2019年競馬予想記事

【フェブラリーステークス2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回はフェブラリーステークス過去データ分析となります。

今週末は東京競馬場にてフェブラリーステークスが行われます。ダート界を押し寄せる世代交代の波。ルヴァンスレーヴを筆頭に、オメガパフューム、コパノキッキングなどの最強4歳世代。突如として現れた新星インティ。おそらく上位人気を形成するのは、これら新世代とも言える馬たちでしょう。対して迎え撃つ古豪はゴールドドリーム、サンライズノヴァなど。これまでダート界を賑わせてきた彼らが新世代相手にどこまでやれるのか。新旧最強馬が集う、まさにダートのオールスターレース。さぁダート界を背負った立つのは新世代か、それとも古豪か。これからのダート界を占う天下分け目のドリームレース。今から非常に楽しみですね!というわけでフェブラリーステークス過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



フェブラリーステークス 過去データ・傾向

今回は過去10年間のデータから人気・性別・枠順・脚質の基本データに加えて、年齢・前走着差・前走着順・前走人気・前走距離データを見ていくことで今回のフェブラリーステークスで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 3- 2- 3- 2/ 10
2番人気 2- 1- 2- 5/ 10
3番人気 1- 2- 1- 6/ 10
4番人気 1- 1- 1- 7/ 10
5番人気 0- 3- 0- 7/ 10

1~5番人気で過去10年7勝。フェブラリーステークスは人気サイドで決まるレースと見て間違いないでしょう。特に1番人気は複勝率80%と高水準をマークしています。フェブラリーステークスはダートの大一番。どの馬もメイチなのは間違いないですから、ここは実力上位の馬が順当に台頭してくるという感じなのでしょう。まぁダートなので荒れにくいというところもあると思いますが。それにフェブラリーステークスは今年初めての中央G1ですから、予想家の皆さんの気合が入っているというのもあるかもしれませんw

性別

性別 着別度数
牡・セン 10- 10- 10-120/150
0- 0- 0- 9/ 9

過去10年で牡・セン馬がパーフェクト。過去10年で馬券になったのはすべて牡・セン馬でした。冬のダートということで馬場が重め。牡馬に比べると、どうしてもパワーで劣ってしまう牝馬というのは厳しいのでしょう。今年は牝馬の登録がありますので、これは有用なデータの一つになるのではないでしょうか。

枠順

枠番 着別度数
1枠 1- 0- 1-18/20
2枠 3- 2- 1-14/20
3枠 0- 1- 3-16/20
4枠 0- 1- 0-19/20
5枠 0- 1- 4-14/19
6枠 2- 0- 1-17/20
7枠 2- 4- 0-14/20
8枠 2- 1- 0-17/20

一見すると大きな枠順傾向はないように見えますが、回収率に目を向けてみると外枠有利だということがわかります。1,2枠は勝ちこそあるものの、単勝回収率はどちらも40%ぐらい。それに対して7,8枠はどちらも単勝回収率100%超えです。外枠の馬が人気以上に好走しているということがわかりますね。東京1600は芝スタートなので、少しでも長く芝を走れる外枠がいいということなのだと思います。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 0- 9/ 10
先行 5- 3- 2- 28/ 38
中団 2- 4- 6- 49/ 61
後方 2- 3- 2- 43/ 50

近5年の前後半3ハロンの平均は34.4-36.2。1.0秒以上の前傾ラップ、ハイペースになっています。その結果として逃げ馬は過去10年で1頭しか馬券になったことがありません。過去10年の勝ち馬はいずれも上がり5位以内の末脚を繰り出しており、さらに上がり6位以下で馬券になったのは過去10年で1頭しかいないという有様です。これはフェブラリーステークスが鋭い末脚が使える馬が有利であるということを示しているのではないでしょうか。先行・中団・後方から速い上がりを使えそうな馬を重視するのがいいと思います。

消去法データ

ここからは消去法データ。今回のフェブラリーステークスで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

年齢

年齢 着別度数
4歳 4- 3- 1- 25/ 33
5歳 4- 3- 4- 19/ 30
6歳 2- 1- 2- 32/ 37
7歳 0- 2- 2- 32/ 36
8歳 0- 1- 1- 17/ 19

