2019年競馬予想記事

【ダイヤモンドステークス2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はダイヤモンドステークス予想となります。

今週末は東京競馬場にてダイヤモンドステークスが行われます。前評判の段階での1番人気はユーキャンスマイル。この馬は前走こそ敗れてしまいましたが、その前の前々走の菊華宵が秀逸でした。この後すぐに有馬記念を制するブラストワンピース、日経新春杯を制するグローリーヴェイズに先着しているわけですからね。間違いなく重賞を勝つだけの能力は秘めている馬です。今回の手薄なメンバーならば、1番人気になるのも当然といってもいいかもしれませんね。相手候補筆頭と目されているのはそのユーキャンスマイルと前走で接戦だったグローブシアター。こちらは名牝シーザリオの子供ということで、何かと注目されていましたが、なかなか結果が出ず。しかし初の長距離戦となった前走でようやく重賞でも通用するメドが立ちました。期待の良血がここで初めての重賞制覇となるでしょうか。フェイムゲームが引退し、アルバートが8歳となった今。これからステイヤー路線を引っ張っていくのはどの馬になるのでしょうか。今から非常に楽しみな一戦です!というわけでダイヤモンドステークス予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ダイヤモンドステークス 過去データ・傾向

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のダイヤモンドステークスを見ていきますね。

枠順

まずは、ダイヤモンドステークスの枠順を見てきましょうか。

 1- 1ルミナスウォリアー
 2- 2カフェブリッツ
 3- 3シホウ
 4- 4ビッツバーグ
 5- 5ブライトバローズ
 6- 6ララエクラテール
 7- 7ソールインパクト
 7- 8サンデームーティエ
 8- 9グローブシアター
 8-10ユーキャンスマイル

有力馬は7枠7番ソールインパクト、8枠9番グローブシアター、8枠10番ユーキャンスマイルといったところ。有力馬は外枠に手中するような形になりましたね。。ダイヤモンドステークス内枠有利と見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 1- 2- 1-13/17
2枠 1- 0- 1-15/17
3枠 1- 2- 0-16/19
4枠 0- 2- 3-14/19
5枠 2- 0- 1-16/19
6枠 0- 0- 1-19/20
7枠 2- 1- 1-16/20
8枠 3- 3- 2-12/20

次の項では枠順データの他にも、ダイヤモンドステークスの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ

今回の過去データ分析では、過去10年から要注目のデータをいくつか参照しておきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 6- 1- 0- 3/ 10
2番人気 2- 2- 2- 4/ 10
3番人気 0- 0- 1- 9/ 10
4番人気 1- 2- 0- 7/ 10
5番人気 0- 2- 0- 8/ 10

1番人気で過去10年6勝。圧倒的な良積を残しています。皆さんも体感的にわかっていると思いますが、今のステイヤー路線というのは、とにかく堅い決着になりやすいです。アルバート、フェイムゲームなど。現代の日本競馬において生粋のステイヤーというのは数少ないのです。3400メートルという距離は、能力で適正をカバーするには無理がある距離です。ダイヤモンドステークスは、ハンデ戦ではありますが、数少ない強いステイヤーが順当に結果を残していくレースなのです。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 1- 0- 1- 10/ 12
先行 1- 3- 3- 28/ 35
中団 6- 7- 5- 43/ 61
後方 1- 0- 1- 39/ 41
マクリ 1- 0- 0- 1/ 2

中団からの馬が圧倒的ですよね。馬券になった馬の半分以上は中団からの馬です。これはダイヤモンドステークスが長距離戦らしくロングスパートの勝負になりやすいからでしょうね。前半3ハロンこそ37秒~38秒台とゆっくりな流れになることが多いのですが、その代わりにどの馬も2周目の3コーナー付近で仕掛け始めます。東京でこれだけ仕掛けが早くなると、長い直線を我慢することにできずに、逃げ先行馬は垂れてきてしまうのです。後方からの馬の成績不振、これはそもそも勝負になっていないような馬たちが残した数字なので、あまり気にする必要はないと思います。ダイヤモンドステークスは差し馬に注目するべきでしょう。

