
8歳 0- 0- 0- 11/ 11

一見すると分かりにくい感じになっていますが、複勝率の観点から見ると3~5歳の好走、6~8歳の苦戦というのが見えてきます。先程の人気データで言ったように、このアイビスサマーダッシュは単純なスピード勝負になりやすいですから、競争馬として脂が乗っている若い馬が有利。ピークアウトの高齢馬が不利といった感じなのでしょう。難しいことは考えずに若い馬重視でいいと思います。

性別

性別 着別度数
牡・セン 4- 6- 5- 77/ 92
6- 4- 5- 52/ 67

これは牡馬と牝馬による差はないと見ていいでしょう。むしろ勝率や複勝率などは牝馬の方が上まであります。「夏は牝馬」という格言がありますが、その言葉の通りにここでも牝馬が優勢となっています。これは牝馬はその薄い筋肉から、暑さに強いという点がまずいいのでしょうね。さらに、これはスプリント戦ではたびたび言っているのですが、パワーやスタミナがそこまで問われることのない短い距離では、どうしても馬格的にスタミナ、パワー不足になりがちな牝馬でも、スピードだけで押し切ることが可能なのです。様々な理由から、ここでは牝馬の方が有利になりやすいのだと思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0-17/17
2枠 2- 1- 2-12/17
3枠 0- 0- 0-17/17
4枠 1- 1- 0-18/20
5枠 1- 1- 1-17/20
6枠 0- 3- 2-15/20
7枠 1- 1- 5-17/24
8枠 5- 3- 0-16/24

人気データでも言ったように外枠有利です。これは言うまでもなく皆さん、ご存知ですよね。外枠有利の理由について軽く触れておこうと思うのですが、新潟1000メートルは直線での競馬になりますので、コーナーを回る必要がないですから、内枠だろうと外枠だろうと物理的に走る距離は変わりません。普通に考えるならば内枠と外枠に差はありません。ただ、馬場の良し悪しの分だけ、外枠が有利になるという形です。外側の馬場というのは1000メートル以外ではまったくと言っていいほど使われることのない場所ですから、常に馬場コンディションが完璧に近い状態になっているのです。内側はたとえ開幕週だろうと、土曜、日曜と他のレースで使っているので、外側と比べるとどうしても微妙なコンディションになってしまうわけです。アイビスサマーダッシュに限らず、新潟1000メートルはとにかく外枠有利ということでお願いします。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 2- 5- 0- 9/ 16
先行 4- 3- 5- 26/ 38
中団 3- 1- 5- 49/ 58
後方 1- 1- 0- 45/ 47

スタミナ不問のスピード勝負だけあって、逃げ先行馬が有利です。スタートしてからある程度のポジションを確保していけるだけのダッシュ力がなければ、もうその時点で厳しいようなレースで、初角13番手以下から馬券絡みしたのは過去10年で1頭のみ。その1頭というのも2009年、重馬場であまりスピードが活きないような馬場でものでした。1200メートルで前に行けるようなダッシュ力を見せているような馬でなければ、ここでは用無しといってもいいレベルかもしれません。1200メートルで展開ハマり待ちの差し競馬をしているような馬は、このアイビスサマーダッシュという舞台は不適でしょう。

アイビスサマーダッシュ 消去法データ

ここからは消去法データ。今回のアイビスサマーダッシュで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 0- 0- 2- 6/ 8
前走2着 0- 0- 0- 1/ 1
前走3着 1- 1- 0- 1/ 3
前走4着 0- 0- 0- 1/ 1
前走5着 0- 0- 0- 0/ 0

集計範囲:前走1600万条件

前走1600万条件で4着以下という馬(ショウナンアエラ、ゲンキチハヤブサなど)は過去10年で馬券絡みしたことがありません。このアイビスサマーダッシュはフルゲートにならないこともあるレースなので、1600万勝ちをしていないような馬でも出られてしまうレースなのですが、流石に1600万条件で馬券になるような能力もない馬では、ここでは通用しませんよね。前走1600万条件という馬ならば、馬券絡みというのが最低限となります。

前確定着順 着別度数
前走1着 1- 1- 1- 3/ 6
前走2着 0- 3- 0- 4/ 7
前走3着 0- 0- 0- 5/ 5
前走4着 1- 0- 1- 5/ 7
前走5着 0- 2- 0- 3/ 5

