2019年競馬予想記事

【函館記念2019】過去データ・傾向

更新日:

今回は函館記念過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



函館記念 過去データ分析

今回は2009年は札幌での開催だったため、過去9年間データから人気・年齢・枠順・脚質の基本データに加えて、前走着順・前走レース・前走頭数・種牡馬・母父馬のデータを見ていくことで、今回の函館記念で高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

函館記念 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 0- 1- 0- 8/ 9
2番人気 2- 0- 0- 7/ 9
3番人気 3- 0- 0- 6/ 9
4番人気 2- 0- 0- 7/ 9
5番人気 2- 0- 1- 6/ 9

1~5番人気で過去9年9勝。勝利は人気サイドからというのが目立ちます。ただ、1番人気の複勝率11.1%を始めとして、複勝率に関してはかなりの低水準となっています。函館記念はヒモ荒れに期待できるレースと見て間違いないでしょう。夏のハンデ重賞らしいレースと言ってもいいですね。これはハンデ戦ということもそうですが、この函館記念の大きな特徴として挙げられるのがフルゲートになりやすいということ。過去9年でフルゲートにならなかったのは昨年のみ。その昨年も15頭立てと準フルゲートみたいな感じでした。函館記念が行われる、函館競馬場は超小回りといってもいいコースですから、その上にフルゲートとなれば、馬群はかなりごちゃつきやすいというのは想像に難くないと思います。ハンデでただでさえ荒れるのに、ごちゃついて能力を出し切ることができずに終了という馬が多いのも、この函館記念が荒れる原因でしょう。

年齢

年齢 着別度数
3歳 0- 0- 1- 2/ 3
4歳 1- 3- 0- 8/ 12
5歳 3- 0- 4- 28/ 35
6歳 2- 1- 3- 38/ 44
7歳 2- 3- 0- 20/ 25
8歳 1- 1- 1- 11/ 14

普段のレースならば、あまり台頭の余地がない高齢馬でも頑張れています。これは高齢馬は軽ハンデになりやすいこと、そして先程も言ったごちゃつきやすいということが関係しているのでしょう。高齢馬はもれなくキャリア豊富ですから、多少のごちゃつきでは怯みません。高齢馬は確かに身体能力的に厳しいですが、それをまず軽ハンデでカバー。そしてキャリアの多さをアドバンテージにして、高齢馬は頑張っているのではないでしょうか。高齢馬だからと言って割引の必要はありません

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 1- 2-14/17
2枠 3- 3- 1-11/18
3枠 3- 0- 0-15/18
4枠 2- 2- 1-13/18
5枠 0- 1- 1-16/18
6枠 1- 1- 0-16/18
7枠 0- 1- 1-16/18
8枠 0- 0- 3-15/18

1~3枠で過去9年6勝、それに対して6~8枠は過去9年1勝という有様。内枠有利、外枠不利と見ていいでしょう。これもこれまでの話しを鑑みれば、理由は自ずと見えてきます。フルゲート16頭になりやすいレースですから、大外枠というのは走る距離のロスがどうしても大きくなってしまいます。函館競馬場はもう開幕後半ですが、この函館記念に限っては内枠有利、外枠不利が顕著だよということを覚えておいてください。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 2- 0- 1- 6/ 9
先行 4- 5- 4- 18/ 31
中団 2- 4- 3- 47/ 56
後方 0- 0- 1- 44/ 45
マクリ 1- 0- 0- 1/ 2

過去9年で後継ラップになったのは去年のみ。それ以外はすべて前傾ラップというハイペース必至のレースとなっています。ただ、その割には逃げ先行馬も粘っている印象で、過去9年6勝というのはまずまずの水準です。これもフルゲートになりやすいというのが関係していると見ていて、たとえ逃げ先行馬が最後の直線でバテたとしても、差し馬たちは捌きれずに末脚不発。大外一気というのも全場で最も決まりにくいコースになっていますから、バテバテになった逃げ先行馬でも、なんとか粘り込めるみたいな感じなのでしょうね。ハイペースになるから差しが決まるよというレースではないよということでお願いします。逃げ先行馬が有利ということでいいと思います。

函館記念 消去法データ

ここからは消去法データ。今回の函館記念で過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走6着 1- 2- 1- 3/ 7
前走7着 0- 1- 0- 14/ 15
前走8着 0- 1- 1- 2/ 4
前走9着 0- 0- 0- 9/ 9
前走10着 0- 1- 1- 7/ 9

前走7着以下という馬(エアスピネル、ポポカテペトルなど)は過去9年で勝ったことがありません。いくら函館記念が紛れるレースだとはいえ、最低でも前走6着を確保しているくらいの能力を見せている必要があります。たとえ前走がG1などの格式の高いレースでも、G1に出走するような馬には、それなりのハンデを背負うことになりますから、前走クラスが~というのはあまり関係ないと思います。とにかく、ここでは前走7着以下になるような馬では、ハンデ戦でも能力的に厳しくなっています。

