2019年競馬予想記事

【フィリーズレビュー2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回はフィリーズレビュー過去データ分析となります。

今週末は阪神競馬場にてフィリーズレビューが行われます。先週のチューリップ賞はダノンファンタジーが再三の不利を受けながらも、最後は力だけでねじ伏せる完勝劇でした。昨年の2歳王者は春クラシックへ向けて、万全の仕上がりといったところでしょうか。クイーン賞はクロノジェネシスとビーチサンバの一騎打ちでしたし、今年はそのまま阪神ジュベナイルフィリーズ組と、怪物グランアレグリアがそのまま有力馬となりそうですが、まだフィリーズレビューがあります。ここには阪神ジュベナイルフィリーズ組と未対戦の素質馬アウィルアウェイが出てきます。この馬はまったく底を見せていませんから、ここの活躍次第では一気にクラシックの有力候補になる可能性は秘めています。さぁ、春クラシックへ向けて新勢力は現れるのか。それともやっぱり阪神ジュベナイル組なのか。春クラシックを占う一戦フィリーズレビュー。今から非常に楽しみな一戦ですね!というわけでフィリーズレビュー過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



フィリーズレビュー 過去データ・傾向

今回は過去10年間のデータから人気・枠順・脚質の基本データに加えて、前走クラス・前走人気・前走着差・前走距離・前走3角位置・前走馬体重のデータを見ていくことで今回のフィリーズレビューで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 2- 3- 0- 5/ 10
2番人気 2- 1- 2- 5/ 10
3番人気 2- 1- 0- 7/ 10
4番人気 0- 1- 0- 9/ 10
5番人気 0- 0- 3- 7/ 10

1~5番人気で過去10年6勝。普通ならば高水準なのですが、クラシックの前哨戦としてはやや物足りません。先日行われたチューリップ賞は1~5番人気で過去10年9勝、弥生賞に至っては1~2番人気で過去4年4勝という感じでしたからね。昨年もリバティハイツが8番人気で勝利して、高配当を演出しました。何より素質がモノをいうこの時期のクラシック前哨戦で、なぜこのような傾向がみられるのか。それはこのフィリーズレビューが、これまでは問われることのなかった、とある適正を求められるからです。とある適正とは何なのかという話しは脚質データのところでするので、お楽しみに。まぁとにかくフィリーズレビューは荒れる余地もある、クラシック前哨戦であるということを覚えておいてください。

枠順

枠番 着別度数
1枠 2- 1- 1-16/20
2枠 2- 0- 1-17/20
3枠 1- 2- 1-16/20
4枠 1- 0- 1-18/20
5枠 1- 2- 2-15/20
6枠 1- 1- 0-18/20
7枠 0- 3- 3-18/24
8枠 2- 1- 1-20/24

これは大きな枠順傾向はないと見ていいでしょう。複勝率はどの枠順も20%前後で推移しています。フィリーズレビューでは枠順云々というのはあまり気にしなくていいでしょうね。それよりも次の脚質データで紹介する、とある適正をここでは重視するべきです。では、いよいよ脚質データに入っていきますか。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 1- 2- 7/ 10
先行 4- 2- 4- 27/ 37
中団 1- 6- 1- 57/ 65
後方 5- 1- 3- 46/ 55

1400メートルという短距離戦にも関わらず、逃げ馬が過去10年で勝ったことがありません。それどころか本来は不利のはずである後方の馬が過去10年5勝と、とにかく差し馬の台頭が目立つ結果になっています。これはフィリーズレビューがハイペースになりやすいということが大きく関係しています。近5年の前後半3ハロンの平均は34.3秒-35.6秒。1200メートルから参戦してきた馬たちが、速い流れを作りだすのです。その結果、後ろからの好走が目立つという感じなんですよね。しかし、ただ単に後ろからの馬がいいというわけではなく、このフィリーズレビューで強く問われるのはハイペースへの適正です。これまでどの馬も基本的にスローからの瞬発力勝負で勝ってきた馬たちばかり。しかし、ここでは後ろから瞬発力で勝負する馬というよりは、最後までバテない末脚を使えるタフな差し馬の好走が目立つのです。今回はそれまであまり問われなかった適正を求められるのです。だからフィリーズレビューは、他の前哨戦と比べて荒れる傾向にあるのでしょうね。ここではこれまでハイペースのレースを差して勝ってきた馬というのを重視するべきなのです。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回のフィリーズレビューで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走クラス

前走クラス 着別度数
新馬 0- 0- 0- 4/ 4
未勝利 0- 0- 0- 7/ 7

前走新馬もしくは未勝利という馬(スマイルスター、ノーワンなど)は過去10年で馬券になったことがありません。新馬戦や未勝利戦というのはスローからの瞬発力勝負になることが大多数です。スローペースしか経験していない馬が、このフィリーズレビューを制するというのは、なかなか困難です。ここではある程度のキャリアを積んだ、ハイペース経験のあるような馬がいいのです。

前走人気

前走人気 着別度数
前走1人気 3- 0- 2-15/20
前走2人気 2- 1- 0- 9/12
前走3人気 0- 1- 1- 6/ 8
前走4人気 0- 0- 0- 3/ 3

集計範囲:前走500万条件

前走500万条件で3番人気以下という馬(エイシンオズ、キュールミヤビなど)は過去10年で勝ったことがありません。いくらフィリーズレビューが荒れるレースだからといって、500万条件で2番人気以内に支持されないような馬は、素質的に足りません。前走500万条件組は、上位人気に支持されているような素質馬を重視するべきでしょうね。

