2019年競馬予想記事

【ダービー卿チャレンジトロフィー2019】過去データ・傾向

投稿日:

今回はダービー卿チャレンジトロフィー過去データ分析となります。

今週末は中山競馬場にてダービー卿チャレンジトロフィーが行われます。今のマイル路線は大混戦。昨年はモズアスコット、ステルヴィオがそれぞれ春秋のマイルチャンピオンに輝きましたが、どちらも絶対的な存在とは言えません。上がり馬としてインディチャンプ。さらに金鯱賞を快勝したダノンプレミアムがマイル路線を歩むということが発表されました。まさに群雄割拠。マイル路線の新時代の到来を告げているかなという感じです。さぁこのダービー卿チャレンジトロフィーからはどの馬がマイル戦線へと名乗りを上げるのか。ギベオン、プリもシーン、カツジ。楽しみな新勢力が続々と登場してきます。今から非常に楽しみな一戦となりそうですね!というわけでダービー卿チャレンジトロフィー過去データ分析となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ダービー卿チャレンジトロフィー 過去データ・傾向

今回は中山競馬場の馬場改修後、過去4年間のデータから人気・年齢・性別・枠順・脚質の基本データに加えて、前走着差・前走上がり・所属データを見ていくことで今回のダービー卿チャレンジトロフィーで高期待値の馬を導き出します。それでは各データの考察に入っていきましょう。

ダービー卿チャレンジトロフィー 基本データ

まずは基本データから見ていきましょう。ここでは主に過去データ的に買える馬を見ていこうかなと思います。

人気

人気 着別度数
1番人気 1- 1- 0- 2/ 4
2番人気 0- 0- 2- 2/ 4
3番人気 0- 0- 0- 4/ 4
4番人気 1- 2- 0- 1/ 4
5番人気 2- 0- 0- 2/ 4

1~5番人気で過去4年4勝。ハンデ戦の割にダービー卿チャレンジトロフィーは堅い決着に収まる傾向にあります。この時期は安田記念などを見据えて、ある程度の実力馬が出走してくる傾向にあります。それら実力馬がたとえハンデ戦だとしても、大崩れなく走ってくるということなのでしょうね。ハンデ戦だから大荒れ!というレースではないことを、しっかり頭に入れておきましょう。

年齢

年齢 着別度数
4歳 1- 1- 0-10/12
5歳 3- 1- 4- 7/15
6歳 0- 2- 0-16/18
7歳 0- 0- 0-10/10
8歳 0- 0- 0- 7/ 7

4~5歳で過去4年4勝。勝ち馬はいずれも若い馬です。7~8歳は過去4年で馬券になったことがないという感じですから、これは顕著な傾向と言っていいでしょう。普通のハンデ戦ならば軽ハンデを味方にして、高齢馬でもなんとかなってしまうものなのですが、このダービー卿チャレンジトロフィーは別。安田記念を見据えるような若くて強いマイラーたちに蹂躙されてしまいます。ここでは若い馬を重視、高齢馬は軽視するべきでしょう。ちなみに6歳は勝ってこそいませんが、4歳とさほど変わりない複勝率なので割引く必要はないかなと思っています。

性別

性別 着別度数
牡・セン 3- 4- 4-50/61
1- 0- 0- 2/ 3

サンプル数こそ少ないものの、牝馬も問題なく来ていますね。牡馬だから買い、牝馬だから消しというのは必要ないと思います。このダービー卿チャレンジトロフィーの翌週には阪神牝馬ステークスという、同じ距離の牝馬限定重賞があるにも関わらず、わざわざここを使ってくるというのは、陣営としても自信があることの現れ。むしろここでは牝馬の方がいいまであると思います。

枠順

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0- 8/ 8
2枠 1- 1- 1- 5/ 8
3枠 0- 1- 1- 6/ 8
4枠 0- 0- 1- 7/ 8
5枠 3- 1- 0- 4/ 8
6枠 0- 0- 0- 8/ 8
7枠 0- 1- 0- 7/ 8
8枠 0- 0- 1- 7/ 8

これは大きな枠順傾向はないと見るべきでしょう。特段、内枠有利とも外枠有利ともいえない感じになっていますからね。5枠の好走というのがやたらと目立つのですが、これは理由がわかんないんですよねw ここで説明することはできないのですが、ジンクス的には5枠がいいということは頭の片隅程度に覚えておいてもいいかもしれません。ここでは枠順云々というよりは他のバイアスを重視するべきでしょう。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 0- 0- 4/ 4
先行 1- 3- 0-11/15
中団 2- 1- 3-19/25
後方 1- 0- 1-18/20

これはハッキリとした傾向が出ています。逃げ馬が過去4年で馬券になったことがないことから分かるように、基本的には差し決着が目立つレースです。舞台が開催が進んだ中山競馬場ということで、内側の馬場が痛んでいるんでしょうね。内側を通っている逃げ先行馬が伸びあぐねているところを、外からズドンという感じなんでしょうね。ここでは差し馬を狙うというのがセオリーとなりそうです。

ダービー卿チャレンジトロフィー 消去法データ

ここからは消去法データ。今回のダービー卿チャレンジトロフィーで過去データ的に厳しい馬を見ていこうと思います。

前走着差

前走着差 着別度数
負0.0 1- 0- 0- 2/ 3
負0.1~0.2 1- 0- 1- 6/ 8
負0.3~0.5 0- 0- 2-17/19
負0.6~0.9 0- 2- 0- 9/11

前走0.3秒以上負けてしまった馬(プリモシーン、カツジなど)は過去4年で勝ったことがありません。ダービー卿チャレンジトロフィーはハンデ戦でも荒れにくく、実力馬が実力通りの結果を残すレース。ハンデの恩恵を受けても、前走で0.3秒以上負けてしまった馬が巻き返す余地はありません。前走でもしっかり勝ち負けしている馬から、買うべきなのではないでしょうか。

前走上がり

前走脚質 着別度数
3F 1位 1- 1- 0- 6/ 8
3F 2位 2- 0- 0- 2/ 4
3F 3位 0- 1- 1- 2/ 4
3F ~5位 1- 0- 0- 4/ 5
3F 6位~ 0- 2- 2-37/41

前走上がり6位以下という馬(フィアーノロマーノ、ジョーストリクトリなど)は過去4年で勝ったことがありません。脚質データのところで差し決着になりやすいという話しはしましたが、それに伴って前走でもある程度の上がりを出している必要があります。前走で速い上がりを出している馬に要注目です。

所属

調教師 着別度数
(美)堀宣行 1- 2- 0- 1/ 4
(美)国枝栄 1- 0- 1- 3/ 5
(栗)藤岡健一 1- 0- 0- 1/ 2
(美)中川公成 1- 0- 0- 0/ 1

最後に所属データ。こちらは過去4年の勝ち馬の調教師一覧です。美浦が過去4年3勝。栗東が過去4年1勝という感じになりますが、単勝回収率で見ると美浦71%、栗東15%という感じ。こうみると美浦が圧倒的だということがわかります。実際に2018年はレッドアンシェルが2番人気→7着。2017年はロイカバード4番人気→8着、2016年ダッシングブレイズ3番人気→6着という結果に終わっていますからね。人気になっては裏切るというのを続けています。これは翌週に今年からリステッドに格上げされた六甲ステークスが阪神にもあるにも関わらず、ここを使ってくる関西馬というのは基本的にはハンデもらい狙いの実力不足の馬。しかしこのダービー卿はハンデなんか関係ありません。もちろん輸送がいいわけもありませんし、総合的に見て好走率がどうしても低くなってしまうということなのでしょう。ここでは栗東所属の馬(ダイアトニックなど)を消させてください。

まとめ

ここまで紹介したデータから、最も好走率が高いのはどの馬なのか。

この馬→人気ブログランキングにて公開中

今回の消去法データで残ったのは2頭。ダイワキャグニーとの比較ではどうしてもこちらになってしまいます。ダイワキャグニーというのは、今の競馬界でも指折りのサウスポーなんですよね。前走も結果こそ3着でしたが、4コーナーのコーナリングを見てください。右回りのコーナーだともたれすぎて、ちゃんと回れてないんですよねw 今回も右回りの一戦となりますから、いくらデータ的には大丈夫だからといっても、とても推奨できるような馬ではありません。消去法の消去法みたいな感じでこの馬になってしまいます。まぁでも前走の勝ちっぷりは鮮やかでしたし、ここに来て本格化の兆しがあります。データ的には死角なしですし、ここはこちらの馬を推奨させてもらいます。

おすすめ馬以外に消去法データに当てはまらなかった馬
・ダイワキャグニー

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

アギョウ
最終的な予想は中央競馬プレミアムで公開します。ご興味がある方はぜひ!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.