2019年競馬予想記事

【函館2歳ステークス2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回は函館2歳ステークス予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



函館2歳ステークス 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回の函館2歳ステークスを見ていきますね。

枠順

まずは、函館2歳ステークスの枠順を見てきましょうか。

 1- 1ビアンフェ
 1- 2ヤマメ
 2- 3レッドヴェイパー
 2- 4リュウノゲキリン
 3- 5タイセイビジョン
 3- 6パフェムリ
 4- 7メイショウナバワン
 4- 8プリンスリターン
 5- 9マンバー
 5-10バブルガムダンサー
 6-11スマートカーリー
 6-12アザワク
 7-13プリモジョーカー
 7-14イーサンティラノ
 8-15ブルーパピヨン
 8-16ゴッドスター

有力馬は2枠3番レッドヴェイパー、3枠5番タイセイビジョン、6枠11番スマートカーリーといったところ。有力馬は内と外に、綺麗に分かれるような形になりましたね。函館2歳ステークスは大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 1- 2- 0-13/16
2枠 0- 0- 2-14/16
3枠 1- 3- 3- 9/16
4枠 0- 1- 1-16/18
5枠 2- 1- 0-15/18
6枠 4- 1- 1-12/18
7枠 0- 1- 0-16/17
8枠 1- 0- 2-15/18

次は枠順データの他にも、函館2歳ステークスの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ分析

今回は2009年が札幌での開催だったため、過去9年間のデータから要注目のデータをいくつか参照していきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 3- 2- 0- 4/ 9
2番人気 4- 0- 2- 3/ 9
3番人気 1- 1- 2- 5/ 9
4番人気 1- 0- 2- 6/ 9
5番人気 0- 2- 0- 7/ 9

1~4番人気で過去9年9勝。勝ち馬は人気サイドからというのが目立ちます。やはり、この時期の2歳戦というのは、とにかく力量の差がモノを言うところがあり、この後も重賞でも活躍できる馬と、この後は一生、条件戦に留まる馬とが、一緒に走るわけですから、当然といえば当然の傾向です。ここは素直に馬の能力を評価の一戦でいいのではないかと思います。

性別

性別 着別度数
牡・セン 5- 3- 5- 60/ 73
4- 6- 4- 50/ 64

牡馬と牝馬による差はないと見ていいでしょう。この時期の馬たちは人間でいえば、まだ小学校低学年。小学校低学年では、男子と同等に渡り合う女子というのがいますよね。それと同じことです。それにスプリント重賞のたびに言っているのですが、スプリント戦というのはスピードだけでも押し切れるようなところがありますから、パワーやスタミナでは、どうしても馬格的に劣る牝馬でも、なんとかなってしまうところがあります。様々な理由は考えられますが、とりあえず牡馬と牝馬による差はないということでお願いします。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 0- 8/ 9
先行 3- 5- 4- 21/ 33
中団 3- 2- 5- 37/ 47
後方 2- 2- 0- 44/ 48

逃げ先行で過去9年4勝、差し追い込みで過去9年5勝。函館競馬場のスプリント戦ということを考えれば、差し追い込みがよく決まっている印象です。ここは逃げもしくは先行して勝ってきた馬が大半という組み合わせになることがほとんどですから、どの馬も当然、前に行こうとします。その結果としてハイペースに、差し有利の展開になるというわけです。ほとんどが逃げ先行で結果を残してきた馬たちばかりなので、どの馬が差しに回るのかというのは難しいところですが、ここでは差す競馬をしそうな馬に利があると思います。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

レッドヴェイパー【A
函館 W 良 7月17日(水)
69.0-53.2-38.9-12.1 馬なり
時計、動きともに好内容。1度使った効果は十分で、前走からの上積みは十分でしょう。そもそも前走は例の薬物事件のせいで、出走が1週間ずれての出走で、そのせいで調教内容はどうかなという感じだったんですよね。その中でも3着馬を大きく引き離しての快勝ということですから、この馬の非凡な素質は十分に見せつけた一戦だったと思います。このメンバーに入っても間違いなく素質上位の存在だと思います。もしかしたら藤岡佑介騎手からの乗り替わりを気にしている人がいるかもしれませんが、この馬は元々、北村友一騎手で新馬戦を使う予定でした。しかしそれが先程も言った、例の薬物事件のせいで出走が、宝塚記念と同日にスライド。北村友一騎手は宝塚記念にアルアインというお手馬がいましたから、泣く泣くそちらの方へ行ったという形だったと思います。前走の藤岡佑介騎手の騎乗はいわば代打騎乗のようなもので、この馬は主戦は北村友一騎手です。なので、この乗り替わりを気にする必要はないでしょう。藤岡佑介騎手が選んだとか、そんなのではありません。前走のレベル高さは、僕が言わなくてもご存知だと思いますし、特にこの馬に関してはケチの付け所が見当たりません。キャリアの浅い馬なので何があるかは分かりませんが、普通に考えれば上位争いは必至だと思います。

タイセイビジョン【B
函館 W 良 7月17日(水)
69.5-53.5-38,9-12.6 一杯
新馬戦の前の調教で坂路50秒台をマークしていた素質馬です。その素質に違わず、新馬戦の勝ちっぷりは鮮やかでした。今回も一杯に追われる調教でしたが、坂路で出している時計を考えると、やや物足りないかなというところはあります。先程、名前を挙げたレッドヴェイパーには全体時計、終い1ハロンの時計ともに、こちらが一杯、あちらが馬なりで負けていますからね。状態は悪くないとは思いますが、函館1200メートルでの勝負となると、どうかなと思っているのが本音です。前走は阪神。得意であろう坂があるコースでした。それに対して、今回は平坦の函館ですからね。父タートルボウル、母父スペシャルウィークという血統面も、そんなスプリント血統ではありませんし、前走より追走が忙しくなるのも歓迎ではないと思います。ノーザンファームにルメール騎手ということで上位人気になるのでしょうが、個人的には馬自体はそんなに高い評価はできません。ルメール騎手の手綱捌きでどこまでという感じではないかと見ています。

スマートカーリー【B
函館 芝 良 7月17日(水)
65.1-50.2-37.3-12.0 馬なり
1週前に函館Wで全体67.5秒、終い12.7秒を馬なりでマーク。ここでも十分に通用するスピードは秘めていると思います。その後に2日置きに時計を出し、最終追い切りを芝で長めに。かなり順調に調整が進められているのではないでしょうか。ただ、前走も調教でよく動いていただけに、そんなに大きな上積みまではないように思えます。前走より少し上ぐらいでどこまでやれるかというように考えるのが無難かもしれません。その前走も前半34.1秒で逃げたのはいいですが、後半3ハロンが36.1秒は、良馬場にしては上がりが掛かったなという印象です。この馬と接戦だったマイルポストという馬が、次走の未勝利戦で、レッドヴェイパーに離された3着だったメイショウナバワンに負けるなど、前走のレベル自体にやや疑問が残るところがあります。スピードがあるのは間違いないと思いますが、スピードの持続力という点では疑問が残る馬です。おそらく、そのスピードから、ある程度は前に行くとは思いますが、同型との兼ね合いが鍵になりそうです。

最終予想

◎と〇をYoutubeにて紹介していますので良かったらぜひ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.