2019年競馬予想記事

【アイビスサマーダッシュ2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はアイビスサマーダッシュ予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



アイビスサマーダッシュ 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のアイビスサマーダッシュを見ていきますね。

枠順

まずは、アイビスサマーダッシュの枠順を見てきましょうか。

 1- 1ラブカンプー
 1- 2ダイメイプリンセス
 2- 3カッパツハッチ
 2- 4ビップライブリー
 3- 5アンフィトリテ
 3- 6ナインテイルズ
 4- 7カイザーメランジェ
 4- 8レッドラウダ
 5- 9ミキノドラマー
 5-10レジーナフォルテ
 6-11ライオンボス
 6-12ラインスピリット
 7-13トウショウピスト
 7-14ブロワ
 7-15シベリアンスパーブ
 8-16オールポッシブル
 8-17フェルトベルク
 8-18アルマエルナト

有力馬は1枠1番ラブカンプー、1枠2番ダイメイプリンセス、6枠11番ライオンボスといったところ。有力馬は内と外に、綺麗に分かれるような形になりましたね。アイビスサマーダッシュは外枠有利と見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0-17/17
2枠 2- 1- 2-12/17
3枠 0- 0- 0-17/17
4枠 1- 1- 0-18/20
5枠 1- 1- 1-17/20
6枠 0- 3- 2-15/20
7枠 1- 1- 5-17/24
8枠 5- 3- 0-16/24

次は枠順データの他にも、アイビスサマーダッシュの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回は過去10年間のデータから、要注目のデータをいくつか参照していきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 6- 1- 0- 3/ 10
2番人気 0- 2- 1- 7/ 10
3番人気 1- 2- 2- 5/ 10
4番人気 0- 0- 3- 7/ 10
5番人気 0- 3- 0- 7/ 10

1~5番人気で過去10年7勝。アイビスサマーダッシュの勝利というのは人気サイドからというのが目立ちます。特に、1番人気の過去10年6勝というのは断トツの数字で、1番人気の信頼度はかなりのものとなっています。これはアイビスサマーダッシュが新潟1000メートルという特殊な舞台で行われるからでしょうね。新潟1000メートルというのは、人間で言うところの100メートル走。スタミナがどうかとか、展開がどうとかという感じにはならず、脚が速い馬が勝つという単純な勝負になりやすいからでしょう。紛れが起こりづらいということです。さらに、ネタバレにはなってしまうのですが、あまりに新潟1000メートルは外枠有利というのが知れ渡っているからだと思います。外枠に入った、脚の速い馬が1番人気になって、しっかり人気に応える。これがアイビスサマーダッシュというレースなのではないかと思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0-17/17
2枠 2- 1- 2-12/17
3枠 0- 0- 0-17/17
4枠 1- 1- 0-18/20
5枠 1- 1- 1-17/20
6枠 0- 3- 2-15/20
7枠 1- 1- 5-17/24
8枠 5- 3- 0-16/24

人気データでも言ったように外枠有利です。これは言うまでもなく皆さん、ご存知ですよね。外枠有利の理由について軽く触れておこうと思うのですが、新潟1000メートルは直線での競馬になりますので、コーナーを回る必要がないですから、内枠だろうと外枠だろうと物理的に走る距離は変わりません。普通に考えるならば内枠と外枠に差はありません。ただ、馬場の良し悪しの分だけ、外枠が有利になるという形です。外側の馬場というのは1000メートル以外ではまったくと言っていいほど使われることのない場所ですから、常に馬場コンディションが完璧に近い状態になっているのです。内側はたとえ開幕週だろうと、土曜、日曜と他のレースで使っているので、外側と比べるとどうしても微妙なコンディションになってしまうわけです。アイビスサマーダッシュに限らず、新潟1000メートルはとにかく外枠有利ということでお願いします。

種牡馬

種牡馬 着別度数
サクラバクシンオー 3- 1- 1-11/16
ファルブラヴ 1- 1- 1- 2/ 5
クロフネ 1- 0- 2- 3/ 6
アドマイヤムーン 1- 0- 1- 3/ 5
スウェプトオーヴァーボード 1- 0- 0- 7/ 8
メイショウボーラー 1- 0- 0- 3/ 4
キングヘイロー 1- 0- 0- 3/ 4
スキャン 1- 0- 0- 0/ 1