母父馬

母父馬 着別度数
ニアークティック系 4- 4- 5-45/58
セントサイモン系 3- 2- 0- 1/ 6
ロイヤルチャージャー系 1- 3- 3-29/36
ナスルーラ系 1- 1- 2-19/23
その他のエクリプス系 1- 0- 0- 2/ 3
母父馬 着別度数
ダンスインザダーク 1- 0- 0- 0/ 1

母父ダンスインザダーク以外のロイヤルチャージャー系の馬というのは過去10年で勝ったことがありません。ロイヤルチャージャー系というのは主にサンデー系。サンデー系はどちらかというとスピード、瞬発力を強化する血統ですから、この長丁場の戦いへの適正はありません。しかしサンデー系でもダンスインザダークだけは話しが違い、このダンスインザダークは菊花賞、ステイヤーズステークス、そしてこのダイヤモンドステークス。数ある長距離重賞のすべてにおいて好成績を残す、生粋の長距離血統なのです。なので、ここではダンスインザターク以外のサンデー系を母父に持つ馬を軽視する。これだけ覚えておけば馬券は取ったようなものでしょう。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

ユーキャンスマイル【
栗東 坂路 良 2月13日(水)
54.0-38.9-25.1-12.4 一杯
近2走は長距離を使うということでCWで長い距離を追い切っていました。それで一定の結果は出ていただけに、ここに来て坂路に切り替えたというのは嫌ですね。最終坂路というのは3走前以来のことです。ただその時と比べると動きが段違いなんですよね。近走の好走は決してフロックではなかったということがわかります。昨年の秋ごろから馬が成長しています。これを考えて、陣営は最終坂路でも十分に勝負になると判断したのでしょうが、やはり調教パターンが変わるというのは…。圧倒的な1番人気になりそうですし、ケチをつけておくとしますかw

グローブシアター【
栗東 坂路 良 2月13日(水)
54.2-39.8-26.2-12.8 馬なり
こちらも最終坂路ですが、前走同様なので問題ありません。むしろ終いの時計が前走よりも良くなっています。これは前走を使った上積みがあると見ていいでしょう。一週前には長めの距離をCW一杯で追われており、馬なりオンリーの調整がメインだった近走では、一番の勝負気配だと思います。ここを取りに来たという感じがしますね。これは高評価の調教といっていいと思います。

ソールインパクト【
美穂 南W 良 2月13日(水)
68.6-53.1-39.3-13.1 馬なり
上々の仕上がりだと思います。一週前には馬なりで好時計をマークしており、海外帰りの疲れを感じさせません。むしろ海外に行く前の目黒記念、天皇賞春のころより良化していると思います。今年で7歳になりましたが、まだ衰えはないでしょう。昨年もこのレースで3着になっているように、距離適性は十分。あとは今年の相手関係がどうかというところだけでしょう。

最終予想

今回の予想では◎のみの、ご紹介とさせてもらいます。

人気ブログランキングにて公開中
はっきり言ってこのレースはやりたくないですねw ちょっと難しい割にはあんまり配当に期待できそう。ブログなどで予想を公表する立場でなければ間違いなくケンするレースです。正直言って買いたい馬がいないんですよね…。まぁここはこの馬からでいいんじゃないでしょうか。本当はソールインパクトを狙おうかなと思っていたのですが、陣営によるとオーストラリアでの負けは喉鳴りとのこと。確かに海外の2戦は負けすぎな感じがありますし、おそらく本当だと思います。この長丁場の戦いで喉鳴り持ちの馬を本命にする勇気は、僕にはありません。そうなるともうこの馬を本命にするしかありません。距離適正、能力は近走で示しています。普通に考えればこの馬しかないと思います。ただオッズほど強い馬かといわれると…。調教を見た感じでも取りこぼすシーンは十分に考えられます。なのであくまで連軸としての評価です。

その他の印馬や展開予想図、予想に使っている指数などは中央競馬プレミアムにて公開中です。こちらの中央競馬プレミアムでは、平場のオススメ予想や最終レースの予想も公開しているので下記のボタンからぜひご一読くださいませ。

京都牝馬ステークスの予想はYoutubeにて公開中です!よろしければどうぞ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.