集計範囲:前走オープン特別

前走オープン特別ならば5着以下という馬(ダイメイプリンセス、ナインテイルズなど)が勝ったことがありません。前走オープン特別から勝ち負けに加わるには4着というボーターラインとなってきそうです。今年は前走オープン特別という馬が出走の大半を占めそうな感じですので、これを基準に取捨選択してみてはどうでしょうか。

前走人気

前走人気 着別度数
前走1人気 1- 1- 0- 2/ 4
前走2人気 0- 1- 1- 5/ 7
前走3人気 1- 0- 0- 4/ 5
前走4人気 0- 1- 0- 5/ 6
前走5人気 0- 1- 0- 3/ 4

集計範囲:前走オープン特別

もう一つ、前走オープン特別について言及しておくと、前走オープン特別で4番人気以下という馬(ミキノドラマーなど)が過去10年で勝ったことがありません。先程の前走着順データと合わせて考えると、前走で上位人気に支持されて、しっかり上位の着順を確保した馬。名実ともにオープン特別では上位だと言い切れる馬でなければ、アイビスサマーダッシュでは能力的に好勝負とまではいかないでしょう。まとめると、前走オープン特別という馬は4番人気以内で5着以上の着順を確保した馬が、データ的には勝ち負けの資格があるのではないかと思います。

キャリア

過去10年の勝ち馬は、いずれも前走のレースラップにおける前半3ハロンが34.2秒以下でした。これは逆に考えると、前走のレースラップにおける前半3ハロンが34.3秒以上という馬(カイザーメランジェ、ラインスピリットなど)は勝っていないことになります。これまで言ってきたように、このアイビスサマーダッシュはスピードとダッシュ力が重要になってくるレースですから、前走でも、ある程度のペースを追走もしくは作り出した馬が有利になりやすいというのは分かるかなと思います。前走、ゆったりとしたヌルいレースをしてきた馬は、ここではテンで置かれる可能性が高くなりますので、割引が必要ではないでしょうか。

間隔

間隔 着別度数
2週 0- 1- 2- 15/ 18
3週 1- 2- 1- 17/ 21
4週 4- 3- 2- 22/ 31
5~ 9週 4- 2- 3- 36/ 45
10~25週 1- 2- 2- 29/ 34
半年以上 0- 0- 0- 10/ 10

上の表ではうまく表現できていませんが、中11週以上という馬(ラブカンプーなど)は過去10年で勝ったことがありません。アイビスサマーダッシュは唯一の新潟1000メートルの重賞となりますから、他のG3などとは違い、このレースを大目標にしてきた馬というのも存在するのです。それらの馬が有利になるというのは言わずがなでしょう。ここを目標にしてきた馬というのは、ここを中11週以上、約3ヶ月の休み明けなはずがありません。叩き台として何度かレースを使っている馬がほとんどです。逆に、ここを中11週以上で使ってきた馬というのが、ほとんどが秋へ向けての叩き台としている馬たちというわけです。間隔というのがこのアイビスサマーダッシュにおける、勝負気配を判断する上での材料となるのではないでしょうか。

種牡馬

種牡馬 着別度数
サクラバクシンオー 3- 1- 1-11/16
ファルブラヴ 1- 1- 1- 2/ 5
クロフネ 1- 0- 2- 3/ 6
アドマイヤムーン 1- 0- 1- 3/ 5
スウェプトオーヴァーボード 1- 0- 0- 7/ 8
メイショウボーラー 1- 0- 0- 3/ 4
キングヘイロー 1- 0- 0- 3/ 4
スキャン 1- 0- 0- 0/ 1

こちらは過去10年の勝ち馬の種牡馬一覧です。これから分かるのは父サンデー系(カッパツハッチ、ビップライブリーなど)という馬が過去10年で一度も勝っていないということです。日本の芝では圧倒的な勢力を誇っているサンデー系ですが、このアイビスサマーダッシュにおいては、その力を発揮することができていません。これはやはりサンデー系特有の瞬発力というよりも、スピードの持続力。より短距離的な血統の活躍が目立ちます。新潟1000メートルという特殊な舞台になりますから、ここではサンデー系というよりは、日本の芝中距離ではあまり聞かないような種牡馬の馬に注目です。

まとめ

推奨馬はYoutubeで公開中です。良かったら見てください!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.