こちらは過去10年の勝ち馬の種牡馬一覧です。これから分かるのは父サンデー系という馬が過去10年で一度も勝っていないということです。日本の芝では圧倒的な勢力を誇っているサンデー系ですが、このアイビスサマーダッシュにおいては、その力を発揮することができていません。これはやはりサンデー系特有の瞬発力というよりも、スピードの持続力。より短距離的な血統の活躍が目立ちます。新潟1000メートルという特殊な舞台になりますから、ここではサンデー系というよりは、日本の芝中距離ではあまり聞かないような種牡馬の馬に注目です。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

ライオンボス【B
美浦 P 良 7月24日(水)
69.2-53.3-38.3-12.5 馬なり
最終、1週前、中間、どこを見渡しても目立った時計はありませんが、この馬はそんなに調教駆けするタイプではありません。動きは悪くはありませんでしたし、時計云々という心配はあまり必要ないかなと思います。ただ、やはりこの馬で気になるのは最終追い切りがポリトラックということ。新潟芝1000メートルを使った近2走は、最終追い切り坂路というのがパターンだっただけに、これはどうでしょうか。南W閉鎖の影響もあって仕方ないといえば仕方ないのかもしれませんが、近2走と違う調教パターンを踏んできたというのは引っかかるところです。前走からそこまで上積みがあるようにも感じませんでしたし、さらなる相手強化でどこまでという感じでしょうか。まぁオッズ次第というのが本音ですが、個人的には食指が進む馬ではありませんね。

ダイメイプリンセス【A
栗東 坂路 重 7月24日(水)
51.7-37.7-24.7-12.5 終い強め
この馬が夏にしか走らない夏馬というのは有名な話しですが、その評判どおりに夏になって状態を挙げてきた感じがあります。雨の影響で馬場が重くなっていたことも考えると坂路51.7秒というのは素晴らしい時計だと思います。最終、1週前ともに文句なしと言ってもいい水準にあります。昨年同様の走りに期待できるのではないでしょうか。あとは昨年から斤量1キロ増、相手関係が変化でどこまでやれるかだと思います。さらにこの馬の好材料として挙げておきたいのが、鞍上のMデムーロ騎手。この馬が所属する森田厩舎というのは、1番の勝負馬にMデムーロ騎手を配してくる傾向にあります。同厩舎のラブカンプーも出走してきますが、勝負気配としてはこちらの方が上でしょう。新潟芝1000メートルといえば、西田騎手がうまいというのは競馬ファンの間では通説ですが、実はMデムーロ騎手も隠れた新潟芝1000メートル巧者です。過去3年で勝率、複勝率トップはともにMデムーロ騎手で、過去3年の騎乗回数6回に対して、馬券圏内を外したのは1度だけというハイアベレージを誇っています。最近は不調と言われているMデムーロ騎手ですが、ここは人馬ともに巻き返しに期待できる場面ではないかと思います。

ラブカンプー【C
栗東 坂路 重 7月24日(水)
53.1-38.8-25.6-13.2 一杯
先程、名前を挙げたダイメイプリンセスに併せ馬で大きく遅れました。ただ、この馬が調教が微妙なのはいつもことなので、併せ馬の遅れに関してはそんなにマイナス材料になりません。しかし、やはり調教時計というのは昨年のこのレースの時と比べると一息と言わざるを得ません。今年は最終坂路53.1秒、終い13.2秒。1週前坂路55.4秒、終い12.7秒という感じ。それに対して、昨年は最終坂路52.5秒、終い12.6秒。1週前坂路54.4秒、終い12.6秒という感じですからね。今年も一杯に追われましたが、昨年と比べると時計が物足りないのは否めません。近走の大敗を見ても、正直、この馬のピークは過ぎてしまったのかなと思ってしまいます。鞍上もMデムーロ騎手ではなく、石橋騎手というところを見ても、陣営的には今ひとつかなと感じているのではでしょうか。

最終予想

◎と〇をYoutubeにて紹介していますので良かったらぜひ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.