2019年競馬予想記事

【阪神大賞典2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回は阪神大賞典予想となります。

今週末は阪神競馬場にて阪神大賞典が行われます。前日段階での1番人気はシャケトラ。長期休養明けとなった前走を快勝。これから競馬界で存在感を示しそうなフィエールマンを抑えての勝利は価値のあるものだったと思います。まぁ、そもそもこの馬はあのキタサンブラックやサトノクラウンなどと、互角に渡り合っていた馬ですからね。前走が過小評価すぎたというのもあると思いますw 今年はやや手薄なメンバーになった印象ですから、ここで1番人気に推されるのも納得かなと。相手候補筆頭と目されているのがリッジマン。こちらはステイヤー路線で頭角を現した新星という感じで、次世代のアルバート、フェイムゲームになると言われている馬です。今年は中距離路線からの強敵というのは皆無といっていいほどで、ほとんどがステイヤーという顔ぶれになりました。となれば次世代のステイヤー王者のこの馬が2番人気になるのも納得ですよね。さぁ、ここはシャケトラvsリッジマンという感じになりそうな感じがしますが、果たして勝つのはどちらか。中距離vs長距離。距離の壁を越えた、熱い一戦が見られそうです。というわけで阪神大賞典予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



阪神大賞典 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回の阪神大賞典を見ていきますね。

枠順

まずは、阪神大賞典の枠順を見てきましょうか。

 1- 1ロードヴァンドール
 2- 2リッジマン
 3- 3ケントオー
 4- 4ステイインシアトル
 5- 5サイモンラムセス
 6- 6ソールインパクト
 6- 7カフジプリンス
 7- 8ヴォージュ
 7- 9アドマイヤエイカン
 8-10シャケトラ
 8-11コルコバード

有力馬は2枠2番リッジマン、8枠10番シャケトラ、8枠11番コルコバードといったところ。有力馬は内と外に分かれるような形になりましたね。阪神大賞典は大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 2- 0- 1- 7/10
2枠 0- 2- 2- 6/10
3枠 1- 1- 1- 9/12
4枠 0- 1- 1-10/12
5枠 0- 0- 1-13/14
6枠 2- 4- 1- 9/16
7枠 2- 0- 2-13/17
8枠 3- 2- 1-14/20

次の項では枠順データの他にも、阪神大賞典の過去データを見ていこうかなと思いま

過去データ分析

今回は、過去10年間のデータから要注目のデータをいくつか参照しておきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 5- 2- 2- 1/ 10
2番人気 1- 1- 1- 7/ 10
3番人気 3- 1- 2- 4/ 10
4番人気 0- 3- 1- 6/ 10
5番人気 1- 1- 3- 5/ 10

1~5番人気で過去10年10勝。1番人気も複勝率90%ということで、阪神大賞典はとにかく堅い決着になるレースなのです。この阪神大賞典はその距離から、少頭数になりやすい傾向にあります。さらに、同じ長丁場の一戦である万葉ステークスやダイヤモンドステークスはハンデ戦でしたが、この阪神大賞典は別定戦。少頭数なども相まって紛れが少なく、各馬のスタミナ・競争能力がストレートに反映されやすいのです。ここでは上位人気に支持されるような、強い馬を重視するべきでしょう。

上り

上り 着別度数
3F 1位 6- 3- 2- 0/ 11
3F 2位 3- 3- 1- 2/ 9
3F 3位 1- 3- 2- 4/ 10
3F ~5位 0- 0- 5- 16/ 21
3F 6位~ 0- 1- 0- 58/ 59

こちらの阪神大賞典の上がりのデータです。上がり3位以内の馬が過去10年10勝と圧巻の成績を残しています。阪神大賞典は末脚上位の馬が、馬券県内を独占するレースといっても過言ではありません。なので、先行して脚を溜めていた馬、道中は後方待機で、勝負どころで捲っていく馬の好走が目立つのです。逃げ馬の過去10年連対なしというのは、ここから来ているのです。この阪神大賞典では、速い上がりが使えそうな馬から買うというのが、的中への近道なのです。