まずは鉄板ともいっていい年齢データから。過去10年で7歳以上の馬(ノンコノユメ、モーニンなど)というのは勝ったことがありません。いくらダート戦だとはいえ、フェブラリーステークスは大一番のレースです。競争馬としてピークアウトの高齢馬では、このハイレベルなレースでは厳しいですよね。ここは脂の乗っている4~6歳、若い馬を重視するべきだと思います。

前走着差

前走着差 着別度数
負0.1~0.2 1- 1- 0-11/13
負0.3~0.5 0- 0- 0-11/11
負0.6~0.9 0- 0- 0-15/15
負1.0~1.9 0- 0- 0-14/14

集計範囲:前走G3

前走G3で0.3以上負けてしまった馬(サンライズノヴァ、クインズサターンなど)というのは過去10年で馬券になったことがありません。G3で0.3秒以上も負けるような馬は、ここでは能力的に足りないですよね。穴を狙うにしても、前走G3で0.3秒以上も負けてしまっている馬は、過去10年で馬券にすらなったことがないということを忘れないでください。

前走着順

前確定着順 着別度数
前走1着 2- 0- 1- 2/ 5
前走2着 0- 0- 0- 4/ 4
前走3着 0- 1- 0- 1/ 2
前走4着 0- 0- 0- 1/ 1

集計範囲:前走G2

前走G2で負けてしまった馬(アンジュデジールなど)というのは過去10年で勝ったことがありません。こちらも先程と同様。能力的に前走G2でも勝てないような馬が、ここで勝ち負けするのは難しいということです。前哨戦でもしっかり勝ちきっているような馬を、ここでは重視するべきでしょう。

前走人気

前走人気 着別度数
前走1人気 2- 0- 0- 1/ 3
前走2人気 1- 0- 0- 0/ 1
前走3人気 0- 1- 1- 2/ 4
前走4人気 0- 0- 0- 1/ 1
前走5人気 0- 0- 0- 2/ 2

集計範囲:前走G1

前走G1で3番人気以下だった馬(オメガパフューム、サンライズソアなど)は過去10年で勝ったことがありません。フェブラリーステークスはダートの大一番。これはこれまで何度も話してきました。それに伴って、ここはダートのオールスターといってもいいメンバーがあります。なので、前走がたとえG1でも3番人気以下になってしまうような馬は、ここでは能力的に厳しいのでしょう。ここでは前走でもしっかり人気を集めているような実力馬を、素直に評価するべきでしょう。

前走距離

前走距離 着別度数
同距離 0- 0- 0- 8/ 8
今回延長 3- 2- 1- 65/ 71
今回短縮 7- 8- 9- 56/ 80

最後に前走距離データ。脚質データのところで話したようにフェブラリーステークスはハイペースになりやすいレース。それに伴って距離以上のスタミナが要求されます。今回距離短縮となった馬は距離延長と比べて、2倍以上の好走率となっています。過去10年では距離短縮の馬だけを買っていれば、それでも儲かっていたほどです。今回距離短縮の馬に注目すると同時に、今回距離延長となった馬(コパノキッキング、ユラノトなど)は軽視するべきなのではないでしょうか。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは2頭。その中から速い上がりを使える馬がいいという点から、こちらの馬を選択させてもらいました。この馬は前走こそ負けてしまいましたが、この馬のベストである1600メートルでなら話しは違うはずです。3走前は鞍上がうまく乗ったことで、なんとか距離を誤魔化していましたが、前走でやはり2000メートルは長いということがわかりました。まぁ前走の負けは仕方なかったかなと思いますね。マイルでならあっさり巻き返してくれると思います。前々走で敗れた相手もここにはいませんし、このメンバーでなら上位争いは必至でしょう。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・インティ

アギョウ
最後までお付き合いいただきありがとうございました。ツイッターのフォローもお待ちしています!ツイッター→https://twitter.com/agyo_keiba

Youtubeチャンネルを開設しました

この度「Yotubeチャンネル」を開設しました。こちらでは主に出走予定馬の分析や、展開予想、馬券勝負の模様などをお届けしていく予定です。よろしければ、ぜひチャンネルを登録をお願いします!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.