前走着差

前走着差 着別度数
負0.1~0.2 0- 1- 0- 4/ 5
負0.3~0.5 1- 1- 0- 9/11
負0.6~0.9 0- 0- 0- 2/ 2
負1.0~1.9 0- 0- 0- 6/ 6

集計範囲:前走オープン特別

前走オープン特別で0.6秒以上負けてしまっている馬(アズマヘリテージなど)は過去10年で勝ったことがありません。こちらも先程の前走人気データと同様。前走オープン特別でもしっかり上位争いをしている馬から狙っていくべきでしょう。

前走着差 着別度数
負0.1~0.2 0- 0- 0- 5/ 5
負0.3~0.5 1- 2- 0- 5/ 8
負0.6~0.9 0- 0- 1- 8/ 9
負1.0~1.9 0- 0- 0- 2/ 2

集計範囲:前走G3

前走G3で0.6秒以上負けてしまっている馬(マジックリアリズムなど)というのは過去10年で勝ったことがありません。G3でも同じですね。いくらフィリーズレビューが前哨戦しては荒れるレースだとはいえ、むやみやたらの穴狙いは良くありませんね。

前走距離

前走平地距離 着別度数
同距離 3- 3- 4- 50/ 60
今回延長 0- 0- 0- 26/ 26
今回短縮 7- 7- 6- 62/ 82

今回距離延長となった馬(イベリス、エイティーンガールなど)というのは過去10年で馬券になったことがありません。ここでいう今回距離延長の馬というのは、前走1200メートルの馬です。フィリーズレビューはハイペースになりやすいという話しはしましたが、それに伴って1400メートルという距離以上のスタミナが必要になってきます。ここではスプリンターというよりは、マイラー気質も馬を重視するべきではないでしょうか。

前走3角位置

前走3角 着別度数
3角1番手 0- 1- 0- 9/10
2番手以内 0- 1- 1-14/16
3番手以内 0- 2- 1-18/21

集計範囲・前走1400メートル

前走1400メートルで3角3番手以内という馬(ジュランビル、レッドアネモスなど)は過去10年で勝ったことがありません。前走1400メートルである程度、前に行っている馬はここでも前に行く可能性というのが高く、激流ともいえるペースに巻き込まれてしまいます。ここでは展開的に厳しくなってしまうということですね。ここでは基本的に後ろから行きそうな馬から買うべきでしょうね。

前走馬体重

前走馬体重 着別度数
~399kg 0- 0- 0- 1/ 1
400~419kg 0- 1- 3- 6/ 10
420~439kg 0- 4- 2- 28/ 34
440~459kg 2- 2- 2- 50/ 56

最後に前走馬体重のデータ。フィリーズレビューはハイペースになりやすいという話しは、これまで何度もしてきましたが、そのハイペースの中、最後に阪神の急坂を登らなくてはなりません。そうなると小柄な馬というのは、最後の坂で完全に止まってしまいます。ここでは前走馬体重440キロ以上、最低でも標準的な馬格がある馬でなければ、パワーやスタミナが足りないということですね。ここでは前走馬体重439キロ以下の馬(プールヴィル、ココフィーユなど)というのを、軽視するのがいいのではないでしょうか。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは3頭。今回はその中からハイペース適正、スプリンターよりマイラー気質の馬がいいというデータに注目してこの馬を選ばさせてもらいました。まず、アウィルアウェイについて話しておくと、この馬はデビューからスローペースの瞬発力勝負しか経験していません。特に前走なんかはスーパースローペースでしたよね。切れ脚が申し分ないことは認めますが、このハイペースになったときに脚を溜めることができるかは未知数です。休み明けですし、追走で手一杯になるというケースも十分に考えられます。ホウオウカトリーヌについては、前走こそスローペースだったので、なんとか距離を誤魔化すことができましたが、本質的にはスプリンターでしょう。この馬もハイペースになったときに最後の最後で甘くなってしまいそうな感じがします。そんな中でこの馬はハイペースをすでに経験済み。新馬戦は負けてこそしまいましたが33.9-35.7という、かなりのハイペースを2番手追走。そのまま2着に残っただから大したものです。ハイペース適正はかなりのものだと思いますね。さらにこの時3着だった馬がすでに重賞でも結果を残しており、レベル的にも高かったはずです。そのあとは1400メートルを差す競馬で楽勝が続いています。こんな馬が前評判の段階で5番人気ぐらいなのですから、これは狙わない手はないと思います。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・アウィルアウェイ、ホウオウカトリーヌ

アギョウ
最終的な予想は中央競馬プレミアムで公開します。ご興味がある方はぜひ!

競馬で勝ったときに読んでください

ここを読んでいるという競馬で勝ったんですね? おめでとうございます!
それじゃあ、ぱっーといきましょうか! さぁAmazonで欲しかったものを買いましょう!
また「お前の予想を参考にして当たったぞ!」っていうかたは、ぜひTwitterなどで的中報告を頂けると幸いです。
さらに、よろしければ「アギョウ場外発売所」から、僕のファングッズを買っていただけると嬉しいです!
正直に言うと、大したものは売ってませんw なので、投げ銭感覚で利用してくださいねw
また、皆さんの有益な予想をしていけるように頑張りますので、どうかよろしくお願いします!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.