2018年競馬予想記事

【白山大賞典2018】予想と追い切り診断

更新日:

今回は白山大賞典予想となります。

どうも、競馬生活者アギョウです。

台風の影響で中央競馬は実質の3日間開催。今週は白山大賞典に日本テレビ盃など地方交流重賞も目白押しです。秋G1も始まり、いよいよ競馬に忙しい季節になってきました。さて白山大賞典ということですが、今年はグリム&ドンフォルティスの有力3歳馬が参戦。先日はオメガパフュームが古馬たちを抑えての重賞制覇ということで、今年の3歳ダート牡馬たちはダート界の勢力図を大きく変えるだけの力を秘めていそうです。オメガパフュームに続いて、グリムもしくはドンフォルティスが世代交代を成し遂げるのでしょうか。それとも古豪のミツバなのでしょうか。今後に向けて注目の一戦です!それでは白山大賞典予想に入っていきましょうか。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



白山大賞典 枠順とデータ

こちらが白山大賞典の枠順となります。

有力馬たちの配置は、

5枠5番 カツゲキキトキト
6枠6番 ミツバ
7枠8番 センテリュオン
7枠9番 ドンフォルティス
8枠11番 グリム

という感じになりました。

有力馬たちは内と外。二つに分かれた感じでしょうか。
金沢2100メートルはやや外枠有利の傾向があるだけに、これはどうか。


(金沢2100メートルの枠順別データ。集計期間2015年1月1日~2018年1月1日)

しかし、まだ断定はできません。

各馬には、枠の得手不得手というものがあります。
この馬は内枠の方が、外枠の方がいいという、個別スキルのようなものですね。

外枠有利が通説ですが、人気馬たちは枠順的にどうなのでしょうか。

通説通り、外枠の方が良かったのでしょうか。
はたまた傾向とは別に、内枠が良かったのでしょうか。

この辺を人気馬を個別に見ていくことで、解き明かしていきたいと思います。

スポンサーリンク

白山大賞典 有力馬診断(追い切り診断)

・カツゲキキトキト
言わずと知れた地方の大将格。地方では無類の強さを誇っています。昨年は地方交流重賞でも馬券圏内に突っ込んでくるなど中央馬相手にも引けをとっていないところがありましたが、今年は交流重賞で結果を出していない。昨年の充実期からはやや下降気味か。前走も前が止まらない馬場とはいえ、逃げ馬に引き離されるばかりでしたからね。ただこの馬の武器はスタミナなので、前走のようなスピードが問われるとあのようになってしまうのかもしれません。中央馬相手にこの馬が勝ち目があるとすれば消耗戦。とにかくスタミナが必要となるレースにならなければなりません。おそらく今回の白山大賞典は台風の影響で、軽い馬場での競馬になるはず。前走のようにある程度のスピードが必要となりそうです。この馬にとってはベスト条件とは行きません追い切りも現状維持に努めるという感じで、上積みはなさそうですし…。

・ミツバ
近走は堅実な走りで、常に上位争いを繰り広げてくれます。前走も絶望的な位置取りから一頭だけ追い込んできていました。中央、地方、良馬場、不良馬場など条件を問わないタイプ。追い切りからも上々の仕上がりという感じですから、ここでも好勝負必至かと思います。問題は対戦未経験の3歳組との力関係ですが、今のダート界を引っ張る一頭としては情けない走りは見せられないところ。この馬には申し訳ないですが、3歳馬たちの実力を測るいい物差しになってくれると思います。軸としては最適な一等なのかなというのが個人的な見解ですね。

・センテリュオン
この馬も堅実な走りをするタイプの馬で、個人的にはミツバと同じようなタイプかなと思っています。追い切りもいつも通りの感じで、休み明けでも悪くない仕上がりにはありそうです。ただこの馬には一つ弱点があります。本格化したと思われる4歳(2016年)から掲示板を外したのは二回。それは阪神と新潟での開催でのものでした。この馬も好走は中山、東京に集中しています。陣営が関東圏にこだわって使っていることからも輸送が駄目なタイプなのではないでしょうか。今回は金沢ということでここだけが心配材料。パドックで様子や馬体重の増減など、当日の状態には注意を払う必要がありそうです。

・ドンフォルティス
2歳時はルヴァンスレーヴとともに今後のダート界を背負っていく逸材として注目されていましたが、近走はやや不甲斐ない結果に終わっている印象。陣営もその点を考慮してか最終追い切りを坂路→CWに切り替えてきました。この調教パターンの変化がうまく嵌ればいいのですが…。動きは上々で復活の可能性があっても良さそうでした。前走はまだ許容範囲でしたが、前々走の走りは頂けない。明らかに距離が長かったという感じで、伸びあぐねている印象でした。休み明け影響ももちろんあったのでしょうが、1800メートルまでがこの馬の守備範囲か。今回は2100メートルということで前々走よりも距離が延びるというのはマイナス材料です。雨との兼ね合いと、斥量52キロをどこまで活かせるかといったところでしょう。

・グリム
自分の走りができた時は強い馬。それは前走で証明されたと思います。大外枠を引けた今回は自分の競馬ができるはずでしょうから、ここでも力は出せると思います。この馬も問題は距離と地方の馬場への対応。父ゼンノロブロイ母父サクラバクシンオーということで芝短距離を走っていてもおかしくないような血統です。現にこの馬のデビュー戦は芝1200メートルですからね。血統的なことを考えれば地方の、それも2100メートルという距離はこなせると思えないのですが…。ただ前走も距離がどうかな?と思っていましたが、こなして見せたので距離は大丈夫だと仮定しておきます。斥量の恩恵もあるでしょうしね。ただ中央のダート→地方のダートというのはマイナスのはず。どちちからというとスピード系のダート馬のはずですからね。それを雨でどこまでカバーできるかといった感じ。試金石となりそうな一戦ですが、重視するのはどうかな?というのが個人的な見立てです。

以上が、白山大賞典の有力馬たちの有力馬診断となります。

ここから先は、いよいよ最終予想へ入っていきたいと思います!

スポンサーリンク

白山大賞典 予想

今回の予想では◎~★まで、すべての印を紹介させてもらいます。

ミツバ
人気ブログランキングにて公開中
▲グリム
★カツゲキキトキト
△センテリュオ
△マイネルバサラ

白山大賞典の印馬解説と買い目は地方競馬メルマガで配信予定ですが、こちらの方でも公開しています。非会員の皆様はこちらのURLからどうぞ。買い方に一工夫入れています。

これを機に地方競馬メルマガ会員に、ご興味を持ってくださった方はコチラからどうぞ。

≪PR≫隙間時間で!血統を勉強するなら競馬ゲームアプリ

ダービーインパクトは騎手・馬・レース場全て実名であるのはもちろん、フル3Dグラフィックのレースシーンは熱狂もの!アプリ内で実際の競馬と合わせたレース予想イベントや、『先行』や『逃げ』などの脚質に合わせたレース予想が学べるのがおすすめポイント!血統の奥深さを楽しみながら、自分だけの最強馬でG1・地方レース・海外レースを制しましょう!

さらに今なら新人オーナーログインプレゼントを実施中。有名騎手や有名馬が手に入ります!

詳細は下記のリンクからどうぞ。

ダービーインパクト

ダービーインパクト
開発元:Ateam Inc.
無料
posted withアプリーチ
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
競馬生活者アギョウ

競馬生活者アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2018年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2018 All Rights Reserved.