前走レース

前走レース名 着別度数
目黒記念HG2 3- 0- 0- 8/11
エプソムG3 2- 1- 1- 7/11
新潟大賞HG3 1- 1- 1- 4/ 7
金鯱賞G2 1- 0- 1- 1/ 3
鳴尾記念G3 1- 0- 0- 7/ 8
福島テレ 1- 0- 0- 1/ 2
巴賞 0- 3- 2-37/42

前走巴賞という馬(マイスタイル、アメリカズカップなど)は過去9年で勝ったことがありません。前走巴賞という馬は2018年ブレスジャーニー、2017年サトノアレス、2016年レッドレイヴンなど上位人気に支持されては馬券圏外というのを繰り返しています。逆に前走巴賞からで馬券になる馬というのは、ほとんどが人気薄という感じです。巴賞から函館記念は中1週しかないわけですから、巴賞で激走した馬というのは反動が残るという感じなのではないでしょうか。逆に、巴賞で凡走したおかげで人気落ちした馬(巴賞であんまり競馬をしていない馬)というのが、叩き2走目の上積みで馬券圏内に突っ込んでくるという感じなのでしょう。それでも2,3着が限界ということですから、ここでは函館記念への王道ローテーションである、前走巴賞という馬は割引が必要なのではないでしょうか。

前走頭数

前走頭数 着別度数
8頭立 0- 0- 0- 9/ 9
9頭立 0- 0- 0- 7/ 7
10頭立 0- 1- 0- 8/ 9
11頭立 1- 1- 1-16/19

ここまで何度もキーワードとして登場した頭数についての話しをしておこうと思います。前走10頭立て以下という馬は過去9年で勝ったことがありません。前走少頭数からフルゲートという臨戦過程では、馬にかかるストレスというのが大きいのでしょうね。前走でも多頭数でしっかり揉まれてきた馬というのが、ここでは好走する傾向にあります。前走15頭以上の馬で過去9年8勝という感じですから、データとして顕著に出ています。やはりここでは頭数というのが大きな予想ファクターとなりそうです。前走が10頭立て以下の少頭数だった馬(ブラックバゴなど)は、この函館記念で好走するのが難しくなってきます。

前走頭数 着別度数
6~ 8頭 0- 0- 0- 9/ 9
9~11頭 1- 2- 1-31/35
12~14頭 0- 1- 3-20/24
15~ 8- 6- 5-56/75

種牡馬

種牡馬 着別度数
ロイヤルチャージャー系 5- 7- 6-72/90
ニアークティック系 2- 1- 0-16/19
ナスルーラ系 2- 0- 0-13/15
ネイティヴダンサー系 0- 1- 3-15/19

父ネイティヴダンサー系というのは過去9年で勝ったことがありません。父ネイティヴダンサー系というのは日本では主にキングカメハメハの系統か、ダート短距離についてフォーティナイナー系です。フォーティナイナー系が芝の中距離で厳しいというのは言わずもがなだと思います。キングカメハメハの系統の特徴として挙げられるのが、小回りコースで好走率が下がること、夏が得意ではない傾向にあるという点です。まず前者ですが、キングカメハメハがディープと並んでの主流血統に上り詰めたのは、一重に東京競馬場などの広いコースに強いという特徴があるからです。ダービーを勝てる血統といえば分かりやすいでしょうか。そちらに適正が傾いている分、小回りコースへの適正は微妙という感じです。後者についてはキングカメハメハ自体が大型馬だったということもあり、産駒も大きい馬が多めです。言い方は悪いですが、デブは暑さに弱い。人間に置き換えれば分かりやすいですよね。馬でも同じことが言えるようです。様々な理由は考えられますが、とにかくネイティヴダンサー系は過去9年で勝ったことがないよということでお願いします。

母父馬

母父馬 着別度数
ロイヤルチャージャー系 5- 2- 4-34/45
ニアークティック系 2- 5- 5-45/57
ナスルーラ系 1- 1- 0-18/20
トゥルビヨン系 1- 0- 0- 2/ 3
その他のエクリプス系 0- 1- 0- 1/ 2
ネイティヴダンサー系 0- 0- 0-13/13

さらに、母父馬においてもネイティヴダンサー系は勝ったことがありません。理由は種牡馬と同様。種牡馬のデータと合わせると父もしくは母父馬がネイティヴダンサー系という馬(ステイフーリッシュ、ゴールドギアなど)は割引が必要なのではないでしょうか。

まとめ

推奨馬はYoutubeで公開中です。良かったら見てください!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.