前走騎手

前走騎手 着別度数
◆同騎手 6- 6- 5-20/37
◆乗替り 4- 4- 5-61/74

最後に前走騎手のデータ。今回乗り替わりになった馬は継続騎乗に比べて、3分の1ほどの好走率しかありません。これは同日に行われるスプリングステークスとの兼ね合いでしょうね。春G1を見据える有力馬と、春クラシックを見据える有力馬。これらが同日に出てくるわけですから、リーディング上位の騎手は引っ張りだこです。阪神大賞典は強い馬が結果を出すレースという話しはしてきましたが、そんな中で騎手から継続騎乗を勝ち取った馬というのは、騎手からの評価が高い、まさに強い馬です。それに長丁場の一戦は折り合いが何より重要ですからね。乗り慣れた騎手の方がいいに決まっています。ここでは継続騎乗となった馬に注目してみるのが、面白いのではないかと思いますね。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

シャケトラ【
栗東 CW 重 3月13日(水)
84.5-67.9-53.2-38.1-11.7 馬なり
長期休養明けを叩いて、大幅な上積み…には、そこまで期待できなさそうです。前走同様の好調キープという感じに思えました。これは考えると、本当にノーザンファームの調整力はすごいなと思わされます。どんなに大きなブランクがあっても、しっかり仕上げていたわけですからね。前走でフィエールマンなどに先着していることから、ここでの能力上位は間違いないでしょう。ただ、この馬で気になるのは距離。古い話しになりますが、天皇賞春では3番人気→9着と凡走しています。やはり根本的には中距離までの馬なのだと思います。ここは能力で距離適性をどこまでカバーできるかという感じだと思います。おそらく圧倒的な1番人気が予想されますが、それならば僕は軽視したいかなというのが結論ですかね。

リッジマン【
栗東 CW 重 3月13日(水)
51.2-37.1-12.4 馬なり
最終CWを馬なりで半マイル追い→一週前CWを一杯で長めにというのはステイヤーズステークスと同じパターン。この時と比較して、何ら遜色ない仕上がりです。好仕上がりといっていいでしょう。前走の有馬記念は時計、動きともに物足りない感じでしたから、前走からの上積みは間違いないはず。2600メートル以上の距離では4-3-0-1という圧倒的な数字を残していますから、長距離適正は言わずもがな。今年のメンバーなら適正、能力上位なのは間違いないと思います。この仕上がりならば、上位争い必至なのではないかと思います。

コルコバード【
美浦 南W 良 3月13日(水)
55.9-40.2-13.0 馬なり
あまり調教ではよく見せない馬。ゆったりとした走りが特徴的な馬に思えます。それだけに長距離への適正というのは高そうです。あのアルバートやフェイムゲームなど、生粋のステイヤーたちも調教ではそんな感じでしたからね。それを考えると、逆に条件戦時代などは、よく中距離で頑張っていたなと思わされます。これはこの馬の秘めているポテンシャルが高い証拠なのではないでしょうか。陣営がMデムーロ騎手を配してきたことを考えても、ここはこの馬にとって勝負の一戦なのではないでしょうか。リッジマンとは丹頂ステークスで0.2秒差。しかもその時はリッジマンが斤量52キロ、コルコバードが斤量53キロ。今回は斤量関係が逆転します。これはチャンス大の一戦となるのではないでしょうか。

最終予想

今回の予想では◎のみの、ご紹介とさせてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中

ここは思ったより人気がないので、この馬から入ろうと思います。確かにシャケトラは能力的に上位ですが、3000メートルへの対応については未知数。むしろ天皇賞春での凡走を考えると、この距離はこなせないと考えるほうが普通です。それなのに圧倒的な1番人気。この馬から入る妙味はどこにもないと思います。それに対して、この馬は調教や3走前を見る限りでは、この距離は問題なし。むしろ歓迎まであります。3走前の走りと斤量の比較を考えると、ここでも十分に勝ち負けになるはずです。鞍上強化で勝負気配も感じさせますし、ここはこの馬から入るというのが最も美味しいのではないかと思います。

アギョウ
◎以外の印や買い目などは中央競馬プレミアムからどうぞ!

スプリングステークスの最終予想はYoutubeで行っているので、良かったらどうぞ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.