2019年競馬予想記事

【ダービー卿チャレンジトロフィー2019】予想と追い切り診断

投稿日:

今回はダービー卿チャレンジトロフィー予想となります。

今週末は中山競馬所にてダービー卿チャレンジトロフィーが行われます。前評判段階での1番人気はギベオン。昨年のNHKマイル2着。その後は中距離路線を歩んできましたが、ここに来て矛先をマイルへと戻してきました。好メンバーが揃った前走でも6着と決して大崩れはしませんでした。相手関係弱化、距離短縮となるここで期待されるのも当然でしょう。ここでも好勝負をしてくれるのではないでしょうか。相手候補筆頭はプリモシーン。この馬は昨年こそ運はなく、クラシック路線で目立った活躍はできませんでしたが、持っているポテンシャルはこの中でも随一。前走も実質のトップハンデながらも決して大崩れはしませんでしたからね。ハンデが手頃になったここが狙い目と考えている人も多いでしょう。巻き返しが期待される一頭です。さぁ、安田記念を見据えた前哨戦、ダービー卿チャレンジトロフィー。ここを勝って、安田記念に弾みをつけるのはどの馬か。今から楽しみな一戦です!というわけでダービー卿チャレンジトロフィー予想となります。

≪PR≫【31日間無料】競馬雑誌「サラブレ」や「週刊Gallop(ギャロップ)」が読める

競馬雑誌といえば「サラブレ」「週刊Gallop(ギャロップ)」「競馬王」「週刊競馬ブック」「優駿」などがありますが、なんとこの内の2つ「サラブレ」と「週刊Gallop(ギャロップ)」が読み放題のアプリがあります。

それが『楽天マガジン』です。

こちらは月額380円(税込み410円)のサービスなのですがよく考えてください。サラブレは定価960円で、週刊ギャロップが定価720円。これはどこをどこを考えてもお得ですよね。どちらか一冊を読むだけで簡単に元が取れてしまいます。もちろん競馬雑誌の他にもラインナップが揃っているので、僕は週刊ベースボールやパチスロ系の雑誌なんかも読んじゃってます。さらにこれらは電子書籍的な感じなので、持ち運びに便利ですし処分の必要もありません。また楽天のサービスなので楽天ポイントで支払えるというのも非常に嬉しい。楽天競馬楽天カードを使っていれば、自然と溜まるので僕なんかは実質タダで読ませてもらっていますwwwさらに、なんと今なら31日間は無料でお試しができるということなので、これはもう試すしかありませんよね?

詳細は下記リンクからどうぞ。

初回31日間0円!200誌以上の雑誌が読み放題!
【楽天マガジン】初回31日間0円!雑誌読み放題



ダービー卿チャレンジトロフィー 予想

枠順の確認→過去データ分析→追い切り診断→そして最終予想という流れで、今回のダービー卿チャレンジトロフィーを見ていきますね。

枠順

まずは、ダービー卿チャレンジトロフィーの枠順を見てきましょうか。

 1- 1ジョーストリクトリ
 1- 2フィアーノロマーノ
 2- 3マルターズアポジー
 2- 4ドーヴァー
 3- 5ギベオン
 3- 6ヒーズインラブ
 4- 7ハクサンルドルフ
 4- 8ダイワキャグニー
 5- 9ヤングマンパワー
 5-10ロードクエスト
 6-11カツジ
 6-12プリモシーン
 7-13マイスタイル
 7-14ダイアトニック
 8-15エイシンティンクル
 8-16キャプテンペリー

有力馬は3枠5番ギベオン、4枠8番ダイワキャグニー、6枠12番プリモシーンといったところ。有力馬は内、外、中に分かれるような形になりましたね。ダービー卿チャレンジトロフィーは大きな枠順傾向はないと見ているだけに、これはどうでしょうか。

枠番 着別度数
1枠 0- 0- 0- 8/ 8
2枠 1- 1- 1- 5/ 8
3枠 0- 1- 1- 6/ 8
4枠 0- 0- 1- 7/ 8
5枠 3- 1- 0- 4/ 8
6枠 0- 0- 0- 8/ 8
7枠 0- 1- 0- 7/ 8
8枠 0- 0- 1- 7/ 8

次の項では枠順データの他にも、ダービー卿チャレンジトロフィーの過去データを見ていこうかなと思います。

過去データ

今回は中山競馬場の馬場改修後、過去4年間のデータから要注目のデータをいくつか参照しておきます。

人気

人気 着別度数
1番人気 1- 1- 0- 2/ 4
2番人気 0- 0- 2- 2/ 4
3番人気 0- 0- 0- 4/ 4
4番人気 1- 2- 0- 1/ 4
5番人気 2- 0- 0- 2/ 4

1~5番人気で過去4年4勝。ハンデ戦の割にダービー卿チャレンジトロフィーは堅い決着に収まる傾向にあります。この時期は安田記念などを見据えて、ある程度の実力馬が出走してくる傾向にあります。それら実力馬がたとえハンデ戦だとしても、大崩れなく走ってくるということなのでしょうね。ハンデ戦だから大荒れ!というレースではないことを、しっかり頭に入れておきましょう。

脚質

脚質 着別度数
逃げ 0- 0- 0- 4/ 4
先行 1- 3- 0-11/15
中団 2- 1- 3-19/25
後方 1- 0- 1-18/20

これはハッキリとした傾向が出ています。逃げ馬が過去4年で馬券になったことがないことから分かるように、基本的には差し決着が目立つレースです。舞台が開催が進んだ中山競馬場ということで、内側の馬場が痛んでいるんでしょうね。内側を通っている逃げ先行馬が伸びあぐねているところを、外からズドンという感じなんでしょうね。ここでは差し馬を狙うというのがセオリーとなりそうです。

前走上り

前走脚質 着別度数
3F 1位 1- 1- 0- 6/ 8
3F 2位 2- 0- 0- 2/ 4
3F 3位 0- 1- 1- 2/ 4
3F ~5位 1- 0- 0- 4/ 5
3F 6位~ 0- 2- 2-37/41

前走上がり6位以下という馬(フィアーノロマーノ、ジョーストリクトリなど)は過去4年で勝ったことがありません。脚質データのところで差し決着になりやすいという話しはしましたが、それに伴って前走でもある程度の上がりを出している必要があります。前走で速い上がりを出している馬に要注目です。

追い切り診断

僕の追い切り診断では調教タイムのほかにも、追い切り診断コメントと追い切りランクを設けています。追い切りランクはS、A、B、C、Dの5段階評価としています。しかし、これらはあくまで個人的な見解となりますので、ご参考程度によろしくお願いします。さて説明はこれくらいにして、本題へ入っていきましょうか。

有力馬

ギベオン【
栗東 芝 良 3月27日(水)
65.7-51.3-37.6-13.0 馬なり
藤原厩舎、得意の最終芝調教。先週のミスターメロディもこのパターンで勝たせているだけに、最終調教が芝だからといって侮れません。この馬自身も最終芝というパターンで、NHKマイル2着、毎日杯2着などの実績がありますからね。調教過程自体は割引は必要ないでしょう。ただ、気になるのは時計。いくら馬なりとはいえ、全体65.7秒、終い13.0秒というのは遅すぎます。バシバシ追っていた前走と比べると、どうしても現状維持に努めるという感じが拭えません。前走は強敵相手のなかなかタフな競馬でしたから、少なからずそのダメージというのが残っているのではないでしょうか。ここでもそこまで抜けた能力があるわけでもありませんし、何よりトップハンデ。それに加えて、この調教では…。僕は1番人気で本命にするには、なかなか勇気がいるのではないかと思いますw

ダイワキャグニー【
美浦 南W 良 3月27日(水)
68.7-52.7-39.3-12.8 馬なり
中2週で2本の追い切り。順調に来ているといっていいでしょう。前走から大きく変わった感じはありませんが、好調はしっかりキープできていると思います。最終追い切りに石橋騎手が乗りに来たというのもいいですね。今回が初の騎乗となりますが、これならそこまで気にする必要はないと思います。状態自体は申し分ないのですが、この馬で気になるのは右回り適正ですよね。これまで右回りでは0‐0‐1‐2。唯一、3着以内の確保したのは前走だったのですが、その前走でもコーナーリングでは酷い有様でしたw 相手が弱かった+展開が向いたので3着という着順でしたが、このメンバーではおそらく厳しいでしょうね。この悪癖をどこまでカバーできるかが鍵になりそうですが、人気になってしまっては…という感じです。

プリモシーン【
美浦 南W 良 3月27日(水)
54.2-39.5-12.3 強め
1週前半マイル追い→最終も半マイル追いというのがこの馬の調教パターン。ただ、近走はどちらも馬なり→馬なりという強さだっただけに、強めに追われているのはどうなのかと思ってしまいます。時計もこの馬にしては平凡な感じですし、前走や前々走の時と比べると、どうしても見劣ってしまいますね。おそらくこの馬の大目標はヴィクトリアマイル。ここはそれに向けての叩き台に過ぎないのではないでしょうか。すでに重賞2勝で賞金加算も必要ありませんし。能力的に抜けているとは言い難い存在なだけに、これではどうなのよというのが本音です。そもそも絶好の仕上がりだと思っていた前走で8着というのも引っかかります。そもそもこの馬は中山という舞台があってない可能性もあると思っています。

◎ハクサンルドルフ

過去データ分析のところで人気決着が目立つという話しをしましたが、今年は人気どころに不安要素が多すぎます。ここは荒れる可能性が高いのではないでしょうか。そんな中で一番買いたいと思ったのがこの馬。この馬は今回が初の中山となるのですが、僕はこれが大きくプラスに働くのではないかと考えています。近走は重馬場や不良馬場での実績が目立つのですが、これはこの馬がタフなレースに強いことを示しているのだと思います。実際に好走したレースの映像を見てみると、他馬がみんなバテているところを差してくるというシーンが多く見受けられます。中山の急坂で他馬がバテたところをズドンがあるのではないかと考えました。さらに今回はマルターズアポジーという淀みない流れを作る馬がいるので、最後は消耗戦になるはず。馬場も今開催中に雨が多く降ったということで荒れ気味。レース当日は天気予報こそ晴れですが、強風の予報が出ており、見た目以上に馬たちには苦しいレースになるはずです。展開+馬場+さらに風までもがこの馬に味方しています。現時点でまったく人気はありませんが、買いたい材料が多く揃ったということで、思い切ってこの馬を本命にしたいと思います。

アギョウ
◎以外の印や買い目などは中央競馬プレミアムからどうぞ!

血統傾向についても、こちらで記事にしましたのでぜひご覧ください!

中央競馬プレミアム会員募集中

この度「中央競馬プレミアム」が「リニューアルオープン」となります!リニューアルにあたって初月無料」「長期購読割引などの特典を追加しました。まだ中央競馬プレミアム未体験だよという方はぜひこの機会に一度お試しを!2018年、2019年もここまで回収率100%超えの、僕の予想のすべてを見ることができます。回収率100%超えの俺に乗れ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
アギョウ

アギョウ

月間30万PV「【データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ」の管理人。元々は競馬負け組でしたが、研究を重ね、勝ち組の仲間入り。今では競馬で生活ができるまでに。好きな馬はツインターボ。生粋の逃げ馬好きです。好きな騎手は馬券的には手厳しい、横山典弘騎手です(笑)

-2019年競馬予想記事
-, , , ,

Copyright© 【過去データ・キャラ重視】アギョウの競馬予想ブログ , 2019 All Rights